Loading...

屋根修理屋の屋根ブログ

外壁のカバー工法とは?費用やメリットデメリットをご紹介

2022/10/19

建物の四方を囲み、雨風から保護している外壁。
この外壁も日々紫外線などの影響によって少しずつ劣化していきます。
外壁のメンテナンスといえば外壁塗装が主流ですが外壁塗装では対応できない際に、カバー工法や張り替えで補修を行います。
こちらでは外壁のカバー工法について、メリットやデメリットをご紹介します。

ガルバリウム鋼板:外壁

外壁カバー工法とは?

屋根のカバー工法のように、今ある外壁を解体・撤去せずに上から新しい外壁材でカバーする工法です。
サイディングやモルタル、ALCなどの外壁に施工できます。カバー工法に使用する外壁は樹脂サイディングと金属サイディングです。樹脂サイディングは北米で主流の外壁材ですが現在日本では取り扱い業者が少ないため、金属サイディングが主に使用されています。
上から被せるため、耐震性が下がることを防ぐために重量の軽い外壁を用いることが推奨されています。

外壁カバー工法の施工手順

外壁カバー工法は、以下のような手順で行います。
・足場の設置
・付帯部などの塗装
・既存の壁の上に壁材を固定するための胴縁を貼る
・窓周りなどに見切縁の取り付け
・新しい外壁材の貼り付け
・目地のコーキング
外壁カバー工法では通気工法が一般的です。二重となる外壁の間に空気の通り道を設けて壁内に湿気がこもらないようにする工法です。
新築住宅でも最近では用いられています。

外壁カバー工法:胴縁

胴縁を下地材として貼ることで、胴縁の厚みが空気が通る層を作り出します。
通気工法とは逆に、直貼り工法があります。こちらは文字通り、外壁の上に直に新しい外壁を貼る工法です。
胴縁の施工がない分多少安くなりますが、内部に湿気がたまりやすくなるため現在はあまり用いられていません。

外壁カバー工法のメリット

工期が比較的短い

メリットとして工期が張り替え工事よりも短く、2~3週間程度である点があげられます。

工事費用が比較的安い

現在の外壁を撤去しない分、張り替え工事よりも、費用が安くなります。

断熱性と遮音性が向上

壁が二重になることで断熱性と遮音性が向上します。

外壁カバー工法のデメリット

外壁内部が腐食している場合には施工できない

外壁カバー工法は、外壁内部が腐食している場合には施工できません。もしも内部が傷んでいるにも関わらず上からカバー工法した場合には、内部の腐食が進行して、壁を支える土台が崩れてしまう危険性もあります。
外部のカバー工法を行う場合には、しっかり調査を行って問題がないかどうか確認してから施工することが重要です。

後々のメンテナンス費用が高額になる

工事の後にもしも内部に異常が見つかって工事を行う場合、二重になった外壁を調査したり、工事の際にカバー工法で覆った壁を剥がす必要があるため、工事費用が高額になってしまいます。

外壁材の選択肢が少ない

二重になって壁の重要が増えることを考慮すると、重い外壁材が選べないため、ほぼ金属サイディング一択になります。
張り替え工事の場合ならデザインの豊富な窯業サイディングも選ぶことができます。

地震に弱くなる?

壁の重さが増すことで耐震性が下がるのでは?と懸念される方もおられますが、金属サイディングであれば軽量のため、地震で大きな影響をうけるほど耐震性が下がるわけではありません。

外壁カバー工法の費用

戸建て住宅で外壁カバー工法を行う費用の目安は130~220万円です。
こちらはあくまでも目安で2階建てや3階建てなど施工する面積や、現在の壁の状態によって変動します。
狭い土地であっても作業性が悪くなると費用が高くなる場合があります。
金属サイディングには横張りと縦張りがあり、どちらにするかでも金額が変わってきます。

