Loading...

屋根修理屋の屋根ブログ

瓦からガルバリウム鋼板への葺き替えのメリット・デメリット

2022/10/11

こんにちは。横浜市港南区にある雨漏り修理・屋根修理の専門店、福田総業です。
瓦屋根は日本の伝統的な屋根で、50年~80年という高い耐久性と断熱性、遮音性が特徴です。
しかし瓦屋根そのものは長持ちしても、下にある防水シートや野地板は瓦屋根より早く劣化し、また瓦屋根そのものも破損などの劣化症状が出てきます。
瓦屋根の葺き替えをお考えの方で、軽くて丈夫なガルバリウム鋼板の屋根へと葺き替える方が増えています。
今回は、瓦からガルバリウム鋼板屋根へと葺き替えるメリットやデメリット、スレート屋根との比較やおすすめのガルバリウム鋼板屋根についてご紹介します。

ガルバリウム鋼板の特徴

ガルバリウム鋼板は、1972年にアメリカで開発された建材です。
鉄に、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%で構成されたアルミ亜鉛メッキを施した薄い鉄の板です。
昔は金属屋根といえばトタンでしたが、トタンは屋根としては錆びやすいという欠点がありました。
トタンは亜鉛メッキ鋼板といい、鉄の表面に亜鉛でメッキ加工をしています。傷ついて内部の鉄が露出した際に、この亜鉛が溶け出して鉄を保護して錆を食い止める犠牲防食という作用があります。しかし亜鉛が溶け出してしまうとそれ以上効果は発揮できず腐食を食い止めることはできません。
この点を改良したのがガルバリウム鋼板で、メッキにアルミニウムを混ぜることで、亜鉛で出来た穴を埋める保護作用があり、これによって腐食を食い止めます。亜鉛とアルミニウムの効果で錆を進行を防ぎ、トタンの3~6倍錆びにくくなっています。
そのため耐久性も約25年から35年と瓦に比べれば劣るものの、高い耐久性を持っています。
錆による穴あきを起こさないようメンテナンスを行うことで40年以上の耐久性も期待できます。

ガルバリウム鋼板のメリット

軽い屋根になる

瓦は高い耐久性や防音性・断熱性がメリットですが、それは瓦は厚みがあり、その厚みの分音や熱を防いでくれます。
しかし分厚いということはそれだけ重量があり、事実瓦屋根は屋根材の中でも最も重い屋根材です。
さらに土葺きという工法の場合、瓦の下に土が敷き詰められていることがあり、その場合はより屋根は重くなります。
台風などの自然災害の際に落下や飛散して周囲の人や住む人にも被害が起こる可能性があります。
1㎡の屋根材の重さは、瓦屋根で約60kg,スレート屋根は20kg,ガルバリウム鋼板は約5kgとガルバリウム鋼板は瓦屋根にたいして約1/10の軽さとなります。
屋根が重いとそれだけ建物に対して負荷がかかりますが軽いと負荷を軽減できます。
また、屋根が軽くなると建物の重心が下がり、地震の際の揺れが小さくなるため、耐震対策として屋根を金属屋根にされる方も増えています。

汚れがつきにくい

ガルバリウム鋼板は金属のため湿気や雨水を吸収せず、他の屋根材に比べて苔などの汚れが付着しにくくなっています。
スレート屋根は日当たりの悪い場所では苔が生えていたりしますが、ガルバリウム鋼板ではこうしたことは少なくなります。

断熱材一体型なら断熱性も安心

ガルバリウム鋼板に葺き替えた時に断熱性が下がることを心配される方もおられると思います。
金属は熱伝導率が高いため、特に夏は表面が高温になりますが、断熱材一体型の金属屋根も多数販売されており、そうした製品を選ぶことで断熱性能を付与することができます。
さらに断熱材があることによって遮音性も向上しています。

ガルバリウム鋼板のデメリット

衝撃に弱く、塩害などによる錆に注意が必要

ガルバリウム鋼板は外部からの衝撃に弱く、凹みやすいという点がデメリットとしてあげられます。
さらに他の金属と接触すると電食作用が発生して錆びやすくなります。
またガルバリウム鋼板が錆びにくいといっても錆びないわけではなく、特に海に近い場所では塩害に注意が必要です。一般的には海岸から2kmが塩害地域とされています。

初期費用が高め

さらに初期費用が高めなこともデメリットとしてあげられます。
ガルバリウム鋼板は施工時に他の金属と接触しないよう注意が必要であり、さらに湿気を逃す通気口を設けるなど施工時に工夫が必要となります。また施工できる業者も限られています。

スレート屋根とどちらがいい?

スレート(コロニアル)屋根材も広く普及している屋根材です。
価格を見比べるとスレートの方が安いため、どちらがいいのか悩まれる方もおられるかと思います。
スレートの耐用年数は約20年前後で、ガルバリウム鋼板は25年から35年。さらに葺き替え後のメンテナンスの頻度ですが、スレートは約10年程度で必要になりますが、ガルバリウム鋼板の場合は、15~20年とされています。
最初のコストが高かったとしても、長い目でみるとガルバリウム鋼板の方がメンテナンスコストをふくめたトータルコストが安くなります。
またスレート屋根よりもガルバリウム鋼板の方が軽いという点も魅力的です。

デザイン性はどうか?和風住宅にも合う?

