Loading...

屋根修理屋の屋根ブログ

雨漏りを起こした時の応急処置の方法とは?

2022/09/13

突然雨漏りが発生したらびっくりして不安になりますよね。
雨漏りが起こってしまったとき、なるべく早く専門家に修理を頼むのが一番なのですが、とりあえず家の床や家具が濡れることが防ぐことも大切です。
まずは身近にあるもので、修理までの間に応急処置を行うことで二次被害を防止することができます。

雨漏りを起こした時の応急処置の方法とは?

雨漏りによる二次被害に関してはこちらをご覧ください。

屋内での雨漏りの応急処置

天井から雨水が落ちてくる場合

天井からしたたる水は不安になり、床や家具も濡れてしまって大変なストレスです。
床に水がかかると下に浸み込み、床が腐食する原因にもなってしまいます。
まずはバケツなどの深めの入れ物と、雑巾や不要なタオル、そしてレジャーシートを用意してください。
雨漏りしている場所にレジャーシートを敷き、上にバケツを置いて水を受けます。この時バケツの中に雑巾や新聞紙を敷くと雨が飛び散りにくくなります。
雑巾の代わりに吸水力のあるおむつやペットシートを使用するとより効果があります。
水はこまめに捨ててください。

天井から広範囲に雨漏りしている場合

広範囲から雨漏りしている場合には、大きいビニール袋の底に穴をあけて筒状にし、雨漏りをしている場所をビニール袋で囲うようにしてビニール袋の端を天井に養生テープなどで止めます。
ビニール袋を大きな筒のようにするイメージです。その下にバケツを置いて雨水を受けます。
もしもビニール袋が天井から床まで届かない時には、複数のビニール袋をつなげてください。
下にくるビニール袋が外側になるよう、数センチ重ねて上からテープで止めてください。

窓枠やサッシからの雨漏り

窓枠やサッシから水がじわじわ漏れてくる場合は、カーテンをはずして、漏れている部分に雑巾を置いて雨水を吸い取ってください。
こちらもおむつなどの吸水シートがあれば、そちらの方が取り換える手間が雑巾よりも省くことができます。
カーテンはずっと濡れたままだとカビが生えるため取り外しておきましょう。
濡れている窓枠の下にビニールシートなどを置くと雨水の広がりが抑えられます。

家具付近から雨漏りしている場合

大切な家具や家電付近から雨漏りしている場合は、安全な場所に移動をさせるか移動が難しい場合は、上からレジャーシートや大きなビニール袋をかぶせて濡れないように保護してください。
複数枚使用して継ぎ目ができる場合は、継ぎ目のない場所が上にくるようにしてください。

屋外での雨漏りの応急処置

屋外で行う雨漏りの応急処置には危険が伴います
実際に台風などの災害後に被災した屋根を補修しようとして屋根から落ちる事故も多いため、とても危険な作業です。
雨漏り修理に必要な専門知識と経験がない場合、DIYによって余計に雨漏りがひどくなるようなケースもあるため、修理は専門家にご依頼ください。
プロの作業員でも、屋根・屋上からの転落死亡者は毎年100名程度おり、さらにスレート等の屋根の踏み抜きと合わせると179名となります。プロでも大変に危険の伴う行為です。(数字は「建設業における労働災害発生状況 第1章」厚生労働省より)
もしも作業を行う場合には、必ず下記の条件を満たす場合のみ行ってください。
・雨がやんでいる
・風が吹いてないか微風である
・屋根が渇いている
・一人では作業しない(二人以上で作業する)
・屋根の端は歩かない
・ヘルメットの装着、滑りにくい靴、ゴム手袋など作業に適した安全な服装で行う

また屋根が傷んでいてぼろぼろの場合は足場がゆるく危険なため作業は控えてください。

はしごをかける場合には以下の点を注意してください。
・はしごは75度の角度でかける
・雨どいの支持器具とはしごの上部を丈夫なひもで固定する
・水平な軒先にかける
・はしごの上り下りなど必ず二人組で行う

屋根のどこから雨漏りしているかわからない場合は、ブルーシートで覆って、端を土嚢で抑える方法があります。
土嚢は土嚢袋に土や砂(雨で流れるくらい細かいものはNG)をいれたものですが重さ約20~30キログラムにもなり、これを屋根の上まで上げるのは大変危険な作業となり、おすすめしません。

雨漏りしている場所が明確な場合は、雨漏りしている場所を雑巾できれいにふいたあと、空気がはいらないように防水テープでふさぐ方法もあります。

応急処置はあくまでも一次処置

応急処置はあくまでも一時的なもののため、雨漏りが直ったわけではありません。
早めに専門業者に依頼をして、原因と発生個所を特定し、修理をすることが家を守ることにつながります。

横浜で雨漏りにお悩みの方、一度福田総業にご相談ください。

TOP