Loading...

横浜の雨漏り修理・屋根修理の現場レポート

横浜市港南区大久保 I様 壁面板金工事

2022/09/15

本日は、横浜市港南区のI様邸にて板金工事の様子をご報告します。
I様は娘さんがInstagramで弊社をフォローしてくださっていたことがきっかけで今回ご依頼をいただきました。
外壁にヒビが入っているので見てほしいとのご依頼で、調査してお話した結果、外装工事と、追加で内装工事もご発注いただきました。

こちらは内装の壁面板金工事の様子です。
キッチンや冷蔵庫からの湿気などにより壁面のクロスやボード下地が腐ってしまっていました。

壁面板金工事 工事前壁面板金工事 工事前壁面板金工事 工事前

上から板金材(ガルバリウム鋼板)を施工しました。
ガルバリウム鋼板は屋根や外壁で使用をするイメージですが、室内でも壁材として使用することが可能です。
耐久性があるため、食品会社の巨大な冷蔵庫の内壁には、ガルバリウムの板金材がよく使用されています。
メタリックな雰囲気がおしゃれですね。

壁面板金工事 工事あと壁面板金工事 工事後

板金材にはほかにも、
・下地のボードの状態が悪くても補修なしでそのまま施工できる。
・金属なので磁石が使用出来るようになる。
・表面がツルツルで汚れなどが拭き取れるのでお掃除やメンテナンスが楽。
・水性ペンであればホワイトボードのように使用可能。
とキッチンにうれしい機能がたくさんあります。

デメリットは屋根と同じで、傷や凹みには弱い点です。

壁面のクロスを張り替える際には、下地のボードに掲示物のビスなどの穴が空いていたり、ノリが残っている場合には、そのまま新しいクロスを貼ると浮き出てしまうことがあります。
また、大きな穴が空いていたり、湿気で一部腐っている場合にはボードそのものを張り替える必要があり、工事範囲が広がり費用も高額になってしまいます。
しかし、板金材であればそのまま貼ることができます。
クロスの場合は、水分に弱いため劣化も進行しやすく腐食した箇所に貼ることはできませんが、耐久性のある板金材であれば下地の影響を受けないためです。

内装で板金をご検討の方はぜひ一度ご相談ください。

これからも引き続き作業を行ってまいります。

福田総業のInstagramはこちらです!

TOP