Loading...

屋根修理屋の屋根ブログ

床からの雨漏り?原因と対処方法

2023/01/06

こんにちは。横浜市港南区の雨漏り修理・屋根修理の専門店「福田総業」の広報担当です。

フローリングやカーペットなど床が濡れているときにはまず水漏れかと思われるかもしれませんが、雨が降った時だけ床が濡れる、そんな時は雨漏りが原因かもしれません。
雨漏りと聞くと屋根や天井といった場所から滴ってくるイメージがありますが、雨漏りの発生場所は多岐にわたります。
たとえ天井が湿っていなくても、別の場所から水が侵入して床に水が溜まることがあります。
床に影響が出る雨漏りについて原因と対処方法をご紹介します。

床からの雨漏り?原因と対処方法

床に水が溜まる場合に雨漏りとして考えられる発生箇所

屋内の床が室外の土やアスファルトよりも低い場合、適切な防水工事が行われていないと基礎となるコンクリートのつなぎ目から雨水が侵入して床下に水が溜まり、一定以上を超えると床まで侵入してきます。

外壁

外壁の隙間を埋めるコーキングが劣化したり、外壁のひび割れから雨が侵入するパターンです。特に横殴りの雨の時に外壁に吹き込み、内部に入った水が壁の内部を移動して雨漏りに発展します。

ドアや窓・サッシ

ドアや窓、サッシの枠の隙間を埋めるコーキングは紫外線などで劣化すると痩せたりひび割れを起こします。劣化したコーキングの隙間から雨が室内に侵入して床を濡らすことがあります。またサッシ枠を固定するネジ穴も雨が侵入することもあります。ネジが変形や歪みを起こしていると特に注意が必要です。

ベランダ

ベランダの排水溝にゴミや落ち葉が詰まっていると、ゲリラ豪雨などで大量の雨が降った時に水があふれてサッシの下から室内に侵入したり、下の部屋の壁を伝って床を濡らすことがあります。ベランダに常に水が溜まる場所があるとそこだけベランダの防水層の劣化が早く、劣化した箇所から雨漏りが起こりやすくなります。

雨漏りで床が濡れている時の対処方法

応急処置を行う

雨漏りで床が濡れている時の対処方法

とりあえず被害の拡大を防ぐために応急処置を行いましょう。
もしもどこかから水が落下したり染みてきている場合は、水をバケツで受けます。床にビニールシートを敷いて雑巾やタオル、吸水シートなどで水を吸い取ります。
近くにある電化製品や家具は移動させておきましょう。できる限り水を拭き取っておくとフローリングのシミを防げます。

雨漏り修理専門業者に依頼する

応急処置はあくまでも一時的なものなので、できる限り早めに雨漏り修理業者に原因の特定を依頼してください。
原因を特定して必要な修理を行わないと何度も繰り返して建物そのものを傷めてしまいます。
雨漏り修理業者に依頼する際には以下の情報があるとスムーズです。
発生箇所の写真など
発生場所など被害状況の記録
他に濡れている場所があるかどうか
あれば図面を用意

雨漏りを放置するとどうなるか?

雨漏りは放っておいても直ることはありません。建物のどこかに不備があり、そこから水が侵入しているということはまた同じ状況にあれば雨漏りが再度発生する可能性がきわめて高いです。
また、見えない箇所でどんどん進行している可能性も高く、放置すると様々な不具合を引き起こしてしまいます。

健康被害

建材に使用されている木材が湿った状態になるとカビが繁殖しやすくなります。
カビの中には気管支喘息やアレルギー性鼻炎など人体に有毒な症状を起こすものがあります。

シロアリの発生など

また湿った木材はシロアリにとっても好物です。シロアリの発生原因の80%は雨漏りと言われ、雨漏りが起こるとシロアリが発生しやすい環境になってしまいます。
シロアリはまず土台や柱などの下部から食べられてしまい、放置すると家を支える重要な構造材が被害を受けて床がぶかぶかするなどの症状が現れます。構造材がすかすかになってしまうと耐震性にも大きく影響が出てしまい、大きな地震で倒壊する危険もあります。

