Loading...

屋根修理屋の屋根ブログ

横浜でも起こる!屋根の凍害被害について

2023/01/19

こんにちは。横浜市港南区の雨漏り修理・屋根修理の専門店「福田総業」の広報担当です。

「凍害」と聞くと寒い地域だけで起こるイメージがありますが、水たまりができるような地域ならば起こる可能性があります。
横浜は雪が多いわけではありませんが、真冬には最低気温が1~2度になることも珍しくありません。
寒さが厳しい日が続く時は凍害による被害にも注意してください。
凍害はあまり耳にされたことがない方もおられるかもしれませんが、耐久性の高い瓦もボロボロになってしまいやがて雨漏りの原因にもなる恐ろしいものです。
しかも自然災害などとは異なり、いつの間にか劣化が進行してしまいます。
今回はこの屋根の凍害についてご紹介します。

冬に起こる凍害のイメージ

凍害とは

凍害は「凍て割れ」とも呼ばれるように、屋根などの建材に含まれる水分が凍結することによってやがれ割れを起こしてしまう現象です。
瓦やスレート屋根などが表面に傷がついたり、スレート屋根は表面を保護する塗膜が劣化して防水性が切れてしまうと表面に雨や霧といった水分が付着して内部に徐々に染み込み、徐々に水分を含むようになります。
この内部の水分が凍ることで体積が増えて、凍結と融解を繰り返すことで建材に負荷がかかってやがてボロボロになってしまいます。
スレート屋根でも特にパミールなど湿式製法で製造された屋根材は吸水率が高く、凍害による被害が顕著になる傾向があります。

凍害のメカニズムとは

多くの物質は固体、液体、気体の順番で体積が大きくなっていきますが、水の場合は液体、固体、気体の順になり、液体の方が固体よりも体積が小さくなります。
液体は流動性があり体積が増えた場合であっても隙間から逃げていきますが、固体は流動性がなくその場で体積が増えるため建材にダメージを与えてしまいます。
そのため建材内部に含まれる水が凍って固体化することで徐々にダメージが蓄積されてクラックやひび割れなどを発生させてしまいます。

凍害が起こるステップ

(1) 飛来物の衝突による傷や塗膜の劣化により防水性が低下し、表面に雨や霧といった水分が付着して内部に染み込む
(2) 気温が低下して内部の水分が凍ることで固体となり体積が増えて、建材にダメージを与えて傷などを広げてしまう
(3) 広がった傷からさらに水分が流入して水分量が増える。気温が上がると液体に戻るが寒くなるとまた固体となりこれを繰り替えすことでさらにダメージを与えてひび割れなどに発展する
(4) ひび割れからさらに水分が流入して膨張と融解を繰り替えして最後には割れや剥離を起こす

凍害は外壁でも起こります

凍害は屋根材だけではなく、現在日本の外壁で最も多く使用されている窯業系サイディングでも起こります。
窯業系サイディングはセメントや繊維質などで構成されており、どれも水を吸いやすい性質を持っています。
そのため塗装でコーティングされており、水から保護されていますが、サイディングの隙間を埋めるシ―シリングが劣化した隙間や、塗膜が劣化して外壁がむき出しになった箇所から徐々に水が浸透していきます。こうした内部の水分が凍結して外壁の表面を外に押し出していきます。
セメント系の素材は、ポップアウトという円錐状に表面が剥離する現象がまずは初期症状として現れ、やがて凍結融解を繰り返すことでスケーリングという剥離減少が起き、ひび割れや剥落を起こします。

凍害を起こしにくい屋根材は?

屋根材には様々な種類があり、それぞれ吸水率が異なります。水を含みにくい素材は凍害を起こしにくい素材であるといえます。

石州瓦

粘土瓦の一般的な吸水率は10%以上ですが、島根県西部の岩見地域で生産される石州瓦は1200度の高温で焼き上げるため吸水率が5%と低く、耐寒性に優れているため寒冷地でも多く使用されています。

金属製屋根材

粘土やセメント系の屋根材は性質上最初から若干の水分を含んでいます。しかし金属製であれば元々水分は含まず吸水率も0のため凍害が起こる心配はないといえます。また外壁でも金属系のサイディングを選択することで凍害予防ができます。

