Loading...

屋根修理屋の屋根ブログ

火災保険を使った屋根修理・雨漏り修理のトラブル事例について

2022/12/20

雨漏り修理や屋根の修理を行う際に、それが台風など自然災害が原因のものである場合には、ご加入の火災保険が適用されることがあります。
しかし経年劣化が原因のものにたいしては適用されません。
中には訪問販売で「屋根が浮いている」「屋根が剥がれている」「火災保険をつかえば雨漏りを無料で修理できる」と言われるケースがあります。
本当に屋根が浮いている場合や剥がれている場合もありますが、火災保険を理由に契約を迫る業者には注意が必要です。
特に台風のあとなどはこうした火災保険無料などと謳って契約を迫り、トラブルになった事例も増えています。
こうした被害にあわないために、実際のトラブル事例と対処法をご紹介します。

火災保険を使った屋根修理・雨漏り修理のトラブル事例について

火災保険を使った屋根修理・雨漏り修理のトラブル事例

修理無料と言われたのに無料ではなかった

「火災保険をつかえば無料で工事ができますよ」と言われて契約したのに、実際に申請を行うと無料にはならず、工事代金を支払わなくてはならなかったというケースです。
こうした業者は、工事の契約さえとれればよいため、実際に保険の対象となるかどうかはどうでも良いのです。
保険が実際におりるかどうかを審査するのは保険会社が委託している専門の調査人です。
火災保険の対象となって無料で工事ができることもありますが、補償の対象となるかは契約している内容にもよるため、業者が契約内容をよく確認もせずに無料になるという業者は詐欺の可能性が高いためご注意ください。

代行申請も依頼したら高額な手数料を請求された

火災保険の申請も依頼したら高額な手数料を請求されたというケースです。
お客様が申請を依頼するのは違法ではありませんが、保険会社の規約には「申請は契約者が行う」と定めされています。申請代行は違法ではありませんが、このことを利用して後から「保険料の〇%をいただきます」と高額な手数料を請求する悪徳業者が存在します。
契約をする際には、契約書などの書面や、手数料の有無や料金をしっかり確認しておきましょう。

解約しようとしたら違約金を請求された

高額なキャンセル料

実際に火災保険会社の審査の結果、保険が下りないことが判明したので業者と工事の契約を解約しようとしたところ、高額な解約金を請求されてしまうケースです。
すでに資材などは手配してしまったので工事の〇%いただきますなどといってキャンセル料を請求されてしまいます。
火災保険で無料でできると聞いたから契約したのに損をした気分ですよね?こうした業者も工事の契約をとることだけを考えています。
こうしたトラブルを避けるためにも、事前にキャンセル料についてや契約書の内容を確認しておくと安心です。

虚偽の申告をするように言われた

虚偽の申告

火災保険が屋根修理や雨漏り修理に適用されるのは、直接の原因が台風・竜巻きなどの風災、雨・洪水などの水災、豪雪などの雪災など自然災害による破損と判断された場合です。
さらに被害が起こってから3年以内に申請すること、修理費用が免責金額(概ね20万円以上)を超えることという決まりもあります。
しかし中には経年劣化によるものなのに「この雨漏りは台風によるものとして無料で修理しましょう」などと申請を進めるような業者もいます。
これは虚偽の申請であり、詐欺の手口です。下手をすると申請者本人が詐欺罪に問われてしまうケースもあるため注意してください。

「申請代行」と「申請サポート」の違いとは?

弊社でも火災保険が適用されそうな工事では、火災保険の申請サポートを行っており、実際に火災保険を利用して工事を行われた事例もあります。
屋根修理や雨漏り修理の工事に火災保険を使用したいと申請する際には「火災保険請求書」「事故内容報告書」「工事の見積書」、そして被害がわかる写真などが必要です。
弊社では申請をされるために必要な調査を行い、提出に必要な「被害状況確認用写真」を用意し、見積書などの書類を作成いたします。
書類作成で不明な点があればご説明をいたします。申請自体は契約の主体であるお客様に行っていただきます。
代行は申請まで依頼することです。これは違法ではありませんが、火災保険の規約には反しており、上記のようにトラブルも多く申請代行に依頼するとかえって審査に通りにくくなるケースもあるため、「申請代行」と謳っている業者には注意が必要です。

もしもトラブルになってしまったら?

