Loading...

屋根工事施工実績

横浜市港南区大久保 M様邸 屋根塗装 外壁塗装 ポリカ張替え

2022/10/17

M様邸塗装工事施工前
M様邸塗装工事施工後

先日、横浜市港南区大久保のM様邸にておこなった屋根塗装および外壁塗装工事の様子をご報告します。

M様は屋根材の一部が下に落ちているのを発見されて弊社に調査をご依頼いただきました。

ドローンを飛ばして屋根全体の状況の確認をさせていただいたところ、スレートにコケが生えており、一部補修が必要なものの、屋根材そのものは劣化が進行していなかったため、屋根塗装でメンテナンスすることになりました。

BEFORE

M様邸屋根の状態

スレートは、セメントが主な材料のため屋根材自体に防水性がありません。
そのため塗装で塗膜を作って屋根材を雨水から保護しています。コケが生えているということは、塗装の防水機能が低下しているサインです。
コケが生えてしまうとその場所の水はけは悪くなり、その部分に常に水分が溜まっている状態のためさらに周りにコケが生え、どんどん水分を含みやすくなります。
またコケが生えた場所には砂などもたまりやすくなってさらに水分を保ちやすい環境になってしまいます。
水分は屋根にとって大敵です。水分が常にある状態の場合、冬場には凍結して膨張し、ひび割れなど屋根材にダメージを与えてしまいます。

棟板金の釘抜け棟板金の釘抜け

他にも棟板金の釘抜けが見られました。
棟板金は、屋根の棟部分で屋根を固定し、雨水の侵入を防いでいる重要な部材です。
築7~10年経過すると、この棟板金を固定する釘は熱膨張などさまざま理由で自然にゆるんできます。
ゆるんだ釘を放置すると、隙間からの雨水の侵入によって下地である貫板の腐食や、最終的には釘が抜けてしまうと棟板金が強風で飛散するなどの事態に発展することがあります。
屋根の補修ではこうした点も点検し、補修を行っていきます。
棟板金の役割とメンテナンスについて詳しくはこちらをご覧ください。

外壁のひび割れシーリング材の劣化

外壁の状態も点検したところ、外壁のひび割れやシーリング材の劣化などがみられたため外壁塗装も併せてご依頼いただきました。
今回のケースのように、屋根塗装や屋根工事の際に、外壁塗装のメンテナンスのタイミングが重なった場合、どちらの工事にも足場が必要なため、別々にご依頼いただくよりも足場を建てるのが一回で済むため足場代の分を浮かせることができます。

工事の様子

高圧洗浄ケレン

まずはコケなどの汚れを落とすために高圧洗浄を行います。
金属部分にはケレンを行って錆びを落とします。この工程には、塗料の密着性をよくするために表面にあえて凹凸をつける役割もあります。

下地処理

屋根や外壁にひび割れなどがありましたのでエポキシ樹脂やシール材などで補修をするなどしっかりと下地処理をおこなってから施工しました。
このひび割れ部分などに適した材料を使用しなかったり、下地処理をきちんと行わずに塗装したことが原因による剥離やひび割れ、漏水などが多く見られます。
こうした下地補修は、塗ってしまえばわからない工程ですが、仕上がりを左右する大変重要な過程です。

下塗り

高圧洗浄の後、しっかり乾いたことを確認してから、塗料に合わせた下塗り材を塗っていきます。
塗料によって定められた乾燥時間や、下塗り、中塗りの工程を遵守することで、塗料の正しい効果を得ることができます。

お客様がお悩みとして、室内が暑いとの事でしたので、屋根には遮熱・断熱性に優れたガイナを御提案しました。
「ガイナ」は、2017年度省エネ大賞「審査委員会特別賞」を受賞しており、遮熱効果や断熱性に優れた断熱セラミック塗材です。JAXAとライセンス契約を行い、ロケットの先端部分に使用されている塗布するだけで断熱できる技術を用いています。近赤外線の反射と遠赤外線の放射という機能を持ち、太陽の熱を反射・放射し、建物内部への熱の侵入を遮断する暑さ対策と、外部からの冷気を遮り、室内の快適な温度を外に逃がさない寒さ対策の両方を行うことができます。
一般の遮熱塗料は、暑さ対策のみですが、断熱機能を持つガイナは冬の寒さ対策にも有効です。
環境に配慮した水性塗料であることも特徴です。
ガイナ公式ホームページはこちらをご覧ください。

