Loading...

破風板とは?破風からの雨漏りの原因や補修方法

2022/12/07

こんにちは、横浜市の雨漏り修理・屋根修理専門店「エフ・エス屋根」の広報担当です。
「破風」という聞いてどの場所がわかるという方は少ないかもしれません。
訪問営業の人に「破風が劣化している」と指摘されて本当にその修繕が必要なのかと悩んでおられる方もおられるのではないでしょうか?
破風に取り付ける板を破風板といい、屋根を守るために重要な役割をしています。
今回はこの破風板の役割や目的、破風からの雨漏りを防ぐためのメンテナンス方法についてご紹介いたします。

破風・破風板とは?

破風は、切妻屋根や入母屋屋根で、屋根の両端(妻側)の三角部分を指します。
この破風に取り付ける板のことを破風板と言います。
破風板によく似た箇所に、鼻隠しがあります。
破風板は屋根の妻側の建物よりも出た部分であるケラバの下側面に取り付けられる板を指し、鼻隠しは妻側の反対側、平側の建物よりも出て入る部分である軒先の下側先端に取り付けられる板を指します。
同じような箇所でも、妻側と平側では呼び方が異なるのでややこしく感じられますね。
軒と鼻隠し部分には雨樋が取り付けられますが、ケラバと破風には雨樋がないのが一般的です。

懸魚

神社仏閣など昔ながらの和風建築では、意匠を凝らした破風板を見ることができます。破風の三角形の頂点を「拝み」といい、この頂点の下部分に取り付けられた飾りを「懸魚(げぎょ)」といいます。懸魚は棟木や桁の木口を隠す目的として付けられています。

破風板の役割

破風板は何のために設置されているのかご紹介します。

雨水の侵入を防ぐ

破風板は妻側の垂木を隠すために付けられており、この先端部分に板を付けることで、垂木などに直接雨が当たらないようにしています。
また、強風時などに吹き込んだ雨が外壁と屋根の接合部に直接当たるのを避け、建物内部に雨が侵入するのを防いでいます。

耐風性の向上

軒先やケラバは下からの風に弱いため、下から吹き込んでくる風を分散して文字通り「風を破る」役割があります。

延焼を防ぐ

また破風板には延焼を防ぐ役目もあります。
火は下から上へ上がってくるため、耐火性の高い破風を設置することで、防火対策のなされていない屋根裏へ火がまわることを防いでいます。
昔は厚みのある木材が使用されていましたが現在では金属系や窯業系が使用されています。

破風板の素材の種類

破風「板」と呼ばれていますが、素材は木材だけではなく様々な者が使用されるようになりました。

木材

昔は破風板といえば木材が使用されていました。特に強度や燃えにくさを重視して厚みのあるものが使用されています。
主な木材の種類はスギが使用されており、塗装をして劣化から保護しています。木材は傷みやすい素材のため、他の素材よりも頻繁に塗装を行ってメンテナンスをする必要があります。また他の素材よりも耐火性や耐久性が劣るため最近では減少傾向にあります。

金属系

金属系の破風板で一般的なのがガルバリウム鋼板です。ガルバリウム鋼板は薄い鉄の板に錆びにくい合金でメッキをした金属です。
金属系破風板は、木材の上にこのガルバリウム鋼板を撒いて仕上げています。
トタンの3~6倍錆びにくく耐久性や耐火性にも優れています。

窯業系

最近よく使用されているのが耐久性と耐火性に優れた窯業系の破風板です。
窯業系とは窯業系サイディングと素材的には同質です。メインの素材であるセメントに繊維質を混ぜ高温・高圧の釜で焼き上げます(窯で焼くため窯業系と呼ばれます)。
窯業系サイディングも塗装によるメンテナンスが必要なように、窯業系破風板も10年に一度再塗装をしてメンテナンスを行う必要があります。

破風の劣化原因

破風の劣化原因:紫外線や雨風

破風と紫外線のイメージ

破風は雨や風から守る役割がありますが、その分雨や風の影響を受けやすい場所とも言えます。
他にも特に南側に破風がある場合には紫外線によって表面を保護する塗膜や継ぎ目のシーリングが劣化していきます。
金属製の場合は雨によって錆が起こる可能性があります。

破風の劣化原因:強風

破風の役割である強風から守るという性質から風の影響も受けやすく、強風を受け続けることで劣化が早まり、脆くなったところに強風にあおられて剥がれしまうこともあります。

