Loading...

屋根修理屋の屋根ブログ

寄棟屋根のメリットデメリット~雨漏りリスクはどのくらい?

2022/11/28

住宅を建てる際に寄棟屋根にしようか悩まれている方、あるいは家が寄棟屋根でどのようなメンテナンスが必要か悩まれている方もおられるのではないでしょうか?
屋根には実に様々な形状があり、おもにデザイン面のみで選ばれる方も多いかもしれませんが、雨漏りしにくいかどうか、メンテナンスがしやすいかどうかというのも重要なポイントです。
今回は、その中でも切妻屋根と同じくらい一般的な寄棟屋根についてメリットデメリット、メンテナンスについてご紹介します。

寄棟屋根とは?

寄棟屋根とは?

寄棟屋根は、屋根の頂点であるから軒に向かって4方向に傾斜があり、屋根が四面ある屋根を指します。
寄棟屋根の建物を寄棟造りといい、日本だけでなく世界でも見られる形式です。
英語ではhip roofやhipped roofと呼ばれており、hipにはいわゆる腰回りだけではなく、屋根の隅棟という意味もあり、隅棟のある家という意味になります。
妻側の屋根の形状は三角形で側は台形になり、この妻側の屋根と平側の屋根が接する箇所を隅棟と呼びます。

寄棟屋根のメリット

重厚感があり落ち着いた外観

四面の屋根で構成される寄棟屋根はどっしりした重厚感があり、落ち着いた外観となります。
瓦屋根でつかわれているイメージが強いですが、デザインや用いる屋根材によって、瓦屋根ながら伝統的で格式ある風情のお家に、金属屋根ならモダンで重厚感ある雰囲気が得られます。

雨や風に強く耐久性が高い

切妻屋根は屋根がない妻側の部分が弱点でしたが、四つの面に屋根があるということは、それだけ屋根に降った雨や雪が分散されます。また屋根の分軒があり、外壁に直接風雨があたることを防げるため、外壁の耐久性もあがります。
また強風にも強く、四面の屋根で力が分散され、屋根の斜面が風を切って屋根がまともあおられるのを避けることができます。台風の多い地域でも屋根が破損するリスクを抑えることができます。例えば沖縄では多くの木造住宅が寄棟屋根となっています。

方角に左右されない

特に住宅密集地などでは、建物の向きが制限されている場合があります。
寄棟屋根はどの面にも屋根があるため、向きを選ばずに立てることができます。

寄棟屋根のデメリット

建設コストがやや高い

屋根が四面あることと、隅棟が四つあるため、シンプルな形状の屋根に比べると部材なども多くなり、コストはやや高くなります。棟部分で屋根材をカットするため、余剰ができることも工費が高くなる理由の一つです。

屋根裏の空間が狭くなる

屋根が四面ある寄棟屋根は、構造的に屋根裏のスペースが狭くなりがちです。
屋根裏の収納スペースが減るということの他に、屋根裏に十分な広さがないと換気の効率が下がってしまいます。
屋根裏は夏場は熱がこもり、冬は結露が発生しやすいため、軒天や棟に換気を設置して通気を行う必要があります。

ソーラーパネルが設置しにくい

寄棟屋根は屋根が四面あるため、一面のスペースがどうしても狭くなってしまいます。
商社効率のいい屋根の面積が小さいと設置できるパネルの数が少なくなり、思うような発電量が得られないケースもあります。

雨漏りのリスクがある

寄棟屋根には頂点の大棟の他に寄棟が四つあります。
棟は風などの影響を受けやすく棟板金が経年で劣化して不具合を起こしやすいためその分雨漏りのリスクも高くなってしまいます。

寄棟屋根のメンテナンスポイント

寄棟屋根そのものは風や雨に強い屋根ですが、ウィークポイントがあります。
この雨漏りを起こしやすい部分をしっかりメンテナンスすることで屋根を長持ちさせることができます。

かき合い

かき合い

かき合いとは、複数の棟が合流する箇所Y字になった箇所を指します。部材と部材が合わさる部分はどうしても雨漏りしやすいのですが、かき合いも例によらず、この部分が劣化してずれたり傷んでくると雨が侵入して雨漏りが発生しやすくなります。