経済的損失

雨漏りの発生した物件は、「物理的瑕疵」という欠陥に該当し、資産価値を大きく下げてしまいます。
もしも将来売却を行いたい場合に、大きく不利になってしまいます。
また雨漏りは広範囲に広がり、構造材が腐食していた場合や、シロアリが発生した場合にはその修理費用は大掛かりなものになってしまいます。

雨漏りの二次被害について詳しくは下記の記事もご覧ください。

まとめ

雨漏りの症状は様々です。雨が降った時だけ床濡れているという時には雨漏りのサインかもしれません。
雨漏りは放置すると家に大きなダメージを与えてしまいます。
雨漏りのサインを見つけたら応急処置をしていただき、なるべく早く雨漏り修理業者にご連絡ください。

横浜市や周辺での雨漏り修理や雨漏り調査は、実績豊富な福田総業にお任せください。

合わせて読みたい記事

雨漏りの原因になりやすい?パラペットとは?

雨漏りの原因になりやすい?パラペットとは?

2022/08/18

こんにちは。横浜市港南区の屋根修理・雨漏り修理の専門店「福田総業」の広報担当です。 「パラペット」はもしかしたらあ…

サンルームの雨漏りの原因と補修方法は?

サンルームの雨漏りの原因と補修方法は?

2022/10/06

採光性の高いガラス張りのサンルームは、日差しを全身に浴びれて解放感がありますね。 洗濯物を天候を気にせず干せる、花粉を…

太陽光パネルは雨漏りしやすい?原因と対処法について

太陽光パネルは雨漏りしやすい?原因と対処法について

2022/10/07

最近では太陽光パネルを設置した住宅を多く見かけるようになりました。 2012年にスタートした政府が余剰電力を買い取る余…

最新の施工実績

Before
After
下屋傷み
スタンビー455

横浜市旭区さちが丘 S様邸 下屋葺き替え工事・軒天修繕工事

2022/12/20

先日、横浜市旭区さちが丘のS様邸にておこなった下屋葺き替え工事・軒天修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 こちらのお客様は、軒天の一部が黒ずんでいて痛んでいる…

屋根修理
Before
After
ドローン空撮屋根
横浜市大久保屋根塗装後写真

横浜市大久保 Y様邸 棟板金交換・屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事など

2022/12/13

先日、横浜市栄区大久保のY様邸にておこなった屋根の棟交換、屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 Y様は、ご近所で工事をしていた訪問…

屋根修理
Before
After
駐車場の屋根施工前
駐車場の屋根施工後

横浜市栄区庄戸 K様邸 雨漏り修理・駐車場屋根カバー工法・雨樋交換など

2022/12/07

先日、横浜市栄区庄戸のK様邸にておこなった駐車場屋根カバー工法・玄関雨樋交換・棟修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 築約40年の2階建てご自宅1階部分の雨樋…

屋根修理
Before
After
I様邸外観(工事前)
I様邸外観(工事後)

横浜市港南区大久保 I様邸 雨漏り修理、平瓦葺き替え工事、外壁塗装、雨樋交換など

2022/10/18

先日、横浜市港南区大久保のI様よりご依頼をいただき、雨漏り修理、屋根葺替え、外壁塗装、雨樋交換、破風・笠木板金工事、門扉交換工事、内装工事を行いました。 工事のきっかけと解決策 …

屋根修理
Before
After
M様邸塗装工事施工前
M様邸塗装工事施工後

横浜市港南区大久保 M様邸 屋根塗装 外壁塗装 ポリカ張替え

2022/10/17

先日、横浜市港南区大久保のM様邸にておこなった屋根塗装および外壁塗装工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 M様は屋根材の一部が下に落ちているのを発見されて弊社に調…

屋根修理
Before
After
施工前写真
施工後写真

横浜市港北区日吉本町 S様邸 屋根修理 <ポリカ張替え工事>

2022/09/22

先日、横浜市港北区日吉本町のS様邸にておこなったポリカ張替え工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 S様は波板の劣化が気になっておられたところに、他社の塗装業者から…

その他

TOP