破風の劣化原因:積雪

フラットルーフ方式
雪やつららが破風に付着している状態が続くと破風がずっと水分を含んだままになり破風の腐食などの劣化を早めてしまいます。

破風の劣化症状

破風の劣化症状には下記のようなものがあります。

破風の色褪せや塗膜の剥がれ・ひび割れ

相模原市にて破風板金・雨樋工事

破風が劣化するとまずは表面に色褪せが起こります。
これは破風板の表面に塗装されている塗料が紫外線などによって劣化を起こすためです。表面の塗料は塗膜を作り、塗料の持つ防水性によって雨から保護しています。
色褪せが進行すると塗料が剥がれたり、ひび割れが起こる場合があります。
色褪せや塗料剥がれは初期の劣化症状のためこの時点で塗装を行うと費用も安くなります。

シーリングの劣化

三角形の頂点部分など破風の継ぎ目部分には隙間を埋めるシーリングが充填され、隙間から雨水が侵入しないようになっています。
しかしシーリング材は紫外線によって劣化しやすく、ひび割れや縮みが発生します。そうして発生した隙間から雨水が入り込んで破風が傷んでいきます。

破風の歪みや反り

破風の中に少々雨水が侵入しても、日光によって乾燥するためすぐに腐食を起こすわけではありません。しかし破風が雨水を吸収して膨張、乾燥による収縮を繰り返すと破風が反りや歪みなどの変形を起こすことがあります。そうして生じた隙間からさらに雨水が侵入してしまいます。

破風の腐食

破風の劣化

水が定期的に侵入するようになると腐食を起こします。また金属の場合は錆につながります。
破風だけではなく、屋根や軒天などに腐食が広がる場合もあるため腐食をしないうちに早めに修理や交換が必要です。

軒天の腐食や雨漏り

破風が腐食を起こすと影響を受けやすいのが軒天です。軒天が劣化すると軒天の剥がれやカビなどの劣化症状が現れます。
軒天まで腐食して雨水が多く侵入するようになると室内への雨漏りや、外壁などにも影響がおよぶことがあります。特に軒の出が短い家の場合には、軒天からの雨漏りが室内に出る可能性が高くなります。

破風板からの雨漏りを防ぐメンテナンス

相模原市にて破風板金・雨樋工事

破風は屋根のない妻側に設置されるため、鼻隠しより紫外線や風雨の影響を受けやすく劣化の激しい箇所でもあります。
切妻屋根は雨漏りに強い屋根であることを紹介しましたが、傷みやすい箇所である破風のメンテナンスは重要です。
破風板の劣化症状は、塗装の色褪せや剥がれ、ひび割れ、金属系破風板の場合は錆などがあげられます。
こうした劣化を放置すると破風板が破損し、内部に雨水が侵入して内部腐食や、雨漏りを引き起こしてしまいます。
下記に破風板の状態ごとの修理やメンテナンス方法をご紹介します。

破風板の再塗装

破風板の塗装が剥がれているなど塗装が劣化しており、破風板そのものに大きな傷みがない場合には再塗装することで防水性と耐久性を回復します。
木材、金属系、窯業系のいずれでも行える方法です。

破風板を金属で巻く(カバー工法)

木材系の破風板が塗装では治せないくらい傷んでしまった際に行われる工事です。
ガルバリウム鋼板などの金属板を破風板に巻きつけることで耐久性を高めます。塗装を行うよりも耐久性がアップし、塗装の回数を減らすことができます。

破風板そのものを交換

破風板の劣化が激しく、下地まで傷んでいるような場合には現在の破風板を撤去して、下地の状態を確認してから破風板を新しく取り付けます。
木材からより丈夫な窯業系破風板への変更することが多く見られます。

まとめ

破風は切妻屋根や入母屋屋根の妻側にある三角部分を指し、そこに取り付けられるのが破風板です。破風板には屋根を風や雨から守る重要な役割があります。
材質には木材、金属系、窯業系などがあり、最近では耐久性と耐火性に優れた窯業系がよく用いられています。
屋根のない場所にある破風板は、特に雨や紫外線の影響を受けやすく劣化の早い箇所です。破風板の劣化を放置すると雨漏りの原因にもなります。
破風が劣化すると、破風の色褪せや塗膜の剥がれ・ひび割れ、シーリングの劣化、破風の歪みや反りなどが起こります。
劣化が進行すると破風の腐食だけではなく、軒天の腐食や室内の雨漏りまで発展してしまいます。
状態が軽ければ塗装で補修ができますが、塗装で補修できない場合は板金でカバーする工法が一般的です。
破風の劣化を放置すると雨漏りにもつながるため、劣化に気づいたら早めに補修をご検討ください。

