Loading...

屋根修理屋の屋根ブログ

今人気がある屋根は?屋根の形状と屋根材のトレンドについて

2022/12/05

こんにちは、横浜の雨漏り修理専門店・福田総業です。
朝晩の寒さが一気に冬らしくなってきました。

屋根の種類についてご紹介しておりますが、今どんな屋根が人気なの?みんなが選んでいるのはどの屋根?ということが気になる方も折られるのではないでしょうか?
今日は屋根のトレンドの移り変わりと、今人気のある屋根についてご紹介します。

今一番人気のある屋根は?

下記は、長期固定金利住宅ローン「フラット35」の設計検査を受けた新築一戸建て住宅を対象に行った調査結果です。

フラット35住宅仕様実態調査報告

参照:フラット35住宅仕様実態調査報告
平成7年度(1995年)に最も多い屋根は寄棟屋根でした。
寄棟屋根は四面に屋根のある、雨や風に強い耐久性のある屋根です。
そこから一時期切妻屋根が48%と全体の約半数にまで増えますが、平成19(2007)年ごろから増えてきた片流れの勢いに押される形で今は全体の約40%となっています。
現在では片流れ屋根は全体の約30%を占めており、反面寄棟屋根は13%程度に減少しています。

片流れ屋根が人気の理由

この背景として、太陽光発電の普及によって全面に設置できる片流れ屋根が人気を集めたことと、またメーカー側が施工費用を押さえて施工できる点、そしてスタイリッシュでシンプルなデザインが人気を集めたという背景が考えられます。
また、外装材や外壁材の耐久性が高まったことも原因の一つとして上げられています。

片流れ屋根の雨漏りリスク

片流れ屋根

人気の片流れ屋根ですが、築10年以内の雨漏りをした建物の約7割が片流れ屋根であるという瑕疵保険調査結果があるように、雨漏りリスクの高い屋根です。
おしゃれで今風のデザインが実現できますが、雨漏りリスクが高いというデメリットがあります。
雨漏りにもっとも強い屋根は、シンプルな屋根面が二面で構成されている切妻屋根です。スタンダードな形状であり、世界中で長く採用されている形状にはそれだけの理由があります。また、今は減少している寄棟屋根も、風や雨に強く、軒の出を四面に出せることから外壁との取り合い部分をしっかり保護でき、また外壁に直接雨が当たることを避けることができます。
建物にとって雨は大敵です。雨から守ることが建物を守ることへとつながります。
屋根は接合面が多くなり複雑な形状であるほど、取り合い部分や物が増え、それだけ雨漏りリスクも増大します。
片流れ屋根はまだ新しく、実績も少ないのが現状であり、日本住宅保証検査機構(JIO)が雨漏りによって保険金を支払った事例においては、片流れが約7割を占めているというように、雨漏りしやすい屋根として認知されつつあります。

片流れ屋根の雨漏りリスクについて詳しくはこちら

今多く使われている屋根材は?

同じくフラット35の住宅仕様実態調査報告から、屋根材のシェアについても見ていきたいと思います。

フラット35の住宅仕様実態調査報告

参照:フラット35住宅仕様実態調査報告
平成7年度(1995年)には、スレートが46%と新築住宅では一番のシェアを占めていました。
スレートは昭和36年(1961年)に当時の久保田鉄工株式会社(現ケイミュー株式会社)が販売を開始した屋根材です。
瓦よりも軽く、安価であり、デザインやカラーバリエーションが豊富なため、長らく人気を誇ってきました。
ご自宅がスレートだという人も多いのではないでしょうか?

スレートのアスベスト問題で一時瓦がシェアを盛り返す

しかしスレートを含めた多くの建材では、アスベストの健康被害に関する問題が顕在化するまでは、アスベストが耐久性をもたせるために多くの商品に含有されていました。
2000年代初期ににアスベスト問題が取りざたされるようになると、瓦屋根材にシェアを抜かれるようになります。
この時期に作られたスレート屋根材は、かわらUニチハパミールのように、アスベストと同等に耐久性を上げる技術が開発されておらず、耐久性そのものに問題がある商品がありました。
しかしその後震災の影響で瓦屋根の耐震性への影響や、スレートが改良されて十分な耐久性を持ったものが販売されてきたことにより再びシェアを回復しています。

