Loading...

屋根修理屋の屋根ブログ

カバー工法で後悔しないためには?注意点と失敗例

2022/10/18

前回の「屋根の葺き替えとカバー工法どっちがいいの?」でカバー工法と葺き替え工事のそれぞれのメリットデメリットをご紹介しました。
安くて短い工期で施工可能なカバー工法は人気があり、特にスレート屋根のリフォームでは主流となっています。

活況なリフォーム市場の裏で増える屋根工事トラブル

屋根の剥がれ

しかし屋根カバー工法を行って失敗したというケースも耳にします。
現在リフォーム市場には異なる業種も参入して、市場はとてもにぎわっています。
しかし市場が活発になればトラブルも増えるもので、住まいるダイヤというリフォームで発生したトラブルの相談窓口では、年々相談件数が増えています。2022年度のデータによると戸建住宅のリフォームでの不具合相談件数は「雨漏り」が最も多く、次が「はがれ」となっています。
不具合部位は戸建住宅では屋根、外壁の順に多くなっています。
参考:住宅相談統計年報 2021年度の住宅相談と紛争処理の集計・分析(公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター)
高額な屋根工事を行ったにも関わらず、不具合にあっている方が増えていることが読み取れます。

屋根は家を守る砦

屋根は普段目に触れない場所のため、お金をかけたくない、屋根のリフォームには気乗りしないという方も多いかと思います。
しかし屋根は家を守るとても大切な箇所です。
近年台風が大型化し、大きな台風によって屋根の被害が増え、屋根がめくれる・はがれるなどの被害が多発しました。
そうした時にはどこの業者も手一杯になり、なかなか修理ができないという事態も発生しました。屋根がないのはとても不安ですし、雨漏りが発生して家財が濡れてしまうと高価な設備などもだめになってしまいます。
リフォームというとついついキッチンやお風呂、リビングなどいつも目に入る華やかな場所を考えがちですが、それらをすべて守るのが屋根の役割です。
風や災害に強い、しっかりとした屋根や適切な工法を選ぶことが生活を守るためには大変重要です。

カバー工法における失敗の例と注意点

ここでは屋根カバー工法における失敗の例と注意点をご紹介します。

野地板が傷んでいる屋根にカバー工法

既存の下地も一部腐っていたため、新しい材木で補修をしてから野地板を増し張りしました

カバー工法は、傷んだ古い屋根を下地代わりに施工するため、屋根をささえる野地板が傷んでいる場合には屋根を支えることができません。
雨漏りが発生している場合には、野地板の腐食が進んでいる場合があります。
屋根がフカフカしているような場合には相当腐食が進行しています。
屋根を固定できないと、台風などの強風でせっかく施工した新しい屋根が剥がれてしまうというケースがあります。

強風地域などでのカバー工法

強風地域や周囲に風をさえぎるものがない場所での施工では注意が必要です。
屋根材には耐風性能というものがあり、風の強い地域ではそうした屋根材と適切な張り方で施工することが重要になります。
お住まいの地域が強風地域に該当するかどうかは、ネットで「基準風速一覧」と検索することで確認できます。
たとえば、弊社でよく使用している「横暖ルーフαプレミアムS」は嵌合式という屋根材同士をしっかりと嚙合わせる組み方をするため、風で飛ばされにくい構造をしています。

傾きが緩い屋根にカバー工法

勾配の緩い屋根に横葺きの金属屋根を施工すると雨漏りが起こりやすくなります。
縦葺き屋根は屋根の流れにそって水が流れていくため低勾配の屋根でも雨漏りしにくくなっていますが、横葺き屋根はメーカーによって2.5寸勾配以下には施工できないなどと定められており、これを知らずに誤って施工すると雨漏りリスクが高まります。