横浜市で破風板の塗装や交換、板金工事はエフ・エス屋根にお任せ下さい。

【破風板の工事実績】


合わせて読みたい記事

最新の施工実績

Before
After
横浜市泉区にてカーポートの屋根修理施工前(波板のアップ)
横浜市泉区にてカーポートの屋根修理〈波板張替え〉施工後

横浜市泉区にてカーポートの屋根修理〈波板張替え〉

2024/02/08

先日、横浜市泉区にて行ったカーポートの屋根修理の工事の様子をご紹介します。 横浜市泉区にてカーポートの屋根修理〈波板張替え〉|施工内容 施工の詳細 施工前の様子 こちらが施…

屋根修理
Before
After
横浜市港北区K様邸にて築18年スレート屋根葺き替え工事 施工前
横浜市港北区屋根葺き替え工事施工後

横浜市港北区K様邸にて築18年スレート屋根葺き替え工事

2024/02/06

先日、横浜市港北区K様邸にておこなった屋根葺き替え工事の様子をご紹介します。 こちらの外壁塗装など塗装工事の詳細は、弊社塗装サイトにてご覧いただけます。 横浜市港北区にてツ…

屋根修理
Before
After
横浜市にて葺き替え工事施工前
横浜市にて葺き替え工事施工後

横浜市にて屋根修理〈軽量化のため瓦屋根葺き替え工事〉

2023/12/06

先日、横浜市にておこなった軽量化のための瓦屋根葺き替え工事の様子をご紹介します。 横浜市にて軽量化のための瓦屋根葺き替え工事|施工内容 施工前の様子 こちらが施工前の様子です…

屋根修理
Before
After
すがり部からの雨漏り修理施工前
新規屋根材の施工

横浜市港南区にてすがり部からの雨漏り修理・屋根修理〈屋根の部分張替えと下地補修〉

2023/12/04

先日、横浜市港南区にておこなったすがり部からの雨漏り修理・屋根修理〈屋根の部分張替えと下地補修〉を行った様子をご紹介します。 横浜市港南区にてすがり部からの雨漏り修理・屋根修理|…

雨漏り修理
Before
After
横浜市にてセキスイハウスのプレハブ住宅の雨漏り修理 施工前
横浜市にてセキスイハウスのプレハブ住宅の雨漏り修理 施工後

横浜市にてセキスイハウスのプレハブ住宅の雨漏り修理

2023/12/01

先日、横浜市にておこなったセキスイハウスのプレハブにて雨漏り修理を行った様子をご紹介します。 逗子市にてセキスイハウスのプレハブ住宅雨漏り修理|施工内容 施工前の様子 こちら…

雨漏り修理
Before
After
横浜市金沢区にてベランダ物置・二階サッシ枠からの雨漏り修理 施工前
天井施工後

横浜市金沢区にてベランダ物置・二階サッシ枠からの雨漏り修理

2023/11/29

先日、横浜市金沢区にておこなった雨漏り修理〈ベランダ物置床工事・二階サッシ枠交換工事など〉の工事の様子をご紹介します。 横浜市金沢区にてベランダ物置・二階サッシ枠からの雨漏り修理…

