Loading...

屋根修理屋の屋根ブログ

スレート(コロニアル)の葺き替え時期は?費用はいくらなの?

2022/10/12

こんにちは。横浜市港南区にある雨漏り修理・屋根修理の専門店、福田総業の広報担当です。
皆様のご自宅はどんな屋根でしょうか?
見た目が平たく薄い、表面にしわのある板が張り合わされたような屋根の場合、スレート(コロニアル)である可能性が高いです。
スレートは色やデザインが豊富で安価なため人気のある屋根材で多くの屋根で使われています。
首都圏ではとくに多く、ここ横浜市でもよくみかけます。
そんなスレート屋根(コロニアル屋根)の特徴や葺き替え時期、葺き替えられる屋根の種類や費用についてご紹介します。
スレート(コロニアル)

スレート(コロニアル)はどんな屋根?

スレートは、セメントを主成分とし、繊維状の素材を混ぜた薄い板状の屋根材で、「化粧スレート」と呼ばれます。
「コロニアル」や「カラーベスト」は、ケイミュー株式会社が販売しているスレート屋根材の商品名です。
1990年代に価格の安さと施工のしやすさで屋根材のトップシェアを占めていましたが、屋根材を強靭にするために使用していたアスベスト問題が顕在化すると販売数は減少し、その後東日本大震災発生後に屋根の軽量化が注目されると再びトップに返り咲きました。
2010年代後半からはより軽量で耐久性のあるガルバリウム鋼鈑に追い抜かれています。
一時期日本の屋根材でトップシェアを占めていたこともあり、ご自宅がスレートやコロニアルの屋根であるというところも多いかと思います。
スレート屋根のメリットやデメリットについて詳しくは下記をご覧ください。

スレート(コロニアル)の葺き替え時期はいつ?

ご自宅のスレートが色褪せてきた、苔が気になるという方もおられるかと思います。
スレートの耐用年数は一般的に20~30年です。
主材であるセメントは元々耐久性の高いものではなく、素材に防水性がないため定期的な塗装によるメンテナンスが必要です。
スレート(コロニアル)は一般に新築から10年すると、色褪せなどの劣化が目立ちはじめます。
10年ごとに塗装でメンテナンスを行い、20~25年で屋根そのものの耐用年数が過ぎたときに葺き替えやカバー工法などを行う必要があります。
アスベストを含まない1990年前半~2000年前半に製造されたニチハパミールに代表されるスレートは耐久性が低いため不具合が多く報告されており、耐用年数以前でも早めに葺き替えが必要となります。こうした屋根には塗装ができないのでご注意ください。
ニチハパミールについて詳しくは下記をご覧ください。

スレート(コロニアル)の劣化症状と必要な工事

スレート(コロニアル)屋根に下記のような症状がでていれば塗装や葺き替え、カバー工法などのメンテナンスが必要です。

色褪せ・変色

屋根材そのものがまだしっかりしていれば塗装でメンテナンス可能です。

苔・藻・カビの発生

苔・藻・カビの発生

屋根材そのものが傷んでいなければ塗装でメンテナンスが可能ですが、全体に及んでいて劣化している場合は葺き替えかカバー工法になります。

ヒビ割れや欠け

ヒビ割れや欠け

割れや欠けを起こしている屋根材があまり数が多くなければ補修を行います。
全体的に発生している場合には葺き替えやカバー工法をおすすめします。

防水シートや野地板などの劣化

野地板の劣化
屋根材だけでなく下地材も劣化します。特に野地板の傷みがひどい場合には屋根材を固定できず、補修が必要となるため葺き替え工事を行います。

雨漏りの発生

雨漏りの発生

下地材や構造材まで傷んでいる可能性があるため葺き替え工事が必要です。

スレート(コロニアル)のリフォーム方法

屋根塗装

屋根材そのものが劣化していない場合には、傷んでいる箇所を補修して塗装によるリフォームを行います。
塗装を行うことで塗料の種類によっては5~20年の耐用年数をプラスできます。塗装前に下地の補修や洗浄などの下地処理と、塗装後に隙間が埋まらないようにタスペーサーなどで縁切りを行うことが重要です。

