Loading...

屋根修理屋の屋根ブログ

屋根を雨漏りから守る最後の砦!ルーフィング(防水シート)とは?

2022/07/27

こんにちは、横浜港南区の雨漏り修理・屋根修理専門店、福田総業です。
ルーフィングと聞いてどんなものかすぐ想像つく方はあまり多くないかもしれません。
ルーフィングシートとは屋根の下に敷く防水シート(防水紙)のことです。
屋根の野地板の上に張り、その上から屋根材を敷くため普段は屋根に隠れているため目にすることができません。
防水シートとも呼ぶように、屋根を雨から守る非常に重要な下葺き屋根材です。
このルーフィングシートの質は屋根の耐久性や雨漏り防止に大きくかかわるため福田総業では質に大変こだわっております。
今回は、ルーフィングシートの役割や種類、弊社おすすめのルーフィングシートとその理由についてご紹介いたします。
見えない部分ではありますがルーフィングシートについて理解を深めていただくことで、リフォームの際により長持ちする、雨漏りしにくい屋根を実現することができます。

ルーフィングとは?

工事中~ルーフィング貼り作業
屋根材が雨漏りを防ぎ雨から家を守っているというイメージがありますが、スレートや瓦、ガルバリウムなどの屋根材は外側で直接の雨の侵入を防ぎ、他にも断熱や遮熱、美観などの役割を果たしています。このように外側で雨の侵入を防ぐ働きを一次防水と呼びます。
一次防水でまず雨水を防ぎ、隙間や劣化によって防ぎきれずに内部に侵入した雨水から建物を守るのがルーフィングの役目です。こうした機能を二次防水と呼び、一次防水と二次防水の二段階の防水で建物を守っています。
屋根に傷みやずれがあってもすぐに雨漏りすることがないのは、ルーフィングが守っているためです。
いわばルーフィングは雨水防衛の最後の砦と言えます。

実際にルーフィングの劣化や破損が雨漏りの原因であることはとても多いです。
このようにルーフィングは普段目に見えないながらも、屋根でとても重要な役割を担っています。

ルーフィングの種類

ルーフィングの主な種類についてご紹介します。

アスファルトルーフィング

アスファルトは道路に使用されるアスファルトを連想する方が多いかと思いますが、アスファルトルーフィングは、フェルトや不織布を基材としてアスファルトを浸透させてシート状にしたものです。
アスファルトの耐久性や遮水性を利用しています。
アスファルトルーフィングなかで最も普及率の高いものは「アスファルトルーフィング940」です。
940とは1㎡あたりの質量を表しています。最も安価なためよく用いられていますが素材が紙質のため破れやすく、耐久年数も約10年と短くなっています。ルーフィングは簡単には交換できないため、屋根材を耐久性の高いものにしてもルーフィングの寿命が短いとあまり意味がないためおすすめできません。

改質アスファルトルーフィング

改質アスファルトルーフィングは、従来のアスファルトルーフィングに樹脂やゴムなどを加えて改良し、曲げた時の柔軟性を高めて折り切れしにくくしたものです。
アスファルトにはもともと低温になると割れやすいという弱点がありますが、ポリマー等を加えることで割れにくく高温や低温などの温度変化にも強く、常のアスファルトルーフィングよりも耐久性が高くなっています。

粘着式ルーフィング

粘着式ルーフィングは、ルーフィングの裏側が貼り付け型の粘着層になったものです。
釘やタッカーなどを使用せずに張ることができるため、カバー工法の際に下の屋根材や下地材を傷めずに張ることができます。
特にノンアスベストのスレート屋根は割れやすいため、釘やタッカーを使用すると割れたり痛めてしまうことがあります。

高耐久不織布ルーフィング

マスクなどに使用される不織布で作られたルーフィングです。
紙質よりも破れにくく柔軟性があり、耐久性もあるため最近人気があるルーフィングです。

福田総業でよく使用するルーフィング

福田総業でよく使用するルーフィングは、耐用年数と価格と使用目的のバランスが一番良いという理由から下記の三つのルーフィングを使用することが多いです。
ライナールーフィング(不織布ルーフィング)
PカラーEX+(改質アスファルトルーフィング)
カバー工法の際にはタディスセルフカバー(粘着式ルーフィング)
いずれもルーフィングの国内最大手メーカー・田島ルーフィング社の製品となります。
約60年という高耐久を謳う最高品質のルーフィングである「マスタールーフィング」や、透湿機能を持つルーフィングであるタイベックルーフライナーは非常に価格が高価であり、費用対高価の面からあまりおすすめしておりません。

