Loading...

屋根修理屋の屋根ブログ

繰り替えす雨漏りにお悩みではありませんか?

2022/08/26

こんにちは、横浜の雨漏り修理・屋根修理専門店、福田総業です。
雨漏り修理を依頼したのに、また雨漏りがしてしまった。そんなご相談を弊社でもいただくことがあります。
せっかくお金と時間をかけて修理を依頼したのに、雨漏りが治らないというのは、金銭的にも精神的にもストレスがかかってしまいますよね。
繰り返す雨漏り
雨漏りで一番重要なのは、雨漏りの原因の特定です。
どこから、なにが原因で、どこまで雨漏りをしているのかを特定できなければ、適切な修理は行えません。
原因が特定できないまま場当たり的な補修をして、また雨漏りが再発するということは、内部での雨漏りが進行しているということです。
その間にも建物へのダメージが進行してしまいます。雨漏りは悪化すればするほど木材が腐ったり、シロアリも発生しやすくなり、建物そのものに大きなダメージを与えてしまい、大切なご自宅の試算価値を下げてしまいます。
雨漏りを発見したらとにかく素早く確実に修理を行うことがとても重要です。

雨漏りの特定は難しい

なぜ雨漏りが再発するかという原因の一つに、雨漏りの原因の特定がむつかしいからということがあります。
雨漏りと聞くと一般的に屋根が原因というイメージがありますが、実は外壁・ベランダ・窓など雨漏りの原因は多岐にわたります。
さらにこれらの原因が複合的に絡んでいることもあります。
このうち一つだけを修理しても、ほかの場所が特定できずに直っていなければ当然雨漏りは続くことになります。
雨漏りの特定には目視や散水調査、赤外線カメラ調査など様々な方法を用います。ここで特に決めてになるのが作業員の経験です。例えば散水調査では、様々な雨漏りの状況を想定して散水の時間や角度、量を調整して行うため、これまでどれだけ雨漏り修理を行ってきたかという経験や知識が求められます。

雨漏りの主な発生個所

屋根

屋根の雨漏りの原因は、屋根材の破損や劣化、板金の釘の浮きやゆるみ、棟の漆喰の劣化など様々な原因があります。屋根材が破損してもすぐに雨漏りがするわけではなく、小さな隙間から侵入した雨水が屋根材の下の防水シートや下地材まで腐食して劣化することで発生します。

窓・サッシ

窓やサッシの場合には、サッシの周辺のコーキングの劣化や窓枠の破損などが原因として多くなります。特に天窓は雨漏りがとても発生しやすい箇所です。

外壁

外壁は、外壁を保護している塗装が劣化するとひび割れや塗装の浮きが発生し、また隙間を埋めるシーリングも劣化してくるとヒビ割れなどが発生します。その隙間から雨水が発生して内部に浸み込み、やがて雨漏りを引き起こします。

ベランダ・バルコニー

雨に晒されやすいベランダやバルコニーの床には、ウレタン防水やFRP防水という特殊な防水工事が施されています。しかしこれらの防水層が紫外線で劣化してくると、ひび割れなど様々な劣化現象を起こし、そこから雨水が入り込んで雨漏りを引き起こします。
ベランダは意外と雨漏りの原因となりやすい場所です。

適切な施工がされていない

雨漏りが再発する原因のもう一つには、適切な施工がされていない、というケースもあります。
雨漏り修理は原因を見極めて、場所にあった適切な施工を行わないと、何度も繰り返すばかりでなくさらに悪化させてしまいます。
例えば屋根材は完全に隙間をなくして施工しているわけではなく、わずかな適切な隙間を作ることで、内部に入った水を外へ排水して逃がす構造となっています。これを補修のために隙間を埋めてしまうと水は逃げ場がなくなり、水は内部へと向かってしまいます。
他にも屋根の端部や取り合い部分には雨水を適切に排水する水切りという板金が設置されています。これは雨の流れを計算して設置されています。この仕組みを理解されていない業者さんに塗装で埋められたり、補修の際に適切に配置されていないことが原因で雨漏りが悪化することがあります。

雨漏り修理を依頼するのは、実際に雨漏り修理の経験と実績がある業者に頼むのが確実です。
屋根屋の中でも、板金業者は水切り板金など降った雨を処理する雨仕舞という施工に長けています。
横浜で何度も繰り返す雨漏りにお悩みの方は、雨漏り修理専門店・福田総業にご相談ください。
皆様が安心してお過ごしできるよう、確実な施工をお約束いたします。

雨漏り調査・雨漏り修理について詳しくはこちらをご覧ください。
雨漏り修理の施工実績はこちらをご覧ください。

TOP