Loading...

その他施工実績

横浜市港南区大久保 I様邸 屋根葺替え、外壁塗装、雨樋交換、破風・笠木板金工事など

2022/10/18

I様邸外観(工事前)
I様邸外観(工事後)
I様邸屋根葺き替え前
I様邸屋根葺き替え後

先日、横浜市港南区大久保のI様よりご依頼をいただき、屋根葺替え、外壁塗装、雨樋交換、破風・笠木板金工事、門扉交換工事、内装工事を行いました。

I様の娘さんに弊社のInstagramをフォローしていただいており、実家の外壁にヒビが入ってるから見て欲しいとのご依頼をいただきました。
今まで古いお付き合いの工務店さんに工事を依頼していたそうですが、適切な施行がなされていなかった為に外壁や破風板などが酷く痛んでおり、笠木からは漏水している状態でした。
その後、内装工事なども追加でご発注をいただきました。

補修箇所ごとにご紹介します。

屋根葺き替え

補修前の屋根の状態です。
以前の屋根は平瓦(F型)を使用されていました。平瓦は平板瓦ともいい、通常の瓦のように波のないフラットタイプの瓦です。
棟にも同質の瓦の棟を使用していますがこちらにもひび割れが見られました。
かなり劣化が進行し、全体的に割れが発生し、コケも生えていました。劣化が進行してこのように割れが多くなると雨水が侵入し、下地も痛めてしまいます。

屋根を剥がすと瓦屋根を固定する瓦桟が腐食していました。下地材が全体に傷んでいたことと、屋根の軽量化をご希望されていたため、屋根の葺き替えを行います。

野地板張り増し防水シート施工

既存の屋根を剥がして腐食した瓦桟とともに撤去します。
上から新しい野地板を張っていきます。野地板は普段は屋根材に隠れて見えませんが、屋根を支える重要な箇所です。既存の野地板は張替えるほど傷んでいなかったため、上から重ね張りを行います。
野地板の上から新しいルーフィングを貼っていきます。
弊社では、一般によく使用されるアスファルトルーフィングよりも耐久性にすぐれた改質アスファルトルフィーングを使用しております。

横暖ルーフ施工

ルーフィングの上から屋根材を施工します。
今回使用したのは、横暖ルーフαs。素材はガルバリウム鋼鈑で、嵌合部にも断熱材が貼られており、耐久性と断熱性に優れた屋根材です。

棟にはガルバリウム板金を施工し、下地には木ではなく腐食しにくい人工樹脂を使用しました。

破風の劣化破風も修繕しました

劣化していた屋根の破風板もガルバリウム鋼板で補修を行っております。

雨樋も劣化が進んでいたため、費用対効果のバランスが良いアーバントップΣ90に交換しています。

外壁塗装・笠木の補修

笠木の釘から漏水笠木の漏水から外壁が劣化

左の写真のように、ベランダ横の笠木の釘が2本打ってある箇所(写真の赤丸)から漏水を起こしていました。

そして右の写真のように笠木の下の壁の中に水が溜まり外壁が酷く痛んでいる状態でした。
以前工事をされた工務店さんは、この漏水の原因となる笠木を修繕せずに外壁塗装を行ったために、より一層水が溜まりやすい状況(入った水が抜けるクラックなどが塞がった)になってしまい腐食範囲が広がったと考えられます。

外壁のひび割れ外壁の剥がれ

外壁にはひび割れ、剥がれが全体に見られました。

雨漏り修理を行う際には、漏水箇所を突き止めて修繕を行わないと、余計に内部の腐食が進行してしまいます。

外壁の下地補修

まずは高圧洗浄で全体に汚れを落とし、剥落箇所やひび割れなどの下地補修を行ってから、下塗りを行っていきます。
この下地補修は地味で見えなくなってしまう工程ですが、ここをおろそかにしてしまうと、塗った後で塗装が剥がれるなどの不具合が発生しまう重要な過程です。

下塗り、中塗り、上塗りと順に行っていきます。
下地となじませて、中塗りや上塗りがしっかり下地に密着させる役割があります。中塗りと上塗りで仕上げていきます。
外壁の塗料には耐久性と耐候性に優れるエスケー化研のエスケープレミアムシリコンを使用しました。

庇の塗装軒裏の塗装

軒裏、玄関の庇、換気扇などの附帯部も劣化が見られたため、必要な補修を行ってから塗装を行います。

笠木のガルバリウム鋼鈑による補修

漏水を起こしていた笠木もガルバリウム鋼板で修繕を行っております。

ベランダ防水工事

ベランダ防水工事前

ベランダも劣化が進み、カビが生えているため防水工事を行いました。
ベランダの表面が劣化するとコケやカビなどが生えやすくなります。
これはベランダの防水機能が劣化しているサインです。

