Loading...

屋根修理屋の屋根ブログ

軽くて丈夫!金属屋根の種類について

2022/07/08

こんにちは。横浜市港南区にある雨漏り修理・屋根修理の専門店、福田総業です。
金属屋根は昔は雨音がうるさい、夏は暑く冬は寒いなどと言われてあまり利用する人はいなかったのですが、徐々に改良されて今では軽さと耐久性で人気の屋根材となっています。
私たち板金工事会社が主に扱うのがこの金属屋根です。金属屋根は金属を薄い板状に加工した屋根を指します。
今日はこの金属屋根の中でも6種類についてそれぞれの歴史や特徴をご紹介します。
金属屋根への葺き替えをお考えの方、金属屋根への理解を深めていただきぜひ屋根選びのご参考にされてください。

金属屋根が人気の理由

金属屋根が評価されたのは、震災によってでした。
昔は耐久性にすぐれた伝統的な瓦屋根が主流でしたが、2011年の東日本大震災発生によって軽量な屋根が注目を集めるようになり、一時期スレート屋根が人気となりますが、2010年代後半からはより軽量で耐久性の高いガルバリウム鋼板が主流となっていきます。
鋼板の他にも銅製やチタン製など様々な種類の金属屋根が存在しています。

ブリキ屋根

鋼鈑をスズでめっきしたものがブリキ屋根です。
ブリキは傷つきやすく、キズが付くとそこから錆びてしまうためあまり普及しませんでした。

トタン屋根

トタン屋根

ガルバリウム鋼鈑が主流になる前は金属屋根といえばトタン屋根でした。
トタンは鉄に亜鉛をめっき加工した鋼鈑です。亜鉛の防食作用によって錆びやすいという欠点を改善しています。
1923年の関東大震災によって多くの瓦が落下したため、軽量で防火性と耐久性に優れたトタンに注目が集まりました。しかし1960年代に世界中で酸性雨が社会問題化するとトタンの脆弱性が問題となります。
トタンには亜鉛が溶けることで発揮する防食作用がありますが、亜鉛が溶けてなくなってしまうともはや効果を発揮できません。そのため錆びにくいといっても瓦屋根などには及ばす、腐食してまうとそこから雨漏りが発生しやすくなってしまいます。

ガルバリウム鋼鈑

ガルバリウム鋼鈑

現在金属屋根の中でもっともよく使用されているのがガルバリウム鋼鈑の屋根です。
ガルバリウム鋼鈑は1972年にアメリカで開発され、1982年に日鉄鋼鈑株式会社が日本で初めて商品化しました。
ガルバリウム鋼鈑は0.4mm程度の鋼鈑にアルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%のめっきを施したものです。
アルミニウムには亜鉛が溶けた穴を埋めてくれるという保護作用があり、亜鉛が溶けてなくなってしまうという弱点を、アルミニウムを混合することで補っています。
ガルバリウム鋼鈑は耐久性が高く、アルミニウムの効果によって錆にも強い特徴があります。

ガルバリウム鋼鈑について詳しくは下記の記事をご覧ください。

銅板屋根

銅板屋根

銅板屋根は桃山、江戸時代から登場した歴史ある屋根材です。
城や神社仏閣や武士・商人など裕福な家庭に使用されていました。銅は柔らかいため加工がしやすく装飾性も高いのが特徴です。
銅は酸化すると酸化銅となり、緑青(ろくしょう)という趣のある色になります。最初はピカピカの赤橙色から褐色、そして落ち着いた緑青へと色の変化を楽しむことができます。
また緑青には銅内部の腐食を防いで耐久性を高めてくれる効果もあります。
塗装の必要がないため、屋根の寿命は30~60年以上とも言われている高耐久の屋根材です。
ただし高価で加工に技術を要するため普及率はとても低いです。

ステンレス

ステンレスは鉄に炭素1.2%、クロム10.5%を含む合金です。
ステンレスは錆びにくいため、キッチンなどの水回りによく使用されています。他にも耐久性が高くメンテナンスフリーで屋根の寿命は50年とも言われています。
ただし価格が高価で表面が傷つきやすいという点があり普及率は高くありません。

