Loading...

屋根修理屋の屋根ブログ

空き家の雨漏りを放置するリスクとは?固定資産税にも影響する?

2022/12/26

年々増加する空き家問題

全国で空き家が増加傾向にあります。
ここ20年で1.8倍に増え、ここ横浜市でも平成25年度の統計でも市内で約17万8050戸とされています。

空き家増加の原因はやはり少子高齢化による人口の減少や、高齢者の方が施設に入居されたあと家の引き取り手いないということなどがあげられます。
さらに空き家の状態でも土地に家が建っていれば固定資産税が6分の一に軽減される、住宅用地の特例措置による税制優遇も空き家が放置されている大きな原因となっています。
相続したものの遠方に住んでいてなかなか訪問できない、解体に費用がかかるとの理由で放置されている方もおられることでしょう。
しかしそうして放置された空き家は当然ひとが住んでいる家よりも雨漏りのリスクが高くなります。
こちらでは空き家の雨漏りを放置するリスクについてご紹介します。

空き家の雨漏り発生理由は?

人が住んでいる家でも定期的にメンテナンスを行わないと家は傷んでいしまいます。
そのため誰も住んでいない家は急速に劣化します。
雨漏りは屋根から発生するイメージがありますが、ベランダやサッシの隙間、外壁のコーキングの隙間など多くの発生箇所があります。
屋根がずれた、ひび割れた、サッシや外壁の隙間を埋めるコーキングが劣化した、ベランダの笠木が劣化したなど、放置された家の経年劣化によって最初は小さな傷みだったものからやがて雨漏りへと発展していきます。
こうした不具合は人が居住していれば気が付くことができますが、空き家でもしも遠方に住まわれていた場合にはなかなか気づくことができません。
気づいた時には雨漏りを起こしていたというケースも大変多くなっています。

空き家の雨漏りを放置するリスクは?

柱や梁などの腐朽

柱や梁などの腐朽

雨漏りにより木材が湿ると家を支える梁や柱などの構造材が腐食してしまいます。
木材が腐るのは、木材腐朽菌が繁殖するためで、この菌は湿度が高く、木材が水を含んでいて温度が高いところで活発になるためずっと雨漏りで木材が湿っていると恰好の餌食になってしまいます。
しかも人が住まない家は換気もされないため風通しも悪く劣化のスピードが早まり、構造材や基礎が腐食するとやがて家が倒壊する危険もあります。
コンクリート造の空き家の場合も、壁や屋根のひび割れなどによって雨水が侵入し、内部の鉄筋や鉄骨を錆びさせて劣化されてしまいます。

シロアリなど害虫の発生

シロアリ

雨漏りは建物の内部に水が侵入することです。すると木造住宅を構成する柱や梁が水にぬれることで柔らかくなってしまいます。
柔らかく湿った木材はシロアリの好物であり、最近よくみられる高断熱高気密の家の場合にはさらに温度や湿度が快適に保たれておりシロアリが繁殖しやすくなります。
基礎部分までシロアリ被害が進むと倒壊の恐れや、その修繕費用は莫大なものになってしまいます。
また雨漏りで湿気が増えるとダニやゴキブリなどの害虫も繁殖しやすくなります。

漏電による火災のリスク

雨漏りが発生することで火災のリスクがあるとは驚かれるかもしれません。
漏電はその24%が雨漏りによるものというデータがあります。雨漏りによって建物に侵入した水分が電気配線や、コードなどの絶縁体の隙間に入りこんでしまうことによって電気が正常に流れなくなり外に漏れることで漏電が起こります。
住宅には漏電が起こった際にそれを感知してブレーカーそのものを落として火災から守る、漏電ブレーカーが設置されています。
しかし空き家の中には漏電ブレーカーが設置されていなかったり、配線が損傷して漏電防止機能が正常に機能していない場合もあります。そのような場合は火事になりやすいため特に注意が必要です。
空き家が倒壊するだけではなく火事になってしまうと近隣住宅にも被害がおよび、過失が所有者にあるとされたら高額な賠償金が発生することも想定されます。

「特定空き家」に認定される可能性も

2015年5月から、増え続ける空き家対策の一貫として、自治体から放置しておくと危険になるあるいは衛生上問題があると判断された空き家は、「特定空き家」と認定されることになりました。この「特定空き家」に認定されてしまうとこれまで受けられていた税の優遇措置がなくなってしまいます。
「特定空き家」の例
・ゴミが放置されている、汚物が流出しているなど衛生上有害である恐れのある空き家
・屋根が外壁の倒壊や建物の倒壊など保安上の危険がある空き家
・動物が住みついて糞尿の被害があるなど周辺の住民の生活環境の妨げになっている空き家
・窓ガラスが割れたままになっている落書きが放置されているなど景観計画に著しくそぐわない空き家