他の外壁工事との比較

外壁塗装工事

外壁塗装工事

外壁の傷みがひどくない場合に行う工事です。塗装を行うことで、美観と、そして耐水性や耐久性を回復します。使用する塗料や施工面積によって価格が変わりますが、外壁のメンテナンスでは最も工事費用を抑えられます。

外壁張り替え工事

工事中の状態

張り替え工事は、今の外壁を解体・撤去して新しい外壁を施工します。
カバー工法に比べると費用が高くなりますが、下地の状態を確認して、下地の補修も行えるため雨漏りや腐食が起こっている場合には根本的に解決できます。
また張り替えの際には、窯業サイディングなど好きな外壁を選ぶことができます。

張り替え工事よりも費用の負担が少ないカバー工法ですが、外壁の状態をしっかり調査してから行う必要があります。
外壁カバー工法で用いられる金属サイディングは板金会社が専門に取り扱っています。
横浜市で外壁のカバー工法など補修やメンテナンスをお考えの方は一度福田総業にご相談ください。

合わせて読みたい記事

カバー工法で後悔しないためには?注意点と失敗例

カバー工法で後悔しないためには?注意点と失敗例

2022/10/18

前回の「屋根の葺き替えとカバー工法どっちがいいの?」でカバー工法と葺き替え工事のそれぞれのメリットデメリットをご紹介しま…

屋根の葺き替えとカバー工法どっちがいいの?

屋根の葺き替えとカバー工法どっちがいいの?

2022/10/17

こんにちは。横浜市港南区の屋根修理・雨漏り修理の専門店「福田総業」です。 屋根材の傷みがひどくない場合は屋根塗装で防水…

最新の施工実績

Before
After
下屋傷み
スタンビー455

横浜市旭区さちが丘 S様邸 下屋葺き替え工事・軒天修繕工事

2022/12/20

先日、横浜市旭区さちが丘のS様邸にておこなった下屋葺き替え工事・軒天修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 こちらのお客様は、軒天の一部が黒ずんでいて痛んでいる…

屋根修理
Before
After
ドローン空撮屋根
横浜市大久保屋根塗装後写真

横浜市大久保 Y様邸 棟板金交換・屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事など

2022/12/13

先日、横浜市栄区大久保のY様邸にておこなった屋根の棟交換、屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 Y様は、ご近所で工事をしていた訪問…

屋根修理
Before
After
駐車場の屋根施工前
駐車場の屋根施工後

横浜市栄区庄戸 K様邸 雨漏り修理・駐車場屋根カバー工法・雨樋交換など

2022/12/07

先日、横浜市栄区庄戸のK様邸にておこなった駐車場屋根カバー工法・玄関雨樋交換・棟修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 築約40年の2階建てご自宅1階部分の雨樋…

屋根修理
Before
After
I様邸外観(工事前)
I様邸外観(工事後)

横浜市港南区大久保 I様邸 雨漏り修理、平瓦葺き替え工事、外壁塗装、雨樋交換など

2022/10/18

先日、横浜市港南区大久保のI様よりご依頼をいただき、雨漏り修理、屋根葺替え、外壁塗装、雨樋交換、破風・笠木板金工事、門扉交換工事、内装工事を行いました。 工事のきっかけと解決策 …

屋根修理
Before
After
M様邸塗装工事施工前
M様邸塗装工事施工後

横浜市港南区大久保 M様邸 屋根塗装 外壁塗装 ポリカ張替え

2022/10/17

先日、横浜市港南区大久保のM様邸にておこなった屋根塗装および外壁塗装工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 M様は屋根材の一部が下に落ちているのを発見されて弊社に調…

屋根修理
Before
After
施工前写真
施工後写真

横浜市港北区日吉本町 S様邸 屋根修理 <ポリカ張替え工事>

2022/09/22

先日、横浜市港北区日吉本町のS様邸にておこなったポリカ張替え工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 S様は波板の劣化が気になっておられたところに、他社の塗装業者から…

その他

TOP