ベランダ防水工事ベランダ防水工事

ウレタン塗装防水を施工しました。
液体状のウレタン樹脂を幾層も塗り固めて乾燥させて防水層を作ります。継ぎ目のない防水層ができあがります。狭い箇所でも形状や材質を問わずに施工が可能です。

門扉交換

門扉交換(交換前)門扉交換(交換後)

門扉も塗装の剥落など全体に劣化しており、外観を損なわずお洒落でリーズナブルな四国化成のブルーム門扉へと交換いたしました。

キッチン壁面補修

外壁・屋根・ベランダのみでなく、内装工事も追加でご依頼をいただきました。

壁面板金工事 工事前壁面板金工事 工事前

キッチンの壁面が、冷蔵庫から湿気により腐食を起こしていました。
壁面板金工事 工事あと壁面板金工事 工事前

上からガルバリウム鋼鈑を貼って補修しています。
工事の詳細は、「現場レポート:横浜市港南区大久保 I様 壁面板金工事」をご覧ください。

和室壁面改修

和室の壁の補修も行っております。

こちらは元の壁が聚楽(砂壁)でしたが、経年劣化により砂が落ちて禿げてしまっていました。

和室プラスターボード施工和室聚楽調クロス施工

今回は、下地にプラスターボードを施工し、上から聚楽(じゅらく)調クロスで仕上げました。
プラスターボードは、石膏プラスターを芯材として板状に形成した建築資材です。
プラスターボードで最も有名なものは石膏を主成分とした石膏ボードです。
このプラスターボートの上から聚楽調クロスを貼っていきます。
今回、聚楽の塗り直しは行わず、クロス仕上げにした理由は、クロス仕上げの方が価格が安く、また工期も一日と短く、そして劣化した際に安く簡単に張り替えられるというメンテナンス性の高さのためです。

工事中は悪天候の影響などもあり長期間足場をかけっぱなしになってしまうことや、門扉撤去の際に大きな音が出てしまう為、ご近所様への配慮やご挨拶などを徹底するように心がけました。

I様邸外観(工事後)I様邸工事完了

お客様にも漏水が止まり安心した、きれいになったとお喜びいただけました。
I様、この度は弊社にご依頼いただき誠にありがとうございました。

横浜市や近郊にて雨漏りが治らないなど雨漏り修理や、屋根葺替え、外壁塗装などお考えの方はぜひ一度福田総業にご相談ください。
雨漏りの元を調査し、雨漏りの原因を突き止め適切な施工を行います。

現場住所横浜市港南区大久保
施工内容屋根葺替え、外壁塗装、雨樋交換、破風・笠木板金工事、門扉交換工事、内装工事
施工箇所詳細屋根、外壁、付帯部、雨樋、破風、笠木、門扉、キッチン壁面、和室壁面
施工期間2ヶ月程度
使用屋根材1横暖ルーフαs
工事金額2,530,000円(税抜)
その他建材外壁→エスケープレミアムシリコン(エスケー化研)
雨樋→アーバントップΣ90
破風・笠木→ガルバリウム鋼板
門扉→ブルーム門扉5型[両開き](四国化成)
壁面(キッチン)→ガルバリウム鋼板
壁面(和室)→プラスターボード、聚楽調クロス

RELATED POSTS

Before
After
横浜市磯子区にて目隠し壁新設工事 施工前
横浜市磯子区にて目隠し壁新設工事 施工後

横浜市磯子区にて目隠し壁新設工事

2022/01/26

先日、横浜市磯子区にておこなった目隠し壁新設工事の様子をお届けいたします。   Before 通行人からあまり見えないように目隠しをして欲…

外壁工事
Before
After
横浜市旭区にて新築屋根・外壁工事 施工前
横浜市旭区にて新築屋根・外壁工事 施工後

横浜市旭区にて新築屋根・外壁工事

2022/01/20

先日、横浜市旭区にておこなった新築屋根・外壁工事の様子をお届けいたします。   Before まず、屋根材本体を施工する前に屋根の下地板、そしてその上…

外壁工事
Before
After
M様邸塗装工事施工前
M様邸塗装工事施工後

横浜市港南区大久保 M様邸 屋根塗装 外壁塗装 ポリカ張替え

2022/10/17

先日、横浜市港南区大久保のM様邸にておこなった屋根塗装および外壁塗装工事の様子をご報告します。 M様は屋根材の一部が下に落ちているのを発見されて弊社に調査をご依頼いただきまし…

外壁工事
Before
After
外壁モルタル工事から時間が経っています(正面)
金属サイディングのSF-ビレクトに貼り換えた状態

東京都大田区にて外壁張替え工事

2021/11/26

東京都大田区にて株式会社S様の外壁工事の張替え工事を行った様子をお届けします。 元々外壁モルタル仕上げだった外壁を、金属サイディングのSF-ビレクト(アイジー工業株式会社製)…

外壁工事

TOP