まとめ

最終的に雨漏りを防ぎ、屋根を守る重要な屋根部材であるルーフィングですが、見えない部分であるためにとにかくコストを抑えたいローコスト住宅や、悪徳業者、安さを売りにした業者は、品質がよくないものを使用していることがよくあります。
紙質で10年の耐久しかないアスファルトルーフィング940を使用した「Pカラー」などの製品を使用していることが多いため見積書で詳細を確認するなど注意をしてください。

福田総業は、屋根を守ることで、多くの方に安心をご提供したいと考えております。
長持ちする、安心できる屋根工事をご提供できるよう常に心がけております。
横浜の屋根工事・屋根修理は福田総業にご相談ください。

合わせて読みたい記事

ガルバリウムを超える!新世代素材「SGL」とは?

ガルバリウムを超える!新世代素材「SGL」とは?

2022/07/21

こんにちは、横浜港南区の雨漏り修理・屋根修理の専門店、福田総業です。 大雨が降ったり晴れたり落ち着かない天気ですね…

どう違うの?屋根材の種類について

どう違うの?屋根材の種類について

2022/07/05

おはようございます。横浜市港南区の雨漏り修理・屋根修理の専門店福田総業の広報担当です。 そろそろ台風の季節になってきま…

軽さが魅力!災害にも強い軽量瓦とは?

軽さが魅力!災害にも強い軽量瓦とは?

2022/07/20

現在瓦屋根のお家に住んでいる方でリフォームを考えている方は家が和風だからやっぱり瓦にしたい。でも地震が心配という方も多い…

最新の施工実績

Before
After
下屋傷み
スタンビー455

横浜市旭区さちが丘 S様邸 下屋葺き替え工事・軒天修繕工事

2022/12/20

先日、横浜市旭区さちが丘のS様邸にておこなった下屋葺き替え工事・軒天修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 こちらのお客様は、軒天の一部が黒ずんでいて痛んでいる…

屋根修理
Before
After
ドローン空撮屋根
横浜市大久保屋根塗装後写真

横浜市大久保 Y様邸 棟板金交換、屋根塗装、外壁塗装など

2022/12/13

先日、横浜市栄区大久保のY様邸にておこなった屋根修理(棟の交換)、屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事の様子をご報告します。 工事のきっかけ・お客様のお悩みと解決策 Y様は、ご…

屋根修理
Before
After
駐車場の屋根施工前
駐車場の屋根施工後

横浜市栄区庄戸 K様邸 雨漏り修理・駐車場屋根カバー工法・雨樋交換など

2022/12/07

先日、横浜市栄区庄戸のK様邸にておこなった駐車場屋根カバー工法・玄関雨樋交換・棟修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけ・お客様のお悩みと解決策 築約40年の2階建てご自…

屋根修理
Before
After
I様邸外観(工事前)
I様邸外観(工事後)

横浜市港南区大久保 I様邸 雨漏り修理、葺き替え工事、外壁塗装など

2022/10/18

先日、横浜市港南区大久保のI様よりご依頼をいただき、雨漏り修理、屋根葺替え、外壁塗装、雨樋交換、破風・笠木板金工事、門扉交換工事、内装工事を行いました。 工事のきっかけと解決策 …

屋根修理
Before
After
M様邸塗装工事施工前
M様邸塗装工事施工後

横浜市港南区大久保 M様邸 屋根塗装 外壁塗装 ポリカ張替え

2022/10/17

先日、横浜市港南区大久保のM様邸にておこなった屋根塗装および外壁塗装工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 M様は屋根材の一部が下に落ちているのを発見されて弊社に調…

屋根修理
Before
After
施工前写真
施工後写真

横浜市港北区日吉本町 S様邸 屋根修理 <ポリカ張替え工事>

2022/09/22

先日、横浜市港北区日吉本町のS様邸にておこなったポリカ張替え工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 S様は波板の劣化が気になっておられたところに、他社の塗装業者から…

その他

TOP