雨漏りが起こって著しく建物が劣化した場合、倒壊の恐れがあると判断されると、「特定空き家」に認定されて税制優遇が受けられず、固定資産税が最大6倍になる恐れがあります。

空き家の雨漏りを防ぐには

やはり定期的に様子を見に行き、壁や天井のしみがないか、外壁のひび割れや屋根の剥落などがないか、カビが生えていないかなどを確認しましょう。
雨漏りは場所を特定するのが難しいため、専門業者に依頼すると確実です。
すでに発生している場合には、ビニールテープやビニールシートで応急処置を行い、これ以上拡大しないように手を打ってから専門の業者に相談してください。
空き家といえども放置せずに、定期的に専門の業者の点検を受けておくと安心です。
なにもせずに放置すると確実に傷んでいきます。税制優遇を受けるためにもそして大切な資産の価値を損ねないように定期的にメンテナンスを行ってください。

横浜市で空き家や家の屋根などの定期点検、雨漏り修理は専門店の福田総業にお任せ下さい。

合わせて読みたい記事

新築物件で雨漏りが起こったら?

新築物件で雨漏りが起こったら?

2022/09/09

こんにちは、横浜の雨漏り修理・屋根修理専門店「福田総業」です。 昨日のブログで新築の家でも雨漏りが発生することがあると…

建物を雨漏りから守る雨仕舞とは?

建物を雨漏りから守る雨仕舞とは?

2022/07/29

こんにちは、横浜港南区の雨漏り修理・屋根修理の専門店、福田総業です。 「雨仕舞」(あまじまい)という言葉はあまり耳なれ…

屋根の雨漏り修理などDIYはできる?おすすめしない理由は?

屋根の雨漏り修理などDIYはできる?おすすめしない理由は?

2022/08/04

こんにちは。横浜市港南区の屋根修理・雨漏り修理の専門店「福田総業」です。 最近はDIYがブームで、ホームセンターにもた…

最新の施工実績

Before
After
下屋傷み
スタンビー455

横浜市旭区さちが丘 S様邸 下屋葺き替え工事・軒天修繕工事

2022/12/20

先日、横浜市旭区さちが丘のS様邸にておこなった下屋葺き替え工事・軒天修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 こちらのお客様は、軒天の一部が黒ずんでいて痛んでいる…

屋根修理
Before
After
ドローン空撮屋根
横浜市大久保屋根塗装後写真

横浜市大久保 Y様邸 棟板金交換・屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事など

2022/12/13

先日、横浜市栄区大久保のY様邸にておこなった屋根の棟交換、屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 Y様は、ご近所で工事をしていた訪問…

屋根修理
Before
After
駐車場の屋根施工前
駐車場の屋根施工後

横浜市栄区庄戸 K様邸 雨漏り修理・駐車場屋根カバー工法・雨樋交換など

2022/12/07

先日、横浜市栄区庄戸のK様邸にておこなった駐車場屋根カバー工法・玄関雨樋交換・棟修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 築約40年の2階建てご自宅1階部分の雨樋…

屋根修理
Before
After
I様邸外観(工事前)
I様邸外観(工事後)

横浜市港南区大久保 I様邸 雨漏り修理、平瓦葺き替え工事、外壁塗装、雨樋交換など

2022/10/18

先日、横浜市港南区大久保のI様よりご依頼をいただき、雨漏り修理、屋根葺替え、外壁塗装、雨樋交換、破風・笠木板金工事、門扉交換工事、内装工事を行いました。 工事のきっかけと解決策 …

屋根修理
Before
After
M様邸塗装工事施工前
M様邸塗装工事施工後

横浜市港南区大久保 M様邸 屋根塗装 外壁塗装 ポリカ張替え

2022/10/17

先日、横浜市港南区大久保のM様邸にておこなった屋根塗装および外壁塗装工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 M様は屋根材の一部が下に落ちているのを発見されて弊社に調…

屋根修理
Before
After
施工前写真
施工後写真

横浜市港北区日吉本町 S様邸 屋根修理 <ポリカ張替え工事>

2022/09/22

先日、横浜市港北区日吉本町のS様邸にておこなったポリカ張替え工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 S様は波板の劣化が気になっておられたところに、他社の塗装業者から…

その他

TOP