チタン屋根

チタン屋根

チタンは屋根材の中でもっとも耐久性が高いと言われています。
チタンは1910年にアメリカの科学者が純度99.9%のチタンを抽出することに成功し、これによって「金属チタン」が誕生しました。建築の分野では1970年代から使用されており、鉄や銅に比べると比較的新しい素材です。
強度が強く、熱伝導率が低いため熱にも強く、錆びにも強いため非常に高い耐久性を誇ります。
その高い耐久性とメンテナンスフリーの性質が注目され、近年では浅草寺本堂など神社や仏閣の屋根の改修にチタンが使われるようになってきました。
ただし加工が難しく高価なためあまり一般的には使用されていません。

まとめ

今回は金属屋根の種類についてご紹介しました。
金属屋根の天敵は錆なので金属屋根の歴史は錆との闘いの歴史とも言えます。
金属屋根にリフォームされる場合に最もおすすめはガルバリウム鋼鈑です。足場を何度も立てられないような大型の建物の場合にはメンテナンス回数の少ないチタン屋根がおすすめです。
屋根リフォームでどんな屋根にすればいいのか悩まれた際にはお気軽に福田総業にご相談ださい。

福田総業は特に金属屋根の加工に強い屋根専門の屋根職人です!

合わせて読みたい記事

ガルバリウムを超える!新世代素材「SGL」とは?

ガルバリウムを超える!新世代素材「SGL」とは?

2022/07/21

こんにちは、横浜港南区の雨漏り修理・屋根修理の専門店、福田総業です。 大雨が降ったり晴れたり落ち着かない天気ですね…

トタン屋根とは? 修理やメンテナンスについて

トタン屋根とは? 修理やメンテナンスについて

2022/08/31

こんにちは、横浜の屋根修理・雨漏り修理専門店、福田総業です。 現在では金属屋根といえばガルバリウム鋼鈑が主流ですが…

スレート屋根について~メリットとデメリット

スレート屋根について~メリットとデメリット

2022/07/07

こんにちは。横浜市港南区の雨漏り修理・屋根修理業者「福田総業」の広報担当です。 スレートはコロニアルやカラーベストとも…

最新の施工実績

Before
After
下屋傷み
スタンビー455

横浜市旭区さちが丘 S様邸 下屋葺き替え工事・軒天修繕工事

2022/12/20

先日、横浜市旭区さちが丘のS様邸にておこなった下屋葺き替え工事・軒天修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 こちらのお客様は、軒天の一部が黒ずんでいて痛んでいる…

屋根修理
Before
After
ドローン空撮屋根
横浜市大久保屋根塗装後写真

横浜市大久保 Y様邸 棟板金交換・屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事など

2022/12/13

先日、横浜市栄区大久保のY様邸にておこなった屋根の棟交換、屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 Y様は、ご近所で工事をしていた訪問…

屋根修理
Before
After
駐車場の屋根施工前
駐車場の屋根施工後

横浜市栄区庄戸 K様邸 雨漏り修理・駐車場屋根カバー工法・雨樋交換など

2022/12/07

先日、横浜市栄区庄戸のK様邸にておこなった駐車場屋根カバー工法・玄関雨樋交換・棟修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 築約40年の2階建てご自宅1階部分の雨樋…

屋根修理
Before
After
I様邸外観(工事前)
I様邸外観(工事後)

横浜市港南区大久保 I様邸 雨漏り修理、平瓦葺き替え工事、外壁塗装、雨樋交換など

2022/10/18

先日、横浜市港南区大久保のI様よりご依頼をいただき、雨漏り修理、屋根葺替え、外壁塗装、雨樋交換、破風・笠木板金工事、門扉交換工事、内装工事を行いました。 工事のきっかけと解決策 …

屋根修理
Before
After
M様邸塗装工事施工前
M様邸塗装工事施工後

横浜市港南区大久保 M様邸 屋根塗装 外壁塗装 ポリカ張替え

2022/10/17

先日、横浜市港南区大久保のM様邸にておこなった屋根塗装および外壁塗装工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 M様は屋根材の一部が下に落ちているのを発見されて弊社に調…

屋根修理
Before
After
施工前写真
施工後写真

横浜市港北区日吉本町 S様邸 屋根修理 <ポリカ張替え工事>

2022/09/22

先日、横浜市港北区日吉本町のS様邸にておこなったポリカ張替え工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 S様は波板の劣化が気になっておられたところに、他社の塗装業者から…

その他

TOP