Loading...

屋根修理屋の屋根ブログ

安易なコーキング(シーリング)は危険?雨漏りが直らないのはなぜ?

2022/12/13

家を建てたのにすぐ雨漏りがしてしまって、建ててくれた工務店に依頼しても直らない、業者がシーリングで塞いでくれたのに雨漏りが直らないということがあります。
雨漏りは屋根だけではなく、サッシや外壁、ベランダの笠木など原因箇所が多岐にわたるため発生場所を特定するのが難しいのですが、特定できたとしてもそこをシーリングで安易にふさいでしまうだけでは解決しないことがあります。
なぜそこで雨漏りが発生しているのかということを突き止めない限り、なんど隙間を塞いでも雨漏りは止りません。

雨漏りを防ぐシステム

木造住宅で雨漏りを防いでいるシステムは二重構造となっており、屋根材や外壁材などの一次防水と、その下のアスファルトルーフィングや改質アスファルトルーフィング、透湿防水シートなどの防水シートが二次防水として機能しています。

横浜市磯子区 T邸 瓦からヒランビー220へ葺き替え工事

このため瓦やスレートが少し欠けたり剥がれたりしてもその下の防水シートが内部への水の侵入を阻んでいるためすぐには雨漏りしないようになっています。
つまり雨漏りしているということは、外からは見えない二次防水に原因があることがほとんどです。
例えば外壁で、この二次防水である防水シートが破れているのに一次防水であるサッシと外壁の隙間を塞いだだけでは根本的な解決にはなりません。シーリングは紫外線によって10年程度で劣化し、そうするとまた雨漏りを起こします。他にも別の箇所から水が入ってくれば二次防水が機能していないため雨漏りを起こしてしまいます。

新築で雨漏りが直らないケース

新築で雨漏りが起こるのは自然災害によるものを除くと施工不良が原因と言えます。
天窓や窓・サッシなどの開口部は特に雨漏りしやすく、雨仕舞の板金や防水の施工ができていないと雨漏りが発生します。
築10年以内の場合は、施工した会社は「瑕疵担保責任」があり、瑕疵部分への工事の請求が行えます。
建ててもらった工務店に何回も依頼したのに工事が直らないのは、隙間をただシーリングで埋めているだけという場合が非常に多くあります。
雨漏り修理を行うためには、上の外壁や屋根などの外装材を剥がして根本的治療を行う必要があります。しかしこうした工事にはお金がかかるため、補償範囲内の場合は工事費用請求ができないという理由からシーリングでその場しのぎの工事をしているというケースが多く見られます。

新築物件の雨漏りについて詳しくは下記をご覧ください。

安易に隙間を塞ぐと雨漏りにつながることも

また、隙間を安易にシーリングや塗装で塞いでしまったことで雨漏りが発生・拡大してしまうというケースもあります。
以前の現場では笠木の釘穴が原因で漏水していたのですが、以前工事をされた工務店さんは、笠木を修全せずに外壁塗装を行ってしまったため、より水が溜まりやすい状態となり雨漏り箇所が広がり外壁が傷んでいました。
また、モルタルにタイルを貼った外壁で、サッシ枠とタイルの隙間をシーリング材で埋めたために雨水の逃げ場がなくなり、外側からは異常がなかったのに内部で溜まった水が毛細管現象で室内に吸い込まれて雨漏りが発生したというケースもあります。
他にもよくあるのがスレート材で屋根塗装を行った際に縁切りという作業を行わなかったために、屋根材の隙間がなくなり雨漏りになるケースです。
スレート屋根には屋根材同士に適度が隙間があることで、内部に入り込んだ雨水を外に逃がす構造になっています。これが塗料で隙間を埋めてしまうと、内部に水がこもってしまい、ごくわずかな隙間から毛細管現象によって内側へと水が入り込んでしまいます。これを防ぐために塗料でふさがった隙間を切る縁切りという作業が欠かせないのですが、この工程を行わない手抜き工事によって雨漏りが発生するパターンです。

