Loading...

屋根修理屋の屋根ブログ

外壁からの雨漏り~原因と症状について

2022/09/22

台風が過ぎ去って急に涼しくなりましたね。
雨漏りと聞くと屋根からをまずイメージされる方が多いかと思います。外壁からの雨漏りと聞いてもあまりピンとこないかもしれません。
実は外壁が原因である雨漏りは意外と多いのです。
しかも外壁からの場合は気が付きにくく、気づいた時にはかなり雨漏りが進行していたというケースが多く見られます。
今回は外壁からの雨漏りが発見しづらい理由や、外壁からの雨漏りの原因や主な発生個所、雨漏りによる症状についてご紹介いたします。

外壁からの雨漏り

天井からの雨漏りは気づきやすい

屋根は雨除けとしてとても大切な機能をはたしています。屋根材そのものは一次防水として雨を防ぎ、その下の防水シートが二次防水として最終的に雨の建物内部への侵入を防いでいます。
雨漏りに気付くきっかけとしては、天井のしみや天井から雨水がぽたぽた落ちてくるというのが最も多いのではないでしょうか。
屋根からの雨漏りは下へ垂直の方向に降りてくるため、ほとんどが屋根の下の天井に発生します。
原因が天窓からなのか板金の不具合なのかなど屋根の雨漏りも色々原因はありますが比較的原因箇所を絞りやすいといえます。

外壁からの雨漏りが発見しづらい理由

外壁も屋根と同じように常に外に面しているため、風雨に晒されています。
昨今では軒のない、もしくは短い家も増えており、軒は外壁が雨に直接かからないようにする役割もあるため、こうした家では外壁は雨に軒のある家よりも晒されることとなるのでその分雨漏りする確率も増えます。

外壁も屋根と同じように外壁そのものが一次防水として機能し、中にある防水シートが二次防水として最終的に雨を防いでいます。
(ALC外壁の場合は二次防水が施されていないため外壁が最終防水ラインになります)
防水シートを突破した雨水は下(垂直)方向に移動するため、よほど遮るものがない限り横方向には移動しません。そのため壁紙などにシミができにくく発見しづらいのです。
壁や壁紙に雨シミができるということは、雨漏りが発生してそうとう時間が経過しているか、一度に大量の雨水が侵入したかのいずれかのケースが多くなっています。

外壁からの雨漏りの原因

築10年未満の新築の場合は、施工不良か設計ミスの可能性が高いです。
築10年以上の場合は、外壁材の経年劣化やシーリングの劣化などが考えられます。

外壁からの雨漏りの主な発生個所と原因

サッシ・窓枠

サッシ・窓枠からの雨漏り

窓の周りのサッシ枠と外壁の隙間を埋めるシーリング材の劣化や、サッシを固定している釘などのゆるみによって雨漏りが発生します。
サッシ周辺のクロスのしみや腐食、また周辺の木部の雨染みなどの症状が発生します。

窯業系サイディング

サイディング劣化

最も日本で普及している外壁材である窯業系サイディングの場合、サイディングの目地を埋めるためにシーリング材を充填します。このシーリングの耐用年数は7〜10年程度で、ひび割れなどの劣化が進行するとその隙間から雨水が侵入してきます。
また窯業系サイディングは塗装で表面を雨水から保護していますがその塗装が劣化してくると防水機能が失われ、ひび割れや剥がれが発生し、そこから雨水が入り込んできます。

幕板

幕板

幕板は、一階と二階の外壁を区切るベルトのような板です。ツートンカラーの切り替え部分に配置され、横方向の目地を隠し、主に美観・デザイン的な目的で配置されます。
この幕板と外壁の継ぎ目を埋めるシーリングの劣化が原因で雨漏り発生につながることがあります。

外壁材の劣化

モルタルやサイディングなどの外壁材にひび割れや、反りや変形などが発生すると、その隙間から雨水が侵入してきます。

水切り金具の不具合

違う部材同士が接合する部分を取り合いをよび、雨水が侵入しやすい場所でもあります。
ここには水切り金具という金具を設置して雨水を適切に排水する雨仕舞を行っています。
この水切り金具が劣化すると錆びや腐食、釘の浮きが発生し、これを放置すると雨漏りの原因となります。