大棟・隅棟

屋根と屋根を固定して雨の侵入を防ぐ棟板金は風の影響を受けやすい場所です。
固定している釘が経年劣化でゆるむなどして隙間から水が入り、下地である貫板が腐食すると板金が風で飛散することもあります。
板金の不具合から雨漏りするケースは大変多いので、不具合がないか定期的な点検を受けてチェックすることをおすすめします、

まとめ

四面の屋根で外壁を保護し屋根そのものも耐風性や耐久性の高い寄棟屋根は、重厚感もあるため世界中で採用されている歴史ある屋根です。
しかし屋根そのものに耐久性があっても継ぎ目の部分はどうしても弱いものです。
そうした部分をしっかりメンテナンスを行うことで雨漏りを防ぐことができます。

横浜市にお住まいの方で屋根や外壁の状態を知りたいという方は、お気軽に福田総業までご相談ください。
点検は無料で行っております。

合わせて読みたい記事

雨漏りしにくいスタンダードな屋根・切妻屋根のメリットデメリット

雨漏りしにくいスタンダードな屋根・切妻屋根のメリットデメリット

2022/11/25

こんにちは、横浜の雨漏り修理・屋根修理専門店「福田総業」です。 先日は屋根の種類についてご紹介しました。 家を建てる…

方形屋根はどんな屋根?寄棟屋根との違いは?

方形屋根はどんな屋根?寄棟屋根との違いは?

2022/11/29

こんにちは、横浜の雨漏り修理専門店、福田総業です。 前回は日本の伝統的な屋根の形である寄棟屋根についてご紹介をしました…

無落雪屋根とは?雨漏りリスクやメリットデメリットを紹介

無落雪屋根とは?雨漏りリスクやメリットデメリットを紹介

2022/12/06

こんにちは、横浜の雨漏り修理専門店・福田総業です。 先日、こちらの記事で屋根のトレンドやシェアについてご紹介しまし…

最新の施工実績

Before
After
下屋傷み
スタンビー455

横浜市旭区さちが丘 S様邸 下屋葺き替え工事・軒天修繕工事

2022/12/20

先日、横浜市旭区さちが丘のS様邸にておこなった下屋葺き替え工事・軒天修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 こちらのお客様は、軒天の一部が黒ずんでいて痛んでいる…

屋根修理
Before
After
ドローン空撮屋根
横浜市大久保屋根塗装後写真

横浜市大久保 Y様邸 棟板金交換・屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事など

2022/12/13

先日、横浜市栄区大久保のY様邸にておこなった屋根の棟交換、屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 Y様は、ご近所で工事をしていた訪問…

屋根修理
Before
After
駐車場の屋根施工前
駐車場の屋根施工後

横浜市栄区庄戸 K様邸 雨漏り修理・駐車場屋根カバー工法・雨樋交換など

2022/12/07

先日、横浜市栄区庄戸のK様邸にておこなった駐車場屋根カバー工法・玄関雨樋交換・棟修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 築約40年の2階建てご自宅1階部分の雨樋…

屋根修理
Before
After
I様邸外観(工事前)
I様邸外観(工事後)

横浜市港南区大久保 I様邸 雨漏り修理、平瓦葺き替え工事、外壁塗装、雨樋交換など

2022/10/18

先日、横浜市港南区大久保のI様よりご依頼をいただき、雨漏り修理、屋根葺替え、外壁塗装、雨樋交換、破風・笠木板金工事、門扉交換工事、内装工事を行いました。 工事のきっかけと解決策 …

屋根修理
Before
After
M様邸塗装工事施工前
M様邸塗装工事施工後

横浜市港南区大久保 M様邸 屋根塗装 外壁塗装 ポリカ張替え

2022/10/17

先日、横浜市港南区大久保のM様邸にておこなった屋根塗装および外壁塗装工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 M様は屋根材の一部が下に落ちているのを発見されて弊社に調…

屋根修理
Before
After
施工前写真
施工後写真

横浜市港北区日吉本町 S様邸 屋根修理 <ポリカ張替え工事>

2022/09/22

先日、横浜市港北区日吉本町のS様邸にておこなったポリカ張替え工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 S様は波板の劣化が気になっておられたところに、他社の塗装業者から…

その他

TOP