現在では軽くて丈夫な金属屋根がシェアを伸ばす

震災の影響によって屋根の軽量化が注目されたことによりシェアを延ばしてきたのが金属屋根材です。
特に瓦の約1/10の軽さで、トタンの3~6倍錆びにくく改良されたガルバリウム鋼板や、ガルバリウム鋼板をさらに改良したSGLを使った屋根材が大きくシェアを延ばしています。
こちらのデータは新築で使用される屋根材ですが、スレートをリフォームされる際には、金属屋根へとカバー工法や葺き替えを行う方が圧倒的に多くなっています。
スレートよりも軽く、耐久性もガルバリウム鋼板で20~30年、SGLは30~450年と高い金属屋根は、特に屋根の上に屋根を被せるカバー工法ではおすすめの屋根材です。



まとめ

新築物件で施工されている人気の屋根の形状と屋根材についてご紹介しました。
マイホームを建てるときにどうしても見た目のかっこよさやデザインに目が奪われがちですが、屋根は家を守る大切な箇所です。
雨漏りリスクや、耐震性など機能面も考慮していただくことで、より安心して生活していくことができます。
どんな屋根の形状や屋根材にも完璧なものはありません。
屋根は常に紫外線や風雨に晒されているため、知らないうちに日々劣化しています。
10年に一度を目安に定期点検していただくことでより安心してお過ごしいただけます。

横浜市で屋根の無料点検や屋根リフォーム、雨漏り修理をお考えの方はお気軽に福田総業までご相談ください。

合わせて読みたい記事

波板屋根が壊れたら?種類や修理方法について

波板屋根が壊れたら?種類や修理方法について

2022/12/16

カーポートやベランダの屋根によく使用されている波板屋根。 他にも駐輪場や簡易な駐車場の屋根、目隠しフェンスなどにも使用…

寄棟屋根のメリットデメリット~雨漏りリスクはどのくらい?

寄棟屋根のメリットデメリット~雨漏りリスクはどのくらい?

2022/11/28

住宅を建てる際に寄棟屋根にしようか悩まれている方、あるいは家が寄棟屋根でどのようなメンテナンスが必要か悩まれている方もお…

折板(折半)屋根のメンテナンスについて~カバー工法・葺き替え・塗装~

折板(折半)屋根のメンテナンスについて~カバー工法・葺き替え・塗装~

2022/10/21

「折板(折半)屋根」と聞いてピンとくる方はあまり多くないかもしれません。 自転車置き場やプレハブ、倉庫や体育館などに使…

最新の施工実績

Before
After
下屋傷み
スタンビー455

横浜市旭区さちが丘 S様邸 下屋葺き替え工事・軒天修繕工事

2022/12/20

先日、横浜市旭区さちが丘のS様邸にておこなった下屋葺き替え工事・軒天修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 こちらのお客様は、軒天の一部が黒ずんでいて痛んでいる…

屋根修理
Before
After
ドローン空撮屋根
横浜市大久保屋根塗装後写真

横浜市大久保 Y様邸 棟板金交換・屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事など

2022/12/13

先日、横浜市栄区大久保のY様邸にておこなった屋根の棟交換、屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 Y様は、ご近所で工事をしていた訪問…

屋根修理
Before
After
駐車場の屋根施工前
駐車場の屋根施工後

横浜市栄区庄戸 K様邸 雨漏り修理・駐車場屋根カバー工法・雨樋交換など

2022/12/07

先日、横浜市栄区庄戸のK様邸にておこなった駐車場屋根カバー工法・玄関雨樋交換・棟修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 築約40年の2階建てご自宅1階部分の雨樋…

屋根修理
Before
After
I様邸外観(工事前)
I様邸外観(工事後)

横浜市港南区大久保 I様邸 雨漏り修理、平瓦葺き替え工事、外壁塗装、雨樋交換など

2022/10/18

先日、横浜市港南区大久保のI様よりご依頼をいただき、雨漏り修理、屋根葺替え、外壁塗装、雨樋交換、破風・笠木板金工事、門扉交換工事、内装工事を行いました。 工事のきっかけと解決策 …

屋根修理
Before
After
M様邸塗装工事施工前
M様邸塗装工事施工後

横浜市港南区大久保 M様邸 屋根塗装 外壁塗装 ポリカ張替え

2022/10/17

先日、横浜市港南区大久保のM様邸にておこなった屋根塗装および外壁塗装工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 M様は屋根材の一部が下に落ちているのを発見されて弊社に調…

屋根修理
Before
After
施工前写真
施工後写真

横浜市港北区日吉本町 S様邸 屋根修理 <ポリカ張替え工事>

2022/09/22

先日、横浜市港北区日吉本町のS様邸にておこなったポリカ張替え工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 S様は波板の劣化が気になっておられたところに、他社の塗装業者から…

その他

TOP