外壁からの雨漏りによる症状

下記のような症状がある場合には外壁からの雨漏りが疑われます。
なるべく早く専門的な調査を依頼してください。
・壁や壁紙に雨によるシミがある
・雨が降ると雨水が窓枠から落ちてくる
・窓枠の廻りの木部に雨シミがある
・特定の部屋だけかび臭い
・壁が湿っている、水滴がある
湿気による場合もありますが、もしも雨漏りが発生している場合にはかなり進行している可能性があります。
雨漏りを放っておくと二次被害がでてしまうため、早い段階で雨漏り修理をする必要があります。

雨漏り修理は原因の調査が重要です

雨漏りの発生個所は多岐にわたるため、特定するのは経験を積んだ雨漏り修理業者に依頼する必要があります。
原因が特定できずに、間違った修理や応急処置を何度も行うとお金も時間も無駄になり、施主様にもストレスになってしまいます。
福田総業では状況に応じて散水テストなど必要な雨漏り調査を行い、特定をした上で必要な修理を行います。
横浜市周辺で雨漏り修理でお悩みの方、もしかしてこれは雨漏りなのかなとご不安な方。一度福田総業へご相談ください。

合わせて読みたい記事

土葺き瓦屋根は雨漏りしやすい?原因と補修方法

土葺き瓦屋根は雨漏りしやすい?原因と補修方法

2022/12/28

最近新築では減少傾向にありますが、和瓦はしっかりメンテナンスすれば50年以上はもつ耐久性に優れた屋根材です。 歴史ある…

ベランダ・バルコニーからの雨漏り

ベランダ・バルコニーからの雨漏り

2022/09/26

洗濯物を干したり観葉植物を置いてガーデニングを楽しむなど生活を彩るベランダとバルコニー。 こちらも外壁の外にあり、風雨…

カーポートからの雨漏りの原因と対処方法

カーポートからの雨漏りの原因と対処方法

2022/11/04

こんにちは、横浜市港南区の雨漏り修理・屋根修理の専門店「福田総業」です。 ご自宅のカーポートから雨漏りしてしまうと大切…

最新の施工実績

Before
After
下屋傷み
スタンビー455

横浜市旭区さちが丘 S様邸 下屋葺き替え工事・軒天修繕工事

2022/12/20

先日、横浜市旭区さちが丘のS様邸にておこなった下屋葺き替え工事・軒天修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 こちらのお客様は、軒天の一部が黒ずんでいて痛んでいる…

屋根修理
Before
After
ドローン空撮屋根
横浜市大久保屋根塗装後写真

横浜市大久保 Y様邸 棟板金交換・屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事など

2022/12/13

先日、横浜市栄区大久保のY様邸にておこなった屋根の棟交換、屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 Y様は、ご近所で工事をしていた訪問…

屋根修理
Before
After
駐車場の屋根施工前
駐車場の屋根施工後

横浜市栄区庄戸 K様邸 雨漏り修理・駐車場屋根カバー工法・雨樋交換など

2022/12/07

先日、横浜市栄区庄戸のK様邸にておこなった駐車場屋根カバー工法・玄関雨樋交換・棟修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 築約40年の2階建てご自宅1階部分の雨樋…

屋根修理
Before
After
I様邸外観(工事前)
I様邸外観(工事後)

横浜市港南区大久保 I様邸 雨漏り修理、平瓦葺き替え工事、外壁塗装、雨樋交換など

2022/10/18

先日、横浜市港南区大久保のI様よりご依頼をいただき、雨漏り修理、屋根葺替え、外壁塗装、雨樋交換、破風・笠木板金工事、門扉交換工事、内装工事を行いました。 工事のきっかけと解決策 …

屋根修理
Before
After
M様邸塗装工事施工前
M様邸塗装工事施工後

横浜市港南区大久保 M様邸 屋根塗装 外壁塗装 ポリカ張替え

2022/10/17

先日、横浜市港南区大久保のM様邸にておこなった屋根塗装および外壁塗装工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 M様は屋根材の一部が下に落ちているのを発見されて弊社に調…

屋根修理
Before
After
施工前写真
施工後写真

横浜市港北区日吉本町 S様邸 屋根修理 <ポリカ張替え工事>

2022/09/22

先日、横浜市港北区日吉本町のS様邸にておこなったポリカ張替え工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 S様は波板の劣化が気になっておられたところに、他社の塗装業者から…

その他

TOP