凍害を起こさないメンテナンス

凍害による屋根の被害を起こさないためには、定期的なメンテナンスが重要です。

屋根塗装や外壁塗装で表面を保護する

屋根中塗り

特にスレート屋根は吸水性が高いため、塗装に劣化が見られたら塗り替えを行い、表面を塗装で保護して吸水を防ぎましょう。

壁や屋根のひび割れは早めに補修を

屋根ひび割れ

壁や屋根にひび割れができている場合は、放置せずに補修しておきましょう。
特に冬が来る前に適切な補修を行うことで凍害によるひび割れ拡大などを防ぐことができます。

サイディングのシーリング補修も定期的に

窯業系のサイディングは隙間を埋めるためにシーリングが充填されていますが、このシーリングは紫外線によって劣化していきます。
劣化すると隙間から雨水などが入り込んで凍害や雨漏りを起こしてしまうため定期点検を受けて打ち換え工事などを依頼しておくと安心です。

まとめ

今回は冬に起こる凍害についてご紹介しました。
寒冷地域で主に起こりますが、氷点下を記録するような寒さや水たまりが凍るような日が続くとここ横浜でも起こる可能性があります。
凍害に関わらず建材にとって水分は劣化要因となるため、定期的に屋根や外壁の点検を受けて防水性の回復や破損個所の修復、シーリングの打ち換えを行うことで建材そのものを長持ちさせることができます。
横浜市で屋根や外壁の点検をお考えの方は福田総業へとご依頼ください。無料で点検を行い、現在の状態をご報告して最適なメンテナンス方法をご提案いたします。

合わせて読みたい記事

台風シーズン前に!屋根の定期点検がお住まいを守ります

台風シーズン前に!屋根の定期点検がお住まいを守ります

2022/08/25

こんにちは。横浜市港南区の屋根修理・雨漏り修理の専門店「福田総業」です。 そろそろ台風シーズンが近づいてきましたね。 …

コロニアルなどアスベスト屋根の危険性と見分け方

コロニアルなどアスベスト屋根の危険性と見分け方

2022/08/24

アスベストは軽量でありながら耐久性のある天然素材として多くの建材に使用されてきました。 しかし現在では健康被害が懸念さ…

屋根の横葺きと縦葺きの違いとは?メリットとデメリット

屋根の横葺きと縦葺きの違いとは?メリットとデメリット

2022/07/19

こんにちは、横浜港南区の屋根修理専門店、福田総業です。 軽くて丈夫な金属屋根は全国的にも人気で、ここ横浜でも増えて…

最新の施工実績

Before
After
下屋傷み
スタンビー455

横浜市旭区さちが丘 S様邸 下屋葺き替え工事・軒天修繕工事

2022/12/20

先日、横浜市旭区さちが丘のS様邸にておこなった下屋葺き替え工事・軒天修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 こちらのお客様は、軒天の一部が黒ずんでいて痛んでいる…

屋根修理
Before
After
ドローン空撮屋根
横浜市大久保屋根塗装後写真

横浜市大久保 Y様邸 棟板金交換・屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事など

2022/12/13

先日、横浜市栄区大久保のY様邸にておこなった屋根の棟交換、屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 Y様は、ご近所で工事をしていた訪問…

屋根修理
Before
After
駐車場の屋根施工前
駐車場の屋根施工後

横浜市栄区庄戸 K様邸 雨漏り修理・駐車場屋根カバー工法・雨樋交換など

2022/12/07

先日、横浜市栄区庄戸のK様邸にておこなった駐車場屋根カバー工法・玄関雨樋交換・棟修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 築約40年の2階建てご自宅1階部分の雨樋…

屋根修理
Before
After
I様邸外観(工事前)
I様邸外観(工事後)

横浜市港南区大久保 I様邸 雨漏り修理、平瓦葺き替え工事、外壁塗装、雨樋交換など

2022/10/18

先日、横浜市港南区大久保のI様よりご依頼をいただき、雨漏り修理、屋根葺替え、外壁塗装、雨樋交換、破風・笠木板金工事、門扉交換工事、内装工事を行いました。 工事のきっかけと解決策 …

屋根修理
Before
After
M様邸塗装工事施工前
M様邸塗装工事施工後

横浜市港南区大久保 M様邸 屋根塗装 外壁塗装 ポリカ張替え

2022/10/17

先日、横浜市港南区大久保のM様邸にておこなった屋根塗装および外壁塗装工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 M様は屋根材の一部が下に落ちているのを発見されて弊社に調…

屋根修理
Before
After
施工前写真
施工後写真

横浜市港北区日吉本町 S様邸 屋根修理 <ポリカ張替え工事>

2022/09/22

先日、横浜市港北区日吉本町のS様邸にておこなったポリカ張替え工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 S様は波板の劣化が気になっておられたところに、他社の塗装業者から…

その他

TOP