Loading...

屋根屋のブログ

窯業系サイディング外壁に欠かせないシーリング工事とは?

2023/01/27

こんにちは。横浜市港南区の雨漏り修理・屋根修理の専門店「福田総業」の広報担当です。

町を歩くと色々な外壁の種類を目にしますが、今最も日本で使用されている外壁は窯業系サイディングと呼ばれるもので8割を占めています。
昔はモルタル外壁が多かったのですが、工場で生産されたものを現場で組み立てる窯業系サイディングはレンガ調や石目調などのデザインの豊富さと比較的安価なこともあり一気に人気の外壁材となりました。
この窯業系サイディングにかかせないのがシーリングです。
サイディング同士の継ぎ目を埋めている白いゴム状のもので見たことある方も多いのではないでしょうか?
このシーリングは隙間を埋めることで雨漏りから守っているとても重要な部材です。
今回はシーリングの役目や、危険な症状、メンテナンス方法などについてご紹介します。

シーリング工事

シーリング(コーキング)とは?

外壁サイディングの隙間や、サッシと外壁の隙間などを埋めることを指します。
コーキングとも言われますが、ほぼ同じ意味で使用されています。
この隙間を埋めるために使用するのがシーリング材です。
サイディングはサイディングボードとも呼ばれるようにボード状のものを現場で組み立てるためどうしても継ぎ目ができます。その継ぎ目を埋めるのがシーリング材です。
また笠木の継ぎ目を埋めたり、屋根の板金の釘の隙間を埋める、キッチンと壁の隙間を埋めるなどお家の様々な場所で使用されています。
シーリング材にはシリコン系、変性シリコン系など様々な種類があり、場所に応じて使い分けを行います。

シーリングの役目とは?

シーリングの役目は、主に下記の二つです。

隙間を充填して水の侵入を防ぐ

キッチンと壁の隙間を埋めるのが分かりやすいですが、外壁サイディングやALCパネルの場合に際に発生する隙間を埋めて、雨水が入らないようにする目的があります。ボードやパネルを設置していく時にはどうしても目地という隙間が発生します。外壁は常に雨水に晒される場所のため、隙間を埋めないと雨水が入り込み、内部の下地を傷めてしまいます。

クッションの役割

外壁は寒暖によってわずかに伸縮を起こします。固い素材同士を隙間なく設置してしまうと、外壁材同士が伸縮やあるいは地震による揺れなどでぶつかり合い破損してしまいます。そのためある程度の大きさにカットしてあえて目地を設け、ゴム状のシーリング材を充填することで衝撃を緩和しています。

シーリング材の劣化の原因と症状

シーリングはこのように隙間を塞いで雨水から守り、外壁への衝撃を緩和している重要な役目をしています。
しかし、外壁材よりも劣化が早く、傷みやすい場所でもあります。
外壁のシーリングは紫外線や雨や風、日々の温度差に晒されているため、これらの影響を受けて劣化がおこります。
こんな症状が出ている場合はシーリングが劣化しているサインです。

表面が汚れている

表面が汚れている

多くのシーリング材には可塑剤という柔軟性を持たせる成分が含まれています。この可塑剤が経年劣化により表面に流出して柔軟性を失って硬化を起こしたり表面がべたつきだして汚れや黒ずみが発生します。このシーリングの表目が汚れる現象をブリードといいます。

シーリング材が痩せて細くなる

シーリング材が痩せて細くなる

可塑剤がなくなると痩せて細くなってしまいます。

ひびや亀裂の発生、チョーキング

ひびや亀裂の発生、チョーキング

柔軟性をなくしたシーリングは衝撃を緩和できずひびや亀裂が発生してきます。内部にまでひびや亀裂が入っていると雨水が染み込んでしまいます。
シーリングに含まれる樹脂が分解されてチョーキング現象が発生してきます。

シーリングの剥離・隙間

シーリングの剥離・隙間

劣化が進行するとシーリング材そのものが剥がれてきます。こうなると隙間が丸見えになってしまい、雨水を防ぐことができず外壁の劣化や、内側にも雨水が入り込んで雨漏りの原因にもなってしまいます。そのまま進むと完全にはがれおちてしまいます。

シーリングのメンテナンス

シーリングは外壁よりも長持ちせず、早ければ3年~7年ほどで劣化が始まります。
放置すると雨漏りの原因もなってしまいます。また隙間から雨水が定期的に入ると外壁の下地の腐食や、断熱材のカビなど見えない場所での劣化が進行してしあまいます。もしも下地に腐食があれば外壁の張り替えが必要になってしまいます。
定期的なメンテナンスを行うことで大きな工事や被害を下げることができます。
シーリングの工事には二種類あります。

打ち替え

これまでの古いシーリング材を撤去して新しく充填する方法です。

増し打ち

古いシーリング材の上から新しいシーリング材を充填する方法。
基本的には打ち替え工事を行いますが、古いシーリングを撤去できない場所では増し打ちを行うことがあります。
目地の場合は古いシーリング材は撤去して新しいシーリングを充填する打ち替えを行います。
場所や状況に合わせた工事を行うことが重要です。

シーリングはDIYでメンテナンスできる?

