Loading...

屋根修理屋の屋根ブログ

ベランダ・バルコニーからの雨漏り

2022/09/26

洗濯物を干したり観葉植物を置いてガーデニングを楽しむなど生活を彩るベランダとバルコニー。
こちらも外壁の外にあり、風雨に晒されているため意外と雨漏りしやすい場所でもあります。
ベランダとバルコニーの違いですが、一般的にベランダは「建物外部の屋根付きスペース」を指し、バルコニーは「二階以上で屋外に張り出した屋根のないスペース」をいいます。

ベランダ・バルコニーからの雨漏りの発生箇所と原因

床の防水層の劣化

施工前

ベランダ・バルコニーは雨が吹き込みやすい場所ですので、床には特殊な防水工事が行われています。
戸建てのベランダ・バルコニーの場合は、多くはFRP防水・ウレタン防水による防水塗装が一般的です。この防水層は紫外線や摩耗によってゆっくりと劣化していきます。FRP防水・ウレタン防水の寿命は約10年です。表面の防水層のひび割れや剥がれが劣化のサインです。
放置するとひび割れなどから雨水が侵入して雨漏りの原因となります。この場合防水層を再度形成します。
特に防水層の弱点となるのが端部で、本来は新築の際に防水層の端部を露出させないように施工をしなければなりません。
しかし床防水を行う前に、バルコニーに出入りするドアや掃き出し口を先に取り付けてしまうことが多く、こうした「先付け」の施工を行ったバルコニーは防水層の端部が露出してしまうため防水上の弱点になりやすいのです。先付施工の場合は特にこの端部の防水層の防水処理を工夫する必要があります。

排水溝の詰まり・劣化

ベランダ排水溝の詰まり

ベランダには雨水を排出する排水溝があります。
雨が降るとベランダに水が溜まってしまうような場合には、この排水溝に落ち葉などのゴミが詰まっている場合があります。また排水溝そのものが経年で劣化して隙間から雨水が浸み込んで雨漏りの原因になることもあります。
排水溝の取り換えや掃除を行うことで対処します。

笠木の破損や劣化

ベランダ・バルコニーにある手すり壁の一番上に設置されたアルミなど金属のものを笠木と呼びます。
バルコニーの内部に雨水が侵入しないよう笠木を上から被せることで保護しています。
実はこの笠木が原因で雨漏りが起こることが多くなっています。
原因として、防水層などは防水材を販売する各メーカーが定めた仕様書やマニュアルなど正しい施工方法が基準として存在しますが、笠木の施工に関しては防水材のような正しい施工方法の基準が存在していないことがあります。
笠木を剥がしてみると内部の防水シートや下の木材が腐食していたというケースもあります。
笠木を固定している釘が抜けたり緩んだり、また接続部に隙間がある場合、そこから雨水が内部に浸み込んでやがて雨漏りを引き起こします。
※笠木について詳しくはこちらをご覧ください。

掃き出し窓

床の防水層

ベランダ・バルコニーに出入りする掃き出し窓の窓枠の隙間を埋めるシーリングの劣化や、引き違い部にある隙間などが原因で雨水が侵入するケースがあります。

腰壁の劣化

ベランダやバルコニーには転落防止用の壁がついています。これを腰壁と呼びます。
腰壁には多くの場合外壁材と同じ素材が使用されています。
外壁材と同じように、紫外線によって壁を保護する塗料や隙間を埋めるシーリング材などが劣化し、ひび割れや黒ずみなどが発生します。
こちらは外壁と同じように塗装やシーリング工事によって対応します。

こんな症状に注意

以上のように、下記のような現象に注意をしてください。

・腰壁や笠木などのシーリング材の劣化
・笠木の浮き
・笠木の釘やビスのゆるみ
・腰壁のひび割れや黒ずみ
・ベランダ・バルコニーの軒天にシミや黒ずみ
・ベランダ・バルコニーの下の部屋にシミ、クロスの剥がれや浮き

バルコニーの形状やタイプによって雨漏り症状が発生しやすい場所が異なります。

ベランダやバルコニーが外壁より外側にあるオーバーハングバルコニーなどという形状の場合には、室内に影響がなくとも、バルコニーの下側である軒天が腐食しているというケースがあります。

また、ベランダやバルコニーが外側ではなく居室の上にある、インナーバルコニー、ルーフバルコニーと呼ばれる形状の場合にはベランダの雨漏りは下の居室に現れます。


下の部屋の天井のしみや、クロスの剥がれや浮きなどがある場合は上にあるバルコニー・ベランダからの雨漏りだと考えられます。
上のような症状が見られたら早急に調査を依頼してください。
放置していると雨漏りはどんどん進行し、二次被害を引き起こしてしまい、その分工事費用も高額になってしまいます。

横浜でベランダ・バルコニーからの雨漏りにお悩みの方は福田総業にご相談ください。

TOP