カバー工法

カバー工法は、現在の屋根の上から新しい防水シートを敷き、その上から新しい屋根材でカバーする方法です。重ね葺きとも呼びます。
既存の屋根を解体しない分工事費用が抑えられるのと工期が短くなるのがメリットですが、下地の野地板が傷んでいる場合や雨漏りを起こしている場合には、屋根をはがして下地を補修する必要があるため施工できないケースがあります。

カバー工法について詳しくはこちらをご覧ください

葺き替え工事

葺き替え工事は、現在の屋根を解体・撤去して、必要に応じて下地の補修を行い、新しい下地材と防水シートを施工し、上から新しい屋根材を葺く工法です。費用は高くなりますが、屋根全体が刷新されるため、屋根の機能が回復し耐久性が上がります。

葺き替え工事について詳しくはこちらをご覧ください

スレート(コロニアル)から葺き替えられる屋根材の種類は?

スレート(コロニアル)からガルバリウム鋼鈑へ葺き替え

屋根の種類:ガルバリウム鋼鈑

スレートからの葺き替えで一番人気があるのが、ガルバリウム鋼鈑への葺き替えです。
ガルバリウム鋼鈑は薄い鉄の板にアルミニウム、亜鉛、シリコンのメッキを施して錆びにくくした金属屋根材です。耐久性の高さと、スレートよりも軽いことが人気の理由です。
スレートは1㎡あたり17㎏~20kgにたいして、ガルバリウム鋼鈑は1㎡あたり約5kgと約1/4程度と非常に軽量です。屋根が軽くなれば、建物への負荷が少なくなり、地震の時の揺れも軽減できるため耐震性も向上します。
金属のため断熱性や防音性が気になることがありますが、最近多く販売されている断熱材一体型、あるいは断熱材をオプションでつけることで解消できます。またスレートよりも塗装によるメンテナンス回数が減ることもメリットとして挙げられます。
ガルバリウム鋼板について詳しくは下記をご覧ください。

スレート(コロニアル)からアスファルトシングルへ葺き替え

屋根の種類:アスファルトシングル

アスファルトシングルはガラス繊維にアスファルトを浸透させてコーティングしたシート状の屋根材です。表面は色のついた砂粒がついています。
北米ではシェアを8割を占める非常に普及している屋根材です。日本ではまだ普及率は高くありませんが防水性や防音性が高く、重量も1㎡あたり約9kgと軽量なこともあって注目されています。また表面に砂粒のついたシート状のため割れや錆が起こらない点も魅力です。
ただし日本の風土に合わせて作られていないためカビが生えやすく、日本ではまだ取り扱い業者が少ないことがデメリットです。
アスファルトシングルについて詳しくは下記をご覧ください。

スレート(コロニアル)からスレートへ葺き替え

耐用年数や耐久性、耐震性の面からガルバリウム鋼鈑の方がメリットが多いですが、費用の面から同じスレートに葺き替えるというのも可能です。その場合カバー工法ではなく葺き替えになります。

重い屋根材には葺き替えできない

住宅は屋根の重さなどを考慮して柱や壁を設計して作られているため、現在よりも重い屋根には葺き替えすることができません。
そのためスレートから瓦屋根へ葺き替えすることは強度的にかなり困難だといえます。

スレート(コロニアル)の葺き替えの費用は?

スレートの葺き替え工事の目安金額は、屋根の面積が100㎡の場合、120万~150万円程度です。
カバー工法では約80~130万円程度になります。
これはあくまでも目安の金額で、屋根の広さはもちろん、屋根の形状、下地の状態や葺き替える屋根材の種類にもよって変動します。
アスベスト含有のものはアスベストの撤去費用が別途必要となるためその分の費用が別途必要になります。
アスベストはそのままでは有害ではありませんが、撤去する際に出る粉じんを吸い込むことで様々な害をもたらします。

