Loading...

屋根修理屋の屋根ブログ

屋根塗装後の雨漏りを防ぐ!タスペーサー・縁切りの重要性とは?

2022/11/07

こんにちは、横浜市港南区の雨漏り修理・屋根修理の専門店「福田総業」です。

スレートの屋根を塗装した後、雨漏りが発生したというケースを耳にすることがあります。
これはなぜかというと、屋根は雨が直接当たらないようにする大切な要素ではありますが、隙間なく密着しているわけではありません。
屋根と屋根の重なりに数ミリのわずかな隙間を設けることで、湿気がこもるのを防ぎ、横殴りの雨などで侵入してきた水分を排出するように計算されているのです。しかし屋根塗装で、この隙間も防ぐように塗装をしてしまうと、湿気や内部の水分の逃げ場がなくなってしまいます。
塗料で隙間がほとんどなくなると、毛細管現象で雨水を吸い上げてしまいます。
毛細管現象は、狭い隙間を水が上昇(もしくは下降)する現象で、隙間や管が細いほど大きく働きます。
こうして内部にすこしずつ溜まった雨水は、下地材の防水シートの劣化の原因となり、やがては雨漏りになってしまうのです。

「縁切り」とは?

縁切りとは?

屋根塗装の後に、タスペーサーなどを用いて必要な隙間を作っていくことを「縁切り」と言います。
この縁切り作業には二種類の方法があります。

カッターなどの手作業

屋根塗装が終わった後にカッターや皮すき(金属製のヘラ)で一枚一枚隙間を作っていく方法です。
後述するタスペーサーが登場するまでは主流の方法でした。

手作業で行う際のメリットとデメリット

タスペーサーを使用する費用が不要となるメリットがあります。
しかし手作業で行う場合は、塗装が終了した後に行うため、腕の悪い職人が行うと関係ない塗装まで破れてしまったり、傷を付けてしまうなどというケースが懸念されます。また手作業のため、作業時間がかなりかかるというデメリットもあります。

タスペーサーを使用

タスペーサー

タスペーサーと呼ばれる板状の部材を下塗りが乾燥した後で屋根の隙間に差し込んでいく方法です。
タスペーサーを屋根材同士の接合部分に差しこむことによって必要な隙間が確保されます。

タスペーサーとは?

タスペーサーとは?

画像出典:株式会社セイム

サイズ約約5cm×4cmの板状の部材です。素材はプラスチックよりも強度の高いポリカーボネートが使用されています。
価格は1個数十円程度で、スレート屋根材一枚につき2個使用します。30坪の住宅の場合、費用は3〜5万円程度です。
非常に耐久性があるため、人が上から踏んでも破損することはありません。

タスペーサーを使用するメリットとデメリット

タスペーサーは下塗りの段階で設置しているため、関係ない箇所の塗装が剥がれてしまう心配がありません。
また重なり部分の先端である小口を傷つける心配もありません。
タスペーサーの設置は約80㎡の屋根で二人で作業した場合約2~3時間であり、作業時間が短縮できます。
デメリットとしては、タスペーサーを使用する分の費用がかかります。
劣化して耐久性の下がっているスレートにタスペーサーを使用すると屋根材が割れてしまう危険性があるため、劣化した屋根には塗装でなくカバー工法や葺き替え工事をする方がおすすめです。

タスペーサーと手作業どちらがいいの?

雨漏りを防ぐために重要な縁切り作業ですが、熟練の職人の中には縁切りを手作業で行う方もおられるので、手作業を行うことが悪いわけではありません。
手作業の場合は時間はかかりませんがその分費用も節約できます。
工期を短縮したい、仕上がりが気になるという方にはタスペーサーが向いているかと思います。

スレートを屋根塗装した際に雨漏りを防ぐために必要な縁切りについてご紹介しました。

スレート屋根材について詳しくはこちらをご覧ください。

横浜市や周辺にて雨漏りでお悩みの方、屋根塗装をお考えの方、福田総業までご相談ください。

TOP