Loading...

屋根修理施工実績

横浜市旭区さちが丘 S様邸 下屋葺き替え工事・軒天修繕工事

2022/12/20

下屋傷み
スタンビー455
横浜市旭区軒天補修施工前
横浜市旭区軒天補修施工後

先日、横浜市旭区さちが丘のS様邸にておこなった下屋葺き替え工事・軒天修繕工事の様子をご報告します。

工事のきっかけと解決策

こちらのお客様は、軒天の一部が黒ずんでいて痛んでいる事に気がつかれ、ネットで検索して弊社へお問い合わせ頂きました。
調査を行ったところ、下屋が雨漏りを起こしていました。
雨漏りを起こしている場合、屋根の下で雨漏りを防いでいる防水シート(ルーフィング)が破損して下地まで傷んでいる可能性があります。
もしも下地まで傷んでいると、腐食と雨漏りが内部で進行し、建物内部まで腐食が進んでしまう可能性があります。
そのため内部の状態を確認する必要があり、既存の屋根を剥がして下地の状態を確認してから工事を進めることをお客様にご説明させていただきました。
下屋の屋根を葺き替え、軒天の張替えを行いました。

施工前の様子

横浜市旭区軒天補修施工前下屋傷み下屋傷み

一階の下屋の軒天部分が傷んで剥がれています。
また、下屋部分も継ぎ目部分が特に傷んでおり、錆びている状態です。
軒は屋根が外壁よりも外に出ている部分を指し、軒天は軒を下からみた天井部分になります。
軒には雨風を防ぎ外壁や建物を守る大事な役割がありますが、外側に出ている分傷みやすい箇所でもあります。

軒天について詳しくはこちらをご覧ください。

下屋の屋根葺き替え

屋根を剥がしたところ、下地も腐食を起こしていました。

下屋の屋根材を剥がしたところ下屋の屋根材を剥がした内部の状態下屋の屋根材を剥がしたところ

腐食を起こしている板金を撤去して、下地の増し張りを行います。

新しい下地を張る

そして上から新しい防水シートを施工します。

ルーフィングシートを張る

雨漏りから最終的に守っているいわば最後の砦がこのルーフィングとなるため、弊社ではより防水性に優れた改質アスファルトルーフィングを使用しております。

上から屋根材を葺く前に、壁と屋根が接する取り合い部分は大変雨漏りを起こしやすい箇所のためしっかりと雨仕舞を行っていきます。
防水シートを立ち上げておき、屋根材も折り曲げて立ち上げています。
この立ち上げがないと、上から垂れてきた雨水が取り合いの隙間部分から侵入して雨漏りリスクが高まってしまいます。
水が入り込みやすい隙間もシーリングで充填しておきます。

取り合い部の雨仕舞取り合い部の雨仕舞ーシーリング取り合い部の雨仕舞ーシーリング

新しい屋根材を施工した上から雨押えを施工します。
雨押え板金は外壁から伝ってきた雨水が中に入らないように、1階部分の屋根(下屋)と外壁が接合する箇所に取り付ける板金です。

雨押え板金の施工

違う部材が接する箇所は非常に雨漏りしやすいため、こうした雨仕舞という雨を適切に排水する施工が雨漏りを防ぐための鍵となります。

新しい屋根材にはスタンビー455を使用しました。

スタンビー455

今回の雨漏りの原因は、金属屋根を葺いていく際に屋根材同士の継ぎ目ができるのですが、その接ぎ方がハゼ組という方法になっていたことです。
ハゼ組は、金属板同士を重ね合わせて、折り曲げて繫げていく方法です。
昔はよく使用されていましたが、漏水が多いことから現在ではあまり使用されていません。

今回使用したスタンビー455は「嵌合式」という繫ぎ方で屋根材を繫げていきます。
ハゼ式は二枚の金属板を折り曲げて繫げますが、嵌合式はそれぞれの結合部を嵌め合わせるためより防水性の高い構造となっています。
また屋根材によって施工できる勾配が決まっており、こちらの屋根の勾配が緩やかであったため、緩やかな勾配でも施工可能なスタンビー455を使用しました。
水は高いところから低いところへと流れていく性質上、勾配(角度)が急であるほど排水性は向上します。
スタンビー455は幅広であることから結合部の数も少なく、嵌合部が毛細管現象を防ぐ構造となっているので、勾配の少ない屋根でも雨漏りを起こしにくい優れた屋根材です。