品質の低い防水シートでカバー工法

カバー工法のポイントは、屋根材を新しくすることもありますが、より重要なのは防水シートを新しくすることです。
この防水シートは屋根材を施工してしまうと見えなくなってしまうことから、「アスファルトルーフィング940」など安くて低品質のものが施工されることが多くなっています。防水シートは屋根材から浸み込んできた雨水を最終的に防ぐ、いわば家を雨漏りから守る最後の砦の役割を果たします。
弊社では、耐用年数と価格と使用目的のバランスを考慮し、カバー工法の際には国内最大手メーカー・田島ルーフィング社のタディスセルフカバー(粘着式ルーフィング)を使用しています。

防水シートに関しては詳しくはこちらをご覧ください。

カバー工法で失敗しないためには、現在の屋根をしっかり調査し、適切な工事方法を提案・施工できる業者を選ぶことが重要です。
カバー工法は金属屋根を施工することが多いため、専門である板金工事業者に依頼することをおすすめします。
横浜市でカバー工法をご検討の方は、一度福田総業にご相談ください。
屋根の調査・お見積りは無料ですので、どうぞお気軽にお声がけください。

合わせて読みたい記事

外壁のカバー工法とは?費用やメリットデメリットをご紹介

外壁のカバー工法とは?費用やメリットデメリットをご紹介

2022/10/19

建物の四方を囲み、雨風から保護している外壁。 この外壁も日々紫外線などの影響によって少しずつ劣化していきます。 外壁…

屋根の葺き替えとカバー工法どっちがいいの?

屋根の葺き替えとカバー工法どっちがいいの?

2022/10/17

こんにちは。横浜市港南区の屋根修理・雨漏り修理の専門店「福田総業」です。 屋根材の傷みがひどくない場合は屋根塗装で防水…

最新の施工実績

Before
After
下屋傷み
スタンビー455

横浜市旭区さちが丘 S様邸 下屋葺き替え工事・軒天修繕工事

2022/12/20

先日、横浜市旭区さちが丘のS様邸にておこなった下屋葺き替え工事・軒天修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 こちらのお客様は、軒天の一部が黒ずんでいて痛んでいる…

屋根修理
Before
After
ドローン空撮屋根
横浜市大久保屋根塗装後写真

横浜市大久保 Y様邸 棟板金交換・屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事など

2022/12/13

先日、横浜市栄区大久保のY様邸にておこなった屋根の棟交換、屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 Y様は、ご近所で工事をしていた訪問…

屋根修理
Before
After
駐車場の屋根施工前
駐車場の屋根施工後

横浜市栄区庄戸 K様邸 雨漏り修理・駐車場屋根カバー工法・雨樋交換など

2022/12/07

先日、横浜市栄区庄戸のK様邸にておこなった駐車場屋根カバー工法・玄関雨樋交換・棟修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 築約40年の2階建てご自宅1階部分の雨樋…

屋根修理
Before
After
I様邸外観(工事前)
I様邸外観(工事後)

横浜市港南区大久保 I様邸 雨漏り修理、平瓦葺き替え工事、外壁塗装、雨樋交換など

2022/10/18

先日、横浜市港南区大久保のI様よりご依頼をいただき、雨漏り修理、屋根葺替え、外壁塗装、雨樋交換、破風・笠木板金工事、門扉交換工事、内装工事を行いました。 工事のきっかけと解決策 …

屋根修理
Before
After
M様邸塗装工事施工前
M様邸塗装工事施工後

横浜市港南区大久保 M様邸 屋根塗装 外壁塗装 ポリカ張替え

2022/10/17

先日、横浜市港南区大久保のM様邸にておこなった屋根塗装および外壁塗装工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 M様は屋根材の一部が下に落ちているのを発見されて弊社に調…

屋根修理
Before
After
施工前写真
施工後写真

横浜市港北区日吉本町 S様邸 屋根修理 <ポリカ張替え工事>

2022/09/22

先日、横浜市港北区日吉本町のS様邸にておこなったポリカ張替え工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 S様は波板の劣化が気になっておられたところに、他社の塗装業者から…

その他

TOP