金属屋根と聞くと、どことなくモダンな洋風住宅のイメージがある方も多いかもしれません。
和風住宅には合わないのでは?と心配される方もおられます。
ガルバリウム鋼板には、例えば弊社でよく利用する横暖ルーフシリーズには落ち着いた高級感ある色調のものがあり、和風住宅にもマッチするデザインとなっています。
最近では、寺院や伝統的な和風住宅でも金属屋根に葺き替えた事例が増えています。
セキノ興産
写真出典:セキノ興産 定尺横葺|横葺シリーズ の施工事例

ガルバリウム鋼板をさらに改良したSGL鋼板

SGL鋼板は、ガルバリウムのメッキ成分にマグネシウムを添加することで、ガルバリウムよりも約三倍錆びにくくなっています。
ガルバリウム鋼板は保証適用範囲が沿岸部から5km以上とされていますが、SGLは500m以上と大幅に距離が短くなっておりそれだけメーカーの自信が伺えます。

おすすめのガルバリウム鋼板屋根

弊社でよく使用するのが横暖ルーフです。
横暖ルーフは遮熱鋼板(塗装高耐食GLめっき鋼板と)と断熱材(硬質ウレタンフォーム)を一体化した高機能性屋根材。20年以上の歴史と実績あり、最大20年のメーカー保証がついています。
高い防水性と、断熱材一体型構造による断熱性と遮音性も快適な生活をサポートしてくれます。
「横暖ルーフプレミアムS」と「横暖ルーフα プレミアムS」はガルバリウム鋼板よりもより錆びにくく強靭なSGL鋼板を使用しています。
横暖ルーフについて詳しくはおすすめ屋根のページをご覧ください

まとめ

瓦屋根は凹凸があるためカバー工法には向いていません。
瓦そのものがまだ使える場合には現在の瓦屋根を再利用する葺き直しという工法もありますが、耐震性を考慮されるならより軽量なガルバリウム鋼板に葺き替えることをおすすめしています。
ガルバリウム鋼板は錆が拡大しにくく、20年以上の実績がある屋根材です。
ガルバリウム鋼板を長持ちさせるには定期的な点検とメンテナンスが重要です。
横浜市や近郊にて瓦屋根からガルバリウム鋼板への葺き替えをお考えの方、屋根の点検をご希望の方、実績豊富な福田総業までご相談ください。
ご相談・屋根の点検は無料で行っております。

合わせて読みたい記事

屋根の葺き替え工事とは?メリットとデメリットを解説!

屋根の葺き替え工事とは?メリットとデメリットを解説!

2022/08/11

屋根工事の一つに、「葺き替え工事」というものがあります。葺き替えとは、今ある屋根材をすべて解体して新しい屋根を設…

最新の施工実績

Before
After
下屋傷み
スタンビー455

横浜市旭区さちが丘 S様邸 下屋葺き替え工事・軒天修繕工事

2022/12/20

先日、横浜市旭区さちが丘のS様邸にておこなった下屋葺き替え工事・軒天修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 こちらのお客様は、軒天の一部が黒ずんでいて痛んでいる…

屋根修理
Before
After
ドローン空撮屋根
横浜市大久保屋根塗装後写真

横浜市大久保 Y様邸 棟板金交換・屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事など

2022/12/13

先日、横浜市栄区大久保のY様邸にておこなった屋根の棟交換、屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 Y様は、ご近所で工事をしていた訪問…

屋根修理
Before
After
駐車場の屋根施工前
駐車場の屋根施工後

横浜市栄区庄戸 K様邸 雨漏り修理・駐車場屋根カバー工法・雨樋交換など

2022/12/07

先日、横浜市栄区庄戸のK様邸にておこなった駐車場屋根カバー工法・玄関雨樋交換・棟修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 築約40年の2階建てご自宅1階部分の雨樋…

屋根修理
Before
After
I様邸外観(工事前)
I様邸外観(工事後)

横浜市港南区大久保 I様邸 雨漏り修理、平瓦葺き替え工事、外壁塗装、雨樋交換など

2022/10/18

先日、横浜市港南区大久保のI様よりご依頼をいただき、雨漏り修理、屋根葺替え、外壁塗装、雨樋交換、破風・笠木板金工事、門扉交換工事、内装工事を行いました。 工事のきっかけと解決策 …

屋根修理
Before
After
M様邸塗装工事施工前
M様邸塗装工事施工後

横浜市港南区大久保 M様邸 屋根塗装 外壁塗装 ポリカ張替え

2022/10/17

先日、横浜市港南区大久保のM様邸にておこなった屋根塗装および外壁塗装工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 M様は屋根材の一部が下に落ちているのを発見されて弊社に調…

屋根修理
Before
After
施工前写真
施工後写真

横浜市港北区日吉本町 S様邸 屋根修理 <ポリカ張替え工事>

2022/09/22

先日、横浜市港北区日吉本町のS様邸にておこなったポリカ張替え工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 S様は波板の劣化が気になっておられたところに、他社の塗装業者から…

その他

TOP