軒天の張替え

また傷んでいた軒天も張り替えを行いました。

軒天の張替え軒天の塗装

今回使用したのはケイカル板。水漏れに強く、国土交通省認定の不燃材料で、軒天によく使用されています。
主な材料はケイ酸質原料、石灰質原料、補強用途繊維であり、主成分のケイ酸カルシウムを略して「ケイカル」と呼ばれています。
このケイカル板に塗装を行って完工となります。

雨漏りを起こしている原因を直し、腐食を起こしていた下地も交換したため屋根の耐久性も復活しました。

お伝えしたいこと

昔は霧避け庇や出窓の屋根などの小さな屋根を施工する工法として、こちらのように板金材をハゼ組にして何枚も組み合わせて施工するやり方が主流でした。しかしこの繋ぎ目からの漏水がとても多いため、もしもご自宅の屋根が同じ接ぎ方をされていましたら早めの改善をお勧めいたします。

雨漏り修理では、内部を確認せずにとりあえずの工事を行ってしまうとどんどん雨漏りは進行してしまい、気づいた時には建物の構造部分まで腐食が広がっていたなどということもあります。きちんと調査を行い、根本から直されることが大切なご自宅を守ることにつながります。

軒天などの傷みや雨染みを発見されましたら内部で雨漏りを起こしている可能性があります。
横浜市や近隣地域にて軒天の補修や屋根修理、雨漏り修理をお考えの方は福田総業にお任せ下さい。
雨漏りの原因を究明し、再発を防ぐため中から直す施工を行います。

現場住所横浜市旭区さちが丘
施工内容下屋張替え・軒天修繕工事
施工箇所詳細下屋、軒天
使用屋根材1屋根→スタンビー455
使用屋根材2軒天→ケイカル板
工事金額229,000円(税抜)

RELATED POSTS

Before
After
横浜市保土ヶ谷区にて屋根天窓撤去・カバー工法
横浜市保土ヶ谷区にて屋根天窓撤去・カバー工法 施工後

横浜市保土ヶ谷区にて屋根天窓撤去・カバー工法

2022/01/20

先日、横浜市保土ヶ谷区にておこなった屋根の天窓撤去・カバー工法の様子をお届けいたします。 工事のきっかけと解決策 こちらのお客様から、天窓の撤去に伴い屋根全体もメンテナンス…

屋根修理
Before
After
セメント瓦の状態 道路側にはパラペットがあります
東京都品川区 S邸 セメント瓦からの葺き替え工事

東京都品川区にて葺き替え工事 <セメント瓦からガルバリウム鋼板>

2021/11/25

東京都品川区 S様邸にてセメント瓦屋根の葺き替え工事を行った様子をお届けします。 工事のきっかけと解決策 こちらのお客様、S様から雨漏りを起こしているというご相談をいただき…

屋根修理
Before
After
古いかわらUの状態
横浜市中区にて葺き替え工事 <かわらUから横暖ルーフ data-src=

横浜市中区にて葺き替え工事 <かわらUから横暖ルーフ>

2021/11/26

先日横浜市中区 N様邸にて、かわらUから金属屋根・横暖ルーフαプレミアムS(ニチハ株式会社)へ屋根の葺き替え工事を行いました。 「かわらU」とは名前は瓦ですが実は瓦ではなく、…

屋根修理
Before
After
セメント瓦葺き替え工事施工前
セメント瓦葺き替え工事施工後

横浜市青葉区にて雨漏り修理・葺き替え工事 <セメント瓦から横暖ルーフ>

2021/10/27

横浜市青葉区 W様邸にて、セメント瓦の葺き替え工事を行った様子をご紹介いたします。 こちらのお客様の屋根は30年以上経過したセメント瓦でした。 これまで特にメンテナンスをされて…

屋根修理
Before
After
横浜市磯子区にて瓦屋根漆喰補修工事 施工前
横浜市磯子区にて瓦屋根漆喰補修工事

横浜市磯子区にて瓦屋根漆喰補修工事

2022/01/20

先日、横浜市磯子区にておこなった瓦屋根の漆喰補修工事の様子をお届けいたします。   Before 棟瓦と平瓦の繋ぎ役でもある漆喰が変色し…

屋根修理
Before
After
I様邸外観(工事前)
I様邸外観(工事後)

横浜市港南区大久保 I様邸 雨漏り修理、平瓦葺き替え工事、外壁塗装、雨樋交換など

2022/10/18

先日、横浜市港南区大久保のI様よりご依頼をいただき、雨漏り修理、屋根葺替え、外壁塗装、雨樋交換、破風・笠木板金工事、門扉交換工事、内装工事を行いました。 工事のきっかけと解決策 …

屋根修理

TOP