Loading...

屋根修理屋の屋根ブログ

太陽光パネルは雨漏りしやすい?原因と対処法について

2022/10/07

最近では太陽光パネルを設置した住宅を多く見かけるようになりました。
2012年にスタートした政府が余剰電力を買い取る余剰電力買取制度によって太陽光発電は広く普及してきました。
東京都では、戸建てを含む新築住宅に対して2025年から太陽光パネル設置義務化を推進しています。
太陽光パネルは雨漏りしやすい?原因と対処法について

環境にやさしく、余剰電力は買い取ってもらえてメリットが多くみえる太陽光発電ですが、一方で雨漏りしやすいのではないかという不安を抱えておられる方もおられるのではないでしょうか。
今回は太陽光パネルを設置した際の雨漏りの原因や対処法についてご紹介します。

太陽光発電設備設置で雨漏りする原因

施工業者の施工ミス

あってはならないことですが、施工業者の経験不足による施工ミスで雨漏りが発生する場合があります。
太陽光パネルを設置する際には、一般的に屋根材の下にある野地板にパネルを固定する架台をビス止めする方法と、野地板の下にある垂木にビスで固定する方法があります。
いずれもビスをつかって屋根材と防水シートに穴をあけて固定するため、処理を適切に行わないと雨漏りの原因となります。
瓦屋根の場合に多いのは、太陽光パネルを設置するために一旦はずした瓦をうまく元に戻せずガタついてしまうことが原因として多いようです。
スレート屋根の場合はそのままスレート屋根材の上からビスで固定をします。
この場合に多いのは、穴をあけた後に行うコーキング処理が甘い、耐久性の低いコーキング材を使用する、仕上げの防水加工に不備がある、などの問題が原因としてがあげられます。
また、屋根が小さすぎる、屋根の形状が複雑、経年劣化が進んで傷みの激しい屋根など、本来は太陽光パネルの設置が向かない屋根に無理に設置すると雨漏りのリスクが高まります。
こうした判断不足や技術不足によって、太陽光パネルを設置した数年後に雨漏りが発生するというケースが見られます。

手抜き工事

近年太陽光パネルを施工する業界は競争が激化しています。
そのため価格競争が発生し、業者間で少しでも安い価格で提供することを競う傾向があります。
あまり工事費用が安いと、施工費用にしわ寄せがいき、販売する業者が下請けに出している場合には実際の工事費用はかなり安くなってしまいます。
そのため必要な工程を省いたり、材料費を削減するため低価格の材料を使用するなど工事の品質が低下してしまいます。
こうした手抜き工事が原因で雨漏りが発生するケースもあります。工事費用があまりに安すすぎる業者には注意をしてください。

屋根の経年劣化

太陽光パネルを設置していて雨漏りが発生すると、原因は太陽光パネルにある思いがちですが、設備に関係なく屋根そのものが劣化することで雨漏りが引き起こされるというケースももちろんあります。
屋根には耐用年数があり、風雨や紫外線で気づかないうちにゆっくりと劣化していきます。
普段目につかない場所ですが10年単位で点検・メンテナンスをすることで異常を早期発見し、雨漏りを未然に防ぐことができます。
築年数が30年を超え、劣化が進行している場合にはまずは葺き替えなどを行ってから太陽光発電設備を導入されることをおすすめします。

太陽光パネル設置で雨漏りしないための対策

信頼できる業者に依頼する

太陽光パネルの施工不良で発生するのは雨漏りだけでなく、太陽光パネルの発熱による発火などの危険な事故も発生しています。
太陽光パネルが原因の雨漏りや火災などが発生するのは施工ミスや、施工業者の知識不足が原因であることがほとんどです。
屋根は雨から建物を守る大切な場所。その屋根に対する知識や太陽光パネルに対する知識・経験も持ち合わせ、施工マニュアルを遵守する信頼できる業者を選びましょう。
屋根修理でも訪問業者によるトラブルを多く耳にしますが、「今なら太陽光パネルが実質無料」などの甘い言葉で契約を迫ってくるような訪問業者は避けるようにしましょう。
太陽光パネルの各メーカーが認めた設置業者に発行される「販売ID」と「施工ID」を持ち、契約を急がせず、説明の丁寧な業者に依頼すると安心です。

屋根に穴をあけない設置方法を選択する

太陽光パネルの設置には、「キャッチ工法」、「シンプルレイ工法」、「支持瓦工法」などという屋根に穴をあけない工法もあります。
これらの工法は通常よりも高額になる場合がありますが、雨漏りのリスクを考えると将来的にお得になる場合があります。
金属屋根であれば、キャッチ工法やつかみ金具などを用いて屋根に穴をあけることなく太陽光パネルが設置可能です。
太陽光パネルを設置すればその分屋根の重量も増えますが、軽い金属屋根であれば、耐震性も安心です。太陽光パネルを設置したい場合には金属屋根を選択するのもいいでしょう。

