Loading...

屋根修理屋の屋根ブログ

折板(折半)屋根のメンテナンスについて~カバー工法・葺き替え・塗装~

2022/10/21

「折板(折半)屋根」と聞いてピンとくる方はあまり多くないかもしれません。
自転車置き場やプレハブ、倉庫や体育館などに使用されている、台形がずらっと並んだような屋根のことを指します。

折板(折半)屋根とは?

折板屋根

折板屋根は金属屋根の一種で、素材は昔はトタンが多く用いられていましたが、近年ではガルバリウム鋼鈑や塩ビ鋼板、ステンレス鋼板がよく使用されています。耐用年数は素材によりますが約20~30年です。軒先部や勾配が緩く雨水が溜まりやすい環境では約15年程度で錆や穴あきが起こる場合もあります。
倉庫などの大型の建物によく使用されていますが、昔は倉庫などの大型施設の屋根は波型スレートが主流でした。
今ではリフォームでもほとんどが折板屋根となっています。
なぜ折板屋根が主流になったかというと、その軽さにあります。
大型屋根の葺き替えには高額な費用がかかり、その間工場や倉庫などの建物の使用にも制限がかかってしまいます。
その点古い屋根の上からかぶせてリフォームを行うカバー工法であれば撤去費用の分工事費用を抑えることができ、また工期も短くなるため基本的にはカバー工法でリフォームするのが一般的となっています。カバー工法では屋根の重量の関係から、軽い折板屋根が多く使用されているというわけです。
折板屋根のメリットデメリットなど詳しくはこちらをご覧ください。

折板(折半)屋根の劣化症状と必要な工事

ボルトからの錆

金属屋根のため、錆びには要注意です。
そくに屋根を固定するボルトから錆びることが多く、とくに注意が必要です。
錆が全体に広がっていない場合にはケレンを行って塗装でメンテナンスを行います。

ビスが緩んでくる

屋根材を固定するビスなどが緩んでくることもあります。
放置していると強風で屋根材が飛散したり折れ曲がるなどの被害が出るケースもあるため、点検を依頼しましょう。
全体の傷み具合によって補修方法は変わります。

穴が空いている、雨漏りしている

錆が全体に広がって穴が空いていて雨漏りしているような場合には塗装ではなくカバー工法で補修を行います。

折板(折半)屋根のリフォーム方法

塗装工事

折板屋根の塗装

塗料の顔料が劣化して白い粉がでるチョーキングや塗膜の色褪せやふくれ、軽い錆などの場合で、雨漏りを起こしていない場合は、塗装でメンテナンスを行います。
折半屋根は錆を防止するためにも定期的な塗装によるメンテナンスが重要になります。
錆がある場合にはケレンで錆を落とし、錆止め塗料を塗った後で中塗りや上塗りを行い仕上げていきます。
折板屋根は金属製のため熱を吸収しやすく、暑さが気になる場合には遮熱塗料を塗ることで対処が可能です。
ボルトやナットの部分から錆が広がることが非常に多いので、水分をシャットアウトするキャップをボルトやナットに被せることが錆予防として有効です。

屋根カバー工法

錆が広がって穴が空いている場合や、ボルトが抜けて穴が空いている場合、雨漏りを起こしている場合には塗装では対応できません。
こうした場合、上から新しい防水シートと屋根を被せるカバー工法で対応します。
屋根が二重になるので防水性や断熱効果の上昇も期待できます。
古い屋根と新しい屋根の間に断熱材を挟むことでさらに暑さ対策も可能。

屋根葺き替え

折板屋根全体が劣化している場合や、固定している部分が全体に劣化している、変形をおこしているような場合には葺き替え工事を行います。
工事中は屋根をはずした状態になってしまうので、建物の利用に制限がかかります。
折板屋根を固定しているタイトフレームなどの部材も交換できるため、屋根の耐久性が向上します。
暑さ対策としては、遮熱塗装があらかじめ施された屋根材を選択することで対応が可能です。

折板屋根のリフォームは症状によって必要な工事が異なります。
雨漏りを起こしている場合には二次被害を起こさないためにも早めの処置が重要となります。
横浜市で折板屋根の塗装やカバー工法、葺き替えなどの屋根工事やリフォームをお考えの方は、金属屋根に強い福田総業に一度ご相談ください。

合わせて読みたい記事

格調高い入母屋屋根のメリットとデメリット、雨漏りリスクについて

格調高い入母屋屋根のメリットとデメリット、雨漏りリスクについて

2022/11/30

こんにちは、横浜の雨漏り修理専門店、福田総業です。 都市部ではあまり見なくなりましたが、特に山間部などの郊外では大きな…

無落雪屋根とは?雨漏りリスクやメリットデメリットを紹介

無落雪屋根とは?雨漏りリスクやメリットデメリットを紹介

2022/12/06

こんにちは、横浜の雨漏り修理専門店・福田総業です。 先日、こちらの記事で屋根のトレンドやシェアについてご紹介しまし…

雨漏りしにくいスタンダードな屋根・切妻屋根のメリットデメリット

雨漏りしにくいスタンダードな屋根・切妻屋根のメリットデメリット

2022/11/25

こんにちは、横浜の雨漏り修理・屋根修理専門店「福田総業」です。 先日は屋根の種類についてご紹介しました。 家を建てる…

最新の施工実績

Before
After
下屋傷み
スタンビー455

横浜市旭区さちが丘 S様邸 下屋葺き替え工事・軒天修繕工事

2022/12/20

先日、横浜市旭区さちが丘のS様邸にておこなった下屋葺き替え工事・軒天修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 こちらのお客様は、軒天の一部が黒ずんでいて痛んでいる…

屋根修理
Before
After
ドローン空撮屋根
横浜市大久保屋根塗装後写真

横浜市大久保 Y様邸 棟板金交換・屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事など

2022/12/13

先日、横浜市栄区大久保のY様邸にておこなった屋根の棟交換、屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 Y様は、ご近所で工事をしていた訪問…

屋根修理
Before
After
駐車場の屋根施工前
駐車場の屋根施工後

横浜市栄区庄戸 K様邸 雨漏り修理・駐車場屋根カバー工法・雨樋交換など

2022/12/07

先日、横浜市栄区庄戸のK様邸にておこなった駐車場屋根カバー工法・玄関雨樋交換・棟修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 築約40年の2階建てご自宅1階部分の雨樋…

屋根修理
Before
After
I様邸外観(工事前)
I様邸外観(工事後)

横浜市港南区大久保 I様邸 雨漏り修理、平瓦葺き替え工事、外壁塗装、雨樋交換など

2022/10/18

先日、横浜市港南区大久保のI様よりご依頼をいただき、雨漏り修理、屋根葺替え、外壁塗装、雨樋交換、破風・笠木板金工事、門扉交換工事、内装工事を行いました。 工事のきっかけと解決策 …

屋根修理
Before
After
M様邸塗装工事施工前
M様邸塗装工事施工後

横浜市港南区大久保 M様邸 屋根塗装 外壁塗装 ポリカ張替え

2022/10/17

先日、横浜市港南区大久保のM様邸にておこなった屋根塗装および外壁塗装工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 M様は屋根材の一部が下に落ちているのを発見されて弊社に調…

屋根修理
Before
After
施工前写真
施工後写真

横浜市港北区日吉本町 S様邸 屋根修理 <ポリカ張替え工事>

2022/09/22

先日、横浜市港北区日吉本町のS様邸にておこなったポリカ張替え工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 S様は波板の劣化が気になっておられたところに、他社の塗装業者から…

その他

TOP