ホームセンターにはたくさんのシーリング材が売られていますがDIYはあまりおすすめできません。
シーリングの打ち換えは下地の清掃、古いシーリング材の撤去、養生、プライマー塗布、新しいシーリング材の充填
という工程で行われます。
養生を凹凸のあるサイディングに行うのは難しく、マスキングテープがきれいにはれないと仕上がりの出来を大きく左右します。
古いシーリングを撤去するにはコツが必要で外壁を傷つけてしまうこともあります。
シーリングをしっかりくっつけるにはプライマーが重要で、両面に塗布する必要があります。これがうまくいかないと剥離を起こしてしまうため技術が求められる工程です。外壁に合った適切なプライマーやシーリングの選定などもあるためプロに任せた方が安心です。
また二階以上は足場が必要になり危険を伴います。一階部分をあくまでも応急処置としてされるの場合はおすすめです。

まとめ

今回は日本で一番人気のある外壁である窯業系サイディングに欠かせないシーリングについてご紹介しました。
シーリングは外壁にできる目地を塞ぎ、雨水の侵入を防ぎ、外壁を衝撃から保護する大事な部材です。
しかし劣化が早いためメンテナンスが欠かせません。
シーリングにひび割れや剥離などの劣化が見られたら補修を検討されてください。
シーリングの補修はプロに任せることで長持ちしたきれいな仕上がりになります。

横浜市でシーリングの補修やメンテナンスをお考えの方、福田総業までご相談ください。

合わせて読みたい記事

最新の施工実績

NEW
Before
After
横浜市鶴見区鉄骨階段補修塗装工事前
横浜市鶴見区鉄骨階段補修塗装工事後

横浜市鶴見区 H様邸 鉄骨外階段の修理、塗装、踊場防水工事

2023/03/20

以下工事の様子をご紹介します。 鉄骨階段塗装 こちらが施工前の様子です。 何度も重ね塗りされた塗料が剥がれ、更に錆が広がっている状態です。 まずは、剥がれた…

鉄骨工事・溶接工事
Before
After
横浜市栄区雨漏り修理前の状態
ルノン マークⅡ 杉板目を使用

横浜市栄区 Y様邸 雨漏り修理、和室天井改修工事

2023/03/10

先日、横浜市栄区鍛冶ヶ谷のY様邸にておこなった雨漏り修理、和室天井改修工事の様子をご報告します。 以下、工事の内容ごとに施工の詳細をご紹介します。 雨漏り調査・二階サッシ木…

雨漏り修理
Before
After
横浜市港北区屋根修理(棟交換)施工前
横浜市港北区屋根修理(棟交換)施工後

横浜市港北区 H様邸 棟交換工事、シーリング打ち替え

2023/02/13

先日、横浜市港北区下田町のH様邸にておこなった棟交換工事・シーリング打ち替え工事の様子をご報告します。 訪問業者に「屋根がめくれている」と言われたら? こうしたお声を大変よくお…

屋根修理
Before
After
下屋傷み
スタンビー455

横浜市旭区 S様邸 下屋葺き替え工事・軒天修繕工事

2022/12/20

先日、横浜市旭区さちが丘のS様邸にておこなった下屋葺き替え工事・軒天修繕工事の様子をご報告します。 施工前の様子 一階の下屋の軒天部分が傷んで剥がれていました。 …

屋根修理
Before
After
ドローン空撮屋根
横浜市大久保屋根塗装後写真

横浜市港南区 Y様邸 棟板金交換、屋根塗装、外壁塗装など

2022/12/13

先日、横浜市港南区大久保のY様邸にておこなった屋根修理(棟の交換)、屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事の様子をご報告します。 以下、施工箇所ごとに各工事の様子をご紹介いたし…

屋根修理
Before
After
駐車場の屋根施工前
駐車場の屋根施工後

横浜市栄区 K様邸 雨漏り修理・駐車場屋根カバー工法・雨樋交換など

2022/12/07

先日、横浜市栄区庄戸のK様邸にておこなった駐車場屋根カバー工法・玄関雨樋交換・棟修繕工事の様子をご報告します。 以下、工事内容ごとに施工の内容をご紹介いたします。 集水枡の…

屋根修理

TOP