雨漏り修理

エフ・エス屋根にいただいたGoogle口コミ

みほ
みほ
2023-11-03
駐車場の鉄骨がサビてきて車にシミが付き困っていました。相談する場所もわからず…ネットでたまたま見つけ板金工事をして頂きました。 こちらの説明不足で、工事後に再調整して頂いたのですが…嫌な顔せず直ぐにやって頂けました。 やっぱり支障を感じながら生活するのは辛い。 申し訳ないと思いながらも、感謝しかありません。 素人で金額面など多々不安がありましたが、感じの良い方で、何より対応が早い。 価格も含め信頼できると思いました。 困った時に相談できる会社を知れたのは心強い。 本当にありがとうございました(◍•ᴗ•◍)
wkn kmd
wkn kmd
2023-09-28
わが家のリビングのフローリングに原因不明の水漏れが発生。 おそらく、エアコンの排水ではないかと考え(古いマンションのため、エアコンの排水が屋外ではなく、配管に流すタイプ。配管が壁内部のため、壁を一部、穴開けしないと行けない状況)、知り合いの大工さんに相談したところ、こちらの業者さんを紹介していただきました。 急なお願いにも関わらず、翌日には状況確認に来てくださり、色々と親身に相談に乗っていただき、対応方法や状況説明もわかりやすく丁寧にしてくださいました。 原因究明の上、原因箇所の処置もとても丁寧で、作業後も綺麗に清掃してくださいました。 (来た時よりも綺麗にするのがモットーです、とおっしゃっており、とても感動しました) 家の不具合は素人ではわからない事や金額面での不安が多いですが、こちらは安心して任せられる業者さんだと思いました。 屋根工事をメインにされているようですが、家のリフォームは全般的に請負ってくださるそうなので、今後、何かあった際はまたお願いしたいと思います。 この度は本当にありがとうございました。
M S
M S
2023-09-23
雨樋の清掃と屋根の葺き替え工事をお願いしました。築年数のたった家のため、2階の窓から見る1階の屋根は色が褪せ、よく見ると穴らしきものが…屋根の修理は予算がかさむと思っていた私はこの家にどのくらい住めるだろうとか不安だらけでした。いきなり訪ねてくる業者さんは後をたたず決めかねていた私に娘が『私と同じ出身中学の人がやっている会社があるよ!』と教えてくれました。なんとなく親しみを感じ、連絡。娘と3人で商談、3人で談笑。古い家のためこれからもお世話になることを考え地域に密着している業者さんをと思っていました。出会えたと思いました。私も職種は違えど職人の娘なので何か通ずるものが(笑)職人らしい職人に出会えた気がしました。今は出会わせてくれた娘にも感謝しつつ、2階から見る綺麗になった屋根を眺めるのが楽しみになっている今日この頃です。
yukari
yukari
2023-06-09
屋根葺き替え、外壁塗装工事をお願いしました。 屋根の状態を見ていただき、葺き替えをする事になりました。結果的に丁度良いタイミングだったようです。 事前説明も丁寧にしていただきましたが 工事中もいろいろな過程で説明していただけたので安心してお任せできました。 追加でお願いした工事も迅速に対応してもらえ、助かりました。 仕上がりも良く、細かい所も気を配られた工事をしているなと思いました。 屋根はもちろんの事、リフォーム全般を手掛けているとの事なので今後も何かありましたら、お願いしたいなと思いました。
Y Y
Y Y
2022-12-03
福田社長は、とにかくすぐに来てくれる! 親切丁寧な対応です。 仕事もキチンとしてくれます。 家の外も中も、困ったことがあったら、何でも対応してくれます。 エアコンや台所の換気扇の掃除もお願いしました。 お風呂場の換気扇の交換もお願いしました。 業者の方も感じがとてもよいです!
いぬーぴー
いぬーぴー
2022-10-19
屋根の修理と外壁塗装をお願いしました。とても丁寧な作業をして頂き両隣りのお宅からすごく丁寧にやってくれていてよかったねと声をかけてもらって私が鼻高々でした。処分に困っていた鉄屑も処分してくれて大変助かりました。 また何かあったらお願いしたいなと思わせてくれる仕事っぷりでした。ありがとうございました。
k s (ニックなネーム)
k s (ニックなネーム)
2022-09-18
波板交換をお願いしました。まず初めに対応の早さ素晴らしいです。上の屋根部分だけかと思ってお願いをした所、横も交換、屋根の真ん中部分も交換。かなりのお得感がありました。次回もよろしくお願いいたします。
大山まやか
大山まやか
2022-09-17
雨樋の補修と、雨樋を取り付ける屋根部分の修理をお願いしました。 結論からいうと、非常に素晴らしいお仕事で、また何かありましたらご依頼したいと思っています。 まず合計10社の見積もりをとったのですが、150万、80万、20万とばらつきがあったなか、「自社施工 神奈川」で検索し、最後にダメ元で見積もりをお願いしたのが福田総業さんでした。 色々な業者さんに見積もりをとったことを察してくれ、どこも葺き替えの提案しかなかったなか、この状態であれば屋根を葺き替えなくても修理可能とのこと。 結果、6万円代の工事となり本当に助かりました。 価格や仕事のクオリティも勿論なのですが、顧客が何をして欲しいかを真摯に聞いてくれる姿勢が素晴らしいです。 また、他の業者さんは明らかに現場に出てなさそうな恰幅のいい方が現地調査にいらっしゃいましたが、筋骨隆々の代表の方が直に現地調査にきて頂いたことも好感が持てました。 台風がせまったなか、予定を前倒し可能のご提案を頂くなど、そのほかのサービスも行き届いていると感じた次第です。
boy terry
boy terry
2022-09-01
古い戸建ての屋根と軒天の塗装と修理を依頼。 終始誠実に、迅速に対応していただきました。 限られた予算内に収まる提案をして頂き、お任せして正解でした。 また手入れが必要になったらお願いしたいと思います。
張谷明美
張谷明美
2022-05-24
1階の天井からの雨漏りだったのですが、素人にもわかりやすい説明と丁寧な放水テストによる原因究明で安心してお任せできました。職人さんも皆さん納得の仕事振りで、細々とした相談にも快く乗っていただきました。この業者さんに出会えて本当に良かったです。

TOP