保証内容を事前に確認する

太陽光パネルの保証にはメーカー保証と施工保証の二種類があります。
メーカー保証は太陽光パネルの製品そのものの不具合に対応しており、メーカーから認定された施工IDを所持している業者の場合のみ適用されます。施工不良による雨漏りにはメーカー保証は対応していないため注意が必要です。
こちらに対応するのは施工保証となるため、施工保証があるかどうか契約前にしっかり確認しておくと安心です。

太陽光パネル設置後も定期点検やメンテナンスが重要

太陽光パネルを設置した後にも定期的なメンテナンスを行うことが雨漏りや事故を避けるために重要です。
施工会社によっては定期的な無料点検サービスを実施しているところもあります。
契約を行う前に、点検サービスがあるかどうか、無料か有償か、そしてサービスの内容を確認しておきましょう。

メリットの多い太陽光発電ですが、施工業者によっては雨漏りのリスクがあります。
信頼できる業者を選び、施工後も定期的なメンテナンスを行うようにすることで雨漏りのリスクを避けることができます。

福田総業では屋根の無料点検を実施しております。横浜市で屋根の雨漏り修理や屋根修理をお考えの方はお気軽にご相談ください。

合わせて読みたい記事

鉄筋コンクリート(RC)造の雨漏りの原因は?

鉄筋コンクリート(RC)造の雨漏りの原因は?

2022/10/26

多くの戸建て住宅は木造建築が多いですが、マンションやビルなどでは鉄筋コンクリート(RC)や鉄骨鉄筋コンクリート(SRC造…

ルーフバルコニーの雨漏りリスクについて

ルーフバルコニーの雨漏りリスクについて

2022/10/04

戸建てでバーベキューをしたり、ガーデニングを楽しむような庭がほしいけれどもスペースがなく、解放感ある屋上でアウトドアを楽…

台風などの時にサッシレールから雨漏りする原因は?

台風などの時にサッシレールから雨漏りする原因は?

2022/10/03

台風などの強風・大雨の時に窓のサッシレールから雨が侵入しているということはありませんか? 雨漏りというと天…

最新の施工実績

Before
After
下屋傷み
スタンビー455

横浜市旭区さちが丘 S様邸 下屋葺き替え工事・軒天修繕工事

2022/12/20

先日、横浜市旭区さちが丘のS様邸にておこなった下屋葺き替え工事・軒天修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 こちらのお客様は、軒天の一部が黒ずんでいて痛んでいる…

屋根修理
Before
After
ドローン空撮屋根
横浜市大久保屋根塗装後写真

横浜市大久保 Y様邸 棟板金交換・屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事など

2022/12/13

先日、横浜市栄区大久保のY様邸にておこなった屋根の棟交換、屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 Y様は、ご近所で工事をしていた訪問…

屋根修理
Before
After
駐車場の屋根施工前
駐車場の屋根施工後

横浜市栄区庄戸 K様邸 雨漏り修理・駐車場屋根カバー工法・雨樋交換など

2022/12/07

先日、横浜市栄区庄戸のK様邸にておこなった駐車場屋根カバー工法・玄関雨樋交換・棟修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 築約40年の2階建てご自宅1階部分の雨樋…

屋根修理
Before
After
I様邸外観(工事前)
I様邸外観(工事後)

横浜市港南区大久保 I様邸 雨漏り修理、平瓦葺き替え工事、外壁塗装、雨樋交換など

2022/10/18

先日、横浜市港南区大久保のI様よりご依頼をいただき、雨漏り修理、屋根葺替え、外壁塗装、雨樋交換、破風・笠木板金工事、門扉交換工事、内装工事を行いました。 工事のきっかけと解決策 …

屋根修理
Before
After
M様邸塗装工事施工前
M様邸塗装工事施工後

横浜市港南区大久保 M様邸 屋根塗装 外壁塗装 ポリカ張替え

2022/10/17

先日、横浜市港南区大久保のM様邸にておこなった屋根塗装および外壁塗装工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 M様は屋根材の一部が下に落ちているのを発見されて弊社に調…

屋根修理
Before
After
施工前写真
施工後写真

横浜市港北区日吉本町 S様邸 屋根修理 <ポリカ張替え工事>

2022/09/22

先日、横浜市港北区日吉本町のS様邸にておこなったポリカ張替え工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 S様は波板の劣化が気になっておられたところに、他社の塗装業者から…

その他

TOP