Loading...

屋根修理屋の屋根ブログ

スレート屋根について~メリットとデメリット

2022/07/07

今日は屋根材の中でも「スレート」についてご紹介します。
スレートは人気のある屋根材でここ横浜でもよく屋根に使われています。

スレート屋根とは?

スレートとは

本来スレートとは石(粘板岩)を指し、石でできたスレートを日本では天然スレートと呼びます。古くからヨーロッパの建築材料として使用されてきましたが天然石を使用していることもあり価格も高く、大量生産できないため日本の住宅ではほとんど使用されていません。
一般的な住宅の屋根に使用されているのは、セメントを主成分としてそこに繊維状の素材を混ぜて薄い板状にした「化粧スレート」です。
昭和36年に久保田鉄工株式会社(現ケイミュー株式会社)が販売開始して以来、化粧スレートは工場で大量生産が可能で、施工しやすく、軽量なため爆発的に普及しました。
セメントが主成分なため吸水しないよう施工時に塗装を行い塗膜で保護します。

戸建て住宅ではコロニアルという汎用商品(ケイミューの商品)やおなじくケイミューの販売するカラーベストが多用されており、その名称で呼ばれることも多いですが、基本的に同じものを指しています。
東日本ではコロニアル、西日本はカラーベストとよぶ人が多いようです。

スレートは製造された年代によって性能や性質が異なります。

1 第一世代スレート(~1990年ごろ)

アスベスト規制前の時代です。アスベストは耐久性に優れており、規制前には多くの建材に使用されていました。そのため割れにくくて寿命は長めです。
すでに販売注意されていますが、アスベストの処理に費用がかかるため葺き替え工事の費用が高額になってしまいます。
【耐久性】30~40年前後

2 第二世代スレート(1990年前半~2000年前半)

アスベストが含まれないスレート(ノンアス)。アスベストの代わりに繊維質を混ぜて成型しています。アスベストを含まない分、第一世代よりも耐久性に劣り、割れや欠けなどの不具合が多い傾向にあります。
【耐久性】15~20年前後

3 第世三代スレート(2008年以降)

第二世代を改良したスレートで、耐久性が向上しています。
【耐久性】30年前後

スレートのメリット

スレート屋根のメリットには以下のものがあります。
・軽量(陶器瓦の約1/2)
・価格が安い
・施工性に優れる
・応急処置が比較的容易
・カラーバリエーションや平板・波型などデザインも豊富

スレートのデメリット

スレート屋根のデメリットには以下のものがあります。
・薄い板状のため欠けやすく割れやすく、耐久性に欠ける
・瓦屋根に比べると断熱性に劣る
・屋根材そのものに防水機能がなく、定期的な塗装が必要

スレートのメンテナンス

スレート屋根は屋根材そのものに防水機能がないため、定期的な塗装が必要です。
塗料の種類にもよりますが新築から約10年が経過したら塗装によるメンテナンスを検討してください。
築10年〜15年が経過したら棟板金が劣化してきますので一度点検を受けてみてください。
スレート屋根の寿命は20~30年です。築20年〜30年が経過したら屋根そのものが傷んできますので、葺き替え工事やカバー工法を検討してください。スレートの下に敷かれている防水シートも寿命を迎えるころなので同時に交換することで屋根の防水性が高まり、建物そのものの寿命が延びます。

スレートは価格も安くデザインも選べるため人気の屋根ですが定期的なメンテナンスをしないと寿命より早く傷んでしまいます。
何年も屋根の点検をしていないという方、福田総業では屋根の無料点検を行っていますのでお気軽のご相談ください。

TOP