Loading...

屋根修理屋の屋根ブログ

暑い夏を快適に!屋根の遮熱方法

2022/08/02

こんにちは。横浜市港南区の雨漏り修理・屋根修理の専門店「福田総業」です。
毎日暑い日が続きますね。横浜でも36度を超えて本当に暑いです。
みなさんも熱中症にならないようにこまめな水分補給をしてくださいね。

屋根の夏の温度は?

暑い夏を快適に!屋根の遮熱方法
私たち屋根職人の現場は主に屋根の上で作業しますが、屋根の上は本当に暑くて、真夏だと50℃から高い時には70℃にいくこともあります。
これは屋根の表面温度ではなくて気温です。
屋根の表面温度はどのくらいかというと、80度を超えます。
屋根にはもともと遮熱機能がないものが多く、その熱が屋根と天井の間の小屋裏から室内に伝わってしまうため室内が高温になります。一階よりも二階が暑いのはこの影響を受けやすいのと、暖かい空気は上に上がる性質を持っているためです。
特に金属屋根は熱伝導率が高く、厚さが薄いこともあり熱を伝えやすくなっています。他にもスレート材もこちらも厚さが4~5mm程度の薄い屋根材のため熱が室内に侵入しやすいです。

屋根の遮熱効果を高める方法

屋根の遮熱効果を高めるには、主に三つの方法があります。

遮熱塗装

屋根に遮熱機能付きの塗装を行うことです。塗料に特殊な顔料を配合し、太陽光に含まれる赤外線を反射することで屋根の温度が上がることを抑えます。塗装することで屋根の表面温度を15℃~20℃さげることができます。
あまりに屋根の劣化が進んでいる場合には、塗装をしてもすぐに葺き替えしなくてはならないため、おすすめできません。その場合には葺き替えやカバー工法をおすすめいたします。
商品の例:
日本ペイント「サーモアイシリーズ」
アステックペイント「スーパーシャネツサーモシリーズ」

遮熱機能付き屋根材

最近では屋根材そのものに高機能な遮熱機能が付いた屋根材も多く販売されています。
ガルバリウムやSGLなどの金属屋根や、スレートの表面に遮熱機能を持っているため、遮熱塗装をわざわざ行わなくても、屋根の温度の上昇を抑えることができます。
屋根自体が劣化している方や築年数が20年を超えている方で、屋根の遮熱を考えている方にはおすすめです。
初期のコストは遮熱塗装よりもかかりますが、耐久性も高く屋根材の種類によっては30年以上もつものや、変退色の保証があるものもあります。
商品の例:
ニチハ株式会社「横暖ルーフシリーズ」※詳しくはこちら
アイジー工業「スーパーガルテクト」※詳しくはこちら

遮熱シート

遮熱シートは、屋根の表面や屋根裏に張ることで遮熱の機能を得ることができる製品です。
暑さを感じる原因は、太陽からの赤外線による輻射熱がほとんどで、熱が屋根を温めることで室内の温度が上昇します。遮熱シートは敷くことでこの熱を遮断することができます。
遮熱塗料と同じく、屋根裏で約10度、室内の体感温度で約5度の気温の変化があったいう報告があります。
主に工場などの大型物件に使用されることが多いですが、戸建ての家にも使うことができます。ただ扱っているお店はあまり多くありません。

屋根の遮熱対策をDIYするのはおすすめできません

屋根の遮熱を考える時に自分で施工することを検討する方もおられるかもしれません。
しかし高いところが苦手でなくとも、屋根工事は大変危険な作業です。
また正しい施工方法で行わないと、正しい効果が得られない場合や、間違えた施工によって結露が生じたり、雨水の通り道を阻害してしまったりして雨漏りの原因を作ってしまうこともあります。

屋根の遮熱はプロにお任せするのが安心です。
特に遮熱機能のある屋根材の葺き替えやカバー工法は経験豊富な福田総業にお任せください。

TOP