ガイナを扱う際には気温や湿度を考慮して希釈率や攪拌を現場ごとに調整しています。
こうした調整が出来上がりに左右するため時間はかかりますが慎重に行います。

外壁も同じように下塗り、中塗り、そして上塗りを行います。
外壁にはエスケー化研のプレミアムシリコンを使用しました。
耐候性に優れていて汚れにくく、ラジカル制御の機能もあるため塗料の劣化因子であるラジカルの発生を抑制するので高い耐久性があります。また仕上がりはつやのある美しい光沢が特徴です。
エスケー化研・プレミアムシリコンについて詳しくはこちらをご覧ください。

他にも軒裏や雨樋、幕板、シャッターボックスなどの附帯部にも塗装の劣化がみられたのでこうした附帯部も併せて塗装を行っていきます。

また下屋部分にも同じように屋根塗装を行います。

シーリングは打ち換え工事を行いました。
打ち換えは古いシーリングをカッターなどを用いて綺麗に撤去した後で、新しいシーリングを充填する工事です。
シーリングは外壁の目地部分を埋める部材で、雨水の侵入を防ぎ、地震などの揺れの際に動きを緩衝する役割があります。
周りを養生して保護し、プライマーという下地材を塗ってから、シーリングガンで新しいシーリングを充填していきます。
この後マスキングを剥がすとまっすぐなラインになります。

AFTER

雨戸や幕板などはブラック系の汚れの目立た無い色目で仕上げ、雨どいは屋根に合わせてブルー系で仕上げを行いました。
お客様にも仕上がりにご満足いただけました。

足場工事の際に一時撤去した波板屋根を戻すついでに、新しくポリカ屋根への張替えも行っております。

ポリカ屋根の張替えポリカ屋根の張替え

M様、この度は弊社にご依頼をいただき誠にありがとうございました。

横浜市で外壁塗装や屋根塗装をお考えの方は福田総業にご相談ください。

現場住所横浜市港南区大久保
施工内容屋根塗装、外壁塗装、ポリカ張替え工事
施工箇所詳細屋根、外壁、付帯部(軒裏、破風板、鼻隠し、雨どい、幕板、換気扇フードなど)、シーリング
使用屋根材1屋根:ガイナ(遮熱・断熱塗料)
使用屋根材2外壁:エスケー化研プレミアムシリコン
工事金額¥1,900,000

RELATED POSTS

Before
After
横浜市磯子区にて目隠し壁新設工事 施工前
横浜市磯子区にて目隠し壁新設工事 施工後

横浜市磯子区にて目隠し壁新設工事

2022/01/26

先日、横浜市磯子区にておこなった目隠し壁新設工事の様子をお届けいたします。   Before 通行人からあまり見えないように目隠しをして欲…

外壁工事
Before
After
外壁モルタル工事から時間が経っています(正面)
金属サイディングのSF-ビレクトに貼り換えた状態

東京都大田区にて外壁張替え工事

2021/11/26

東京都大田区にて株式会社S様の外壁工事の張替え工事を行った様子をお届けします。 元々外壁モルタル仕上げだった外壁を、金属サイディングのSF-ビレクト(アイジー工業株式会社製)…

外壁工事
Before
After
横浜市旭区にて新築屋根・外壁工事 施工前
横浜市旭区にて新築屋根・外壁工事 施工後

横浜市旭区にて新築屋根・外壁工事

2022/01/20

先日、横浜市旭区にておこなった新築屋根・外壁工事の様子をお届けいたします。   Before まず、屋根材本体を施工する前に屋根の下地板、そしてその上…

外壁工事
Before
After
I様邸外観(工事前)
I様邸外観(工事後)

横浜市港南区大久保 I様邸 屋根葺替え、外壁塗装、雨樋交換、破風・笠木板金工事など

2022/10/18

先日、横浜市港南区大久保のI様よりご依頼をいただき、屋根葺替え、外壁塗装、雨樋交換、破風・笠木板金工事、門扉交換工事、内装工事を行いました。 I様の娘さんに弊社のInstag…

外壁工事

TOP