タスペーサーを設置

こうしたことは、屋根や外壁の構造をしっかりと理解していないために発生してしまいます。

シーリングだけで直らない場合がある

業者にシーリングを打てば2~3万円で雨漏りは直ると言われたけれども結局直らなかった、というケースもあります。
場合によってはシーリングで補修可能なこともありますが、防水シートが破損している、外壁材や屋根材全体が傷んでいるような場合には当然ですがシーリングでは直すことができません。
屋根材や外壁材には耐用年数があります。それを超えている場合には葺き替え工事やカバー工法などの大きな工事が必要となります。また防水シートなど内部に原因がある場合には外装材を剥がすような大掛かりな工事がどうしても必要です。
本来ならこうした大きな工事が必要なケースに対してシーリングだけではとても対応できません。
工事をできるだけ安く済ませないというお気持ちも大変よくわかりますが、効果のない工事を何度も繰り返されるのは結局お金と労力の無駄になってしまいます。

安さだけを売りにする業者に注意

現場に伺っていて本当に痛感するのが施工不良の多さです。
下地がちゃんと入っていない、塗装の基本三度塗りがなされていないなど見るたびに悲しくなってしまいます。
安さをうたう会社はたくさんありますが、大切な家を守るために「今本当に必要な工事」を行ってくれる会社を探すことが大切かと思います。
今工事費用が安く済ませられても、雨漏りは放置しているとどんどん傷みは進行して将来また大きな費用がかかってしまいます。
雨漏りは進行すると家そのものにダメージを与えてしまうため、なるべく早めに点検を受けられて大きな修理が必要になる前に小さな工事で済まされることをおすすめいたします。

弊社では屋根修理のプロとしてしっかりと診断と点検を行い、原因をつきとめ、その理由を必要な工事について写真をお見せしながらご説明をするようにしています。
雨漏りを止めるために本当に必要な工事を適正な価格でご提供して、安心をお届けできるように努めております。
横浜市港南区や近郊にて直らない雨漏りにお悩みの方や雨漏り修理、屋根修理は福田総業へとご相談ください。

合わせて読みたい記事

繰り替えす直らない雨漏りにお悩みではありませんか?

繰り替えす直らない雨漏りにお悩みではありませんか?

2022/08/26

こんにちは、横浜の雨漏り修理・屋根修理専門店、福田総業です。 雨漏り修理を依頼したのに、また雨漏りがしてしまった。なか…

最新の施工実績

Before
After
下屋傷み
スタンビー455

横浜市旭区さちが丘 S様邸 下屋葺き替え工事・軒天修繕工事

2022/12/20

先日、横浜市旭区さちが丘のS様邸にておこなった下屋葺き替え工事・軒天修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 こちらのお客様は、軒天の一部が黒ずんでいて痛んでいる…

屋根修理
Before
After
ドローン空撮屋根
横浜市大久保屋根塗装後写真

横浜市大久保 Y様邸 棟板金交換・屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事など

2022/12/13

先日、横浜市栄区大久保のY様邸にておこなった屋根の棟交換、屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 Y様は、ご近所で工事をしていた訪問…

屋根修理
Before
After
駐車場の屋根施工前
駐車場の屋根施工後

横浜市栄区庄戸 K様邸 雨漏り修理・駐車場屋根カバー工法・雨樋交換など

2022/12/07

先日、横浜市栄区庄戸のK様邸にておこなった駐車場屋根カバー工法・玄関雨樋交換・棟修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 築約40年の2階建てご自宅1階部分の雨樋…

屋根修理
Before
After
I様邸外観(工事前)
I様邸外観(工事後)

横浜市港南区大久保 I様邸 雨漏り修理、平瓦葺き替え工事、外壁塗装、雨樋交換など

2022/10/18

先日、横浜市港南区大久保のI様よりご依頼をいただき、雨漏り修理、屋根葺替え、外壁塗装、雨樋交換、破風・笠木板金工事、門扉交換工事、内装工事を行いました。 工事のきっかけと解決策 …

屋根修理
Before
After
M様邸塗装工事施工前
M様邸塗装工事施工後

横浜市港南区大久保 M様邸 屋根塗装 外壁塗装 ポリカ張替え

2022/10/17

先日、横浜市港南区大久保のM様邸にておこなった屋根塗装および外壁塗装工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 M様は屋根材の一部が下に落ちているのを発見されて弊社に調…

屋根修理
Before
After
施工前写真
施工後写真

横浜市港北区日吉本町 S様邸 屋根修理 <ポリカ張替え工事>

2022/09/22

先日、横浜市港北区日吉本町のS様邸にておこなったポリカ張替え工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 S様は波板の劣化が気になっておられたところに、他社の塗装業者から…

その他

TOP