Loading...

屋根修理屋の屋根ブログ

屋根の種類について~雨漏りしにくい屋根とは?

2022/11/24

こんにちは、横浜の雨漏り修理・屋根修理専門店「福田総業」です。

一口に屋根といっても非常に多くの形の屋根があります。
ある地域では同じような屋根が並んでいる姿を見ることもあれば、バラバラで個性的な街並みを見ることもできます。
時代や歴史によって屋根の形も変化してきましたが、現在では多種多様な屋根の種類が存在しています。
屋根の形は家の印象を決める大切な要素ですが、他にも形状によって機能や特徴が異なっています。
雨漏りしやすいかどうかなど、代表的な屋根について特徴をご紹介します。

切妻屋根

切妻屋根

一番オーソドックスな屋根の形と言えるのがこちらです。
本を開いて伏せたような形状で、屋根は二面で構成されており、シンプルな三角屋根です。
シンプルであるがゆえに、頂点である棟から二方向に雨が流れて排水しやすく雨漏りリスクの低い屋根です。
メンテナンス費用も安く、シンプルなため施工費用も安くなりコストパフォーマンスの高い屋根です。
切妻屋根のメンテナンスポイントは、屋根の接合面である棟(大棟)、ケラバ、軒先、破風板です。
切妻屋根について詳しくはこちらをご覧ください。

寄棟屋根

寄棟屋根

寄棟屋根は、屋根の頂点から四方向に傾斜があり、四面で形成されている屋根です。切妻屋根に並んでよく見られる屋根ですね。
切妻屋根の妻側にそれぞれ屋根を一面ずつ足した形状をしています。
切妻屋根よりも雨の流れを四面に分散できるため排水溝率が高くなります。
また四面に軒を設置できるので、その分雨漏りリスクも下がり、建物の耐久性も上がります。
施工費用は屋根面が多くなる分高くなりますが、頑状な屋根なのでその分の価値はあると言えるでしょう。
ただ屋根が多い分接合面が増えており、その分雨漏りリスクは高くなります。頂点の大棟の他に、大棟から下っていくそれぞれの屋根の接合面を下り棟といいます。
大棟とこの下り棟が合わさるところを「かき合い」と呼び、非常に雨漏りがしやすい箇所です。
寄棟屋根について詳しくはこちらをご覧ください。

方形屋根

方形屋根

寄棟屋根の棟がない屋根を方形屋根と言います。
屋根の頂点部分が点となっており、緩やかなピラミッドのような形状をしています。
屋根が四面あるため排水機能が高く雨漏りにも比較的強いですが、寄棟屋根と同じく接合面が多いためその分メンテナンスポイントが多くなります。
方形屋根について詳しくはこちらをご覧ください。

入母屋屋根

入母屋屋根

入母屋屋根とは、寄棟屋根の上に、もう一つ切妻屋根が載ったような形状をしています。
瓦屋根でよく見られ格式高く、日本家屋らしい屋根です。耐風性や断熱性に優れ、湿気の溜まりやすい屋根裏の通気性を確保しやすい反面、複雑な形状のためまた施工コストも高くなります。
さらに接合面も多くなるので分雨漏りリスクも高まります。大棟や下がり棟、屋根の上に屋根が載っている合わせ部分など雨漏りに注意する部分が多くなります。

片流れ屋根

片流れ屋根は建物の丈夫を斜めに切ったような形状をしており、一面の屋根が片方に傾斜しています。
そのシャープでシンプルな形状から特に若い世代に人気があり、最近よく見かけるようになったはやりの屋根です。
屋根が一面なのでスペースをとらず、住宅密集地で重宝され、シンプルな形状であることから施工費用も安く抑えられます。またソーラーパネルも設置しやすいメリットがあります。
形状がシンプルで接合面も少ないため雨漏りに強そうですが実はそうではなく、雨漏りリスクはかなり高い屋根です。
理由は、片流れ屋根では勾配の高い方の屋根が棟となり、この棟のすぐ下は外壁となっています。本来なら棟に降った雨は屋根を流れて雨樋へと排水されますが、片流れ屋根の場合は片方の棟の下が外壁であり、棟に降った雨水が伝い水となって野地板の露出部分や、軒天と外壁の取り合いから侵入して雨漏りへと発展するケースが非常に多いのです。
また片流れ屋根には軒の出が全くない、もしくは小さい屋根が多くそのことも雨漏りリスクを高めています。
片流れ屋根の雨漏りリスクについて詳しくはこちらをご覧ください。

陸屋根

陸屋根

陸屋根(りくやね、もしくはろくやね)とは、屋根部分が平らになった屋根のことです。
陸屋根は屋上として活用できるため、屋上庭園や物干し場として活用できる点が大きなメリットです。
元々アパートやマンションなどの集合住宅で多く見られましたが最近ではモダンな見た目から戸建て住宅でも人気があります。
こちらもシンプルな形状ですが屋根に傾斜がないため、雨が溜まりやすく雨漏りリスクの高い屋根です。
そのため防水工事をしっかりと行い、定期的なメンテナンスをすることで雨漏りを防止する必要があります。
さらに軒がないため、その分外壁が雨に晒され、外壁からの雨漏りリスクも高まります。

招き屋根

招き屋根

招き屋根とは、切妻屋根の片面を短くした屋根です。片流れ屋根のデメリットを切妻屋根で補っており、ローコストで屋根裏が多くとれてデザインがシャープであるとメリットの多い屋根です。
屋根が段違いになっている屋根も招き屋根、もしくは差し掛け屋根とも呼ばれます。
こちらは屋根が段違いになっているため、段になった外壁部分に窓を設置することができ、おしゃれなデザインを楽しみつつ、採光や屋根裏スペースを多くとることができます。
ただ段になった部分の屋根と外壁の取り合い部分から雨漏りしやすく、雨仕舞をしっかり行うことが重要となります。

雨漏りに強い屋根は?

いくつか代表的な屋根の形状を紹介しました。
雨漏りに強いのはシンプルでオーソドックスな切妻屋根といえます。
屋根の接合面が二面で排水でき、軒の出も出せるため外壁を守ることも可能です。
雨漏りというと屋根だけを意識しがちになりますが、屋根で外壁を守るということも重要です。
雨漏りしやすい屋根の場合も、しっかりとメンテナンスを行うことで雨漏りを予防できます。
屋根は普段目に入らない場所のためつい放置しがちですが、けして永遠に持つものではありません。
そのため定期的に点検を受けることで早めに劣化箇所を発見して修理を行うことが雨漏りを防ぎ、思わぬ高い修理費用がかからないようにするために有効です。

横浜で屋根の点検やメンテナンス、修理は福田総業にお任せください。

TOP