法改正によりアスベスト処理には資格が必要になりました

法改正により令和5年10月1日以降は建物の・改修作業を行う際には、資格者による事前調査が義務化されました。
福田総業ではこの資格者に該当する「一般建築物石綿含有建材調査者」を取得しており、またアスベストを含む屋根を解体・撤去する際に安全かつ適切に作業を行える「石綿作業主任者」も取得しております。
アスベストが含まれる屋根の場合でも安心安全に作業を行えるよう努めておりますので安心してご依頼ください。

横浜市でスレート・コロニアルの屋根の葺き替えをお考えの方は実績豊富な福田総業にご相談ください。
お客様の屋根の状態を調査し、最適な方法をご提案いたします。
ご相談・調査は無料ですのでお気軽にお問合せください。

弊社の葺き替え工事の施工実績はこちらをご覧ください

合わせて読みたい記事

「かわら」だけど瓦じゃない?セキスイかわらUは葺き替えがおすすめ

「かわら」だけど瓦じゃない?セキスイかわらUは葺き替えがおすすめ

2022/07/15

こんにちは、横浜市港南区の雨漏り修理・屋根修理の専門店、福田総業です。 前回のニチハパミールの記事で、塗装できない屋根…

セメント瓦の葺き替え時期は?費用はいくらなの?

セメント瓦の葺き替え時期は?費用はいくらなの?

2022/10/14

こんにちは。横浜市港南区の屋根修理・雨漏り修理の専門店「福田総業」広報担当です。 日一日と秋めいてきましたね。 秋は…

モニエル瓦とは?塗装によるメンテナンスに注意!

モニエル瓦とは?塗装によるメンテナンスに注意!

2022/08/22

前回のブログでは、セメント瓦についてご紹介しました。 その中で塗装に特徴がありメンテナンス時に注意が必要なモニエル瓦に…

最新の施工実績

Before
After
下屋傷み
スタンビー455

横浜市旭区さちが丘 S様邸 下屋葺き替え工事・軒天修繕工事

2022/12/20

先日、横浜市旭区さちが丘のS様邸にておこなった下屋葺き替え工事・軒天修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 こちらのお客様は、軒天の一部が黒ずんでいて痛んでいる…

屋根修理
Before
After
ドローン空撮屋根
横浜市大久保屋根塗装後写真

横浜市大久保 Y様邸 棟板金交換・屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事など

2022/12/13

先日、横浜市栄区大久保のY様邸にておこなった屋根の棟交換、屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 Y様は、ご近所で工事をしていた訪問…

屋根修理
Before
After
駐車場の屋根施工前
駐車場の屋根施工後

横浜市栄区庄戸 K様邸 雨漏り修理・駐車場屋根カバー工法・雨樋交換など

2022/12/07

先日、横浜市栄区庄戸のK様邸にておこなった駐車場屋根カバー工法・玄関雨樋交換・棟修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 築約40年の2階建てご自宅1階部分の雨樋…

屋根修理
Before
After
I様邸外観(工事前)
I様邸外観(工事後)

横浜市港南区大久保 I様邸 雨漏り修理、平瓦葺き替え工事、外壁塗装、雨樋交換など

2022/10/18

先日、横浜市港南区大久保のI様よりご依頼をいただき、雨漏り修理、屋根葺替え、外壁塗装、雨樋交換、破風・笠木板金工事、門扉交換工事、内装工事を行いました。 工事のきっかけと解決策 …

屋根修理
Before
After
M様邸塗装工事施工前
M様邸塗装工事施工後

横浜市港南区大久保 M様邸 屋根塗装 外壁塗装 ポリカ張替え

2022/10/17

先日、横浜市港南区大久保のM様邸にておこなった屋根塗装および外壁塗装工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 M様は屋根材の一部が下に落ちているのを発見されて弊社に調…

屋根修理
Before
After
施工前写真
施工後写真

横浜市港北区日吉本町 S様邸 屋根修理 <ポリカ張替え工事>

2022/09/22

先日、横浜市港北区日吉本町のS様邸にておこなったポリカ張替え工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 S様は波板の劣化が気になっておられたところに、他社の塗装業者から…

その他

TOP