もしこうしたトラブルにあってしまった場合には、なるべく早く相談してクーリングオフを行うなど行動を起こしてください。
契約した日から8日以内であれば無料でキャンセルが可能です。
それでももめてしまった、時間が経過した場合には、リフォームのトラブル専門窓口である住まいるダイヤル(0570-016-100)に相談してみましょう。
何かおかしいなと思ったときには、一人で抱え込まずに誰かに相談されることがとても重要です。

屋根修理や屋根工事のクーリングオフについて詳しくは下記をご覧ください。

トラブルに合わないためには?

なるべく安く済ませたいという気持ちにつけこんで火災保険をつかえば無料などと言葉巧みに工事を迫る業者とはまず契約しないようにしてください。
業者は保険金がおりるかどうかを断定はできないので、無料になるとは言い切れないのです。
不安は場合はご自身で保険会社に問い合わせてみられることをおすすめします。
台風などで板金が剥がれた、屋根が被害を受けて工事を考えられている際には、実績のあるところに依頼をすると安心です。

福田総業でも過去に横浜市を中心に火災保険を使用した工事をご依頼いただいております。
火災保険を使用した工事をお考えの方は一度ご相談ください。もちろんこちらから工事の契約を迫るようなことはけしてございません。
「他の業者にこんなことを言われたんだけど」とご不安な方のご相談も随時受け付けております。ご相談・調査は無料ですので安心してご相談ください。

【火災保険を使った施工事例】


合わせて読みたい記事

全労済の住まいる共済で屋根修理や雨漏り修理は保証される?

全労済の住まいる共済で屋根修理や雨漏り修理は保証される?

2022/12/22

屋根が台風で被害にあった、雨漏りが発生したので保険を使いたいというケースも多いかと思います。 保険の他に、「共済」とい…

雨漏り修理に火災保険は使用できる?

雨漏り修理に火災保険は使用できる?

2022/07/06

こんにちは。横浜市港南区の雨漏り修理・屋根工事専門店、福田総業の広報担当です。 今年は梅雨が短かったですが、これから台…

JAの建物共済で雨漏り修理の費用は補償される?

JAの建物共済で雨漏り修理の費用は補償される?

2023/01/04

こんにちは。横浜市港南区の雨漏り修理・屋根修理の専門店「福田総業」の広報担当です。 雨漏りが発生した際に、どこまで…

最新の施工実績

Before
After
下屋傷み
スタンビー455

横浜市旭区さちが丘 S様邸 下屋葺き替え工事・軒天修繕工事

2022/12/20

先日、横浜市旭区さちが丘のS様邸にておこなった下屋葺き替え工事・軒天修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 こちらのお客様は、軒天の一部が黒ずんでいて痛んでいる…

屋根修理
Before
After
ドローン空撮屋根
横浜市大久保屋根塗装後写真

横浜市大久保 Y様邸 棟板金交換・屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事など

2022/12/13

先日、横浜市栄区大久保のY様邸にておこなった屋根の棟交換、屋根塗装、外壁塗装、窓ガラス交換工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 Y様は、ご近所で工事をしていた訪問…

屋根修理
Before
After
駐車場の屋根施工前
駐車場の屋根施工後

横浜市栄区庄戸 K様邸 雨漏り修理・駐車場屋根カバー工法・雨樋交換など

2022/12/07

先日、横浜市栄区庄戸のK様邸にておこなった駐車場屋根カバー工法・玄関雨樋交換・棟修繕工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 築約40年の2階建てご自宅1階部分の雨樋…

屋根修理
Before
After
I様邸外観(工事前)
I様邸外観(工事後)

横浜市港南区大久保 I様邸 雨漏り修理、平瓦葺き替え工事、外壁塗装、雨樋交換など

2022/10/18

先日、横浜市港南区大久保のI様よりご依頼をいただき、雨漏り修理、屋根葺替え、外壁塗装、雨樋交換、破風・笠木板金工事、門扉交換工事、内装工事を行いました。 工事のきっかけと解決策 …

屋根修理
Before
After
M様邸塗装工事施工前
M様邸塗装工事施工後

横浜市港南区大久保 M様邸 屋根塗装 外壁塗装 ポリカ張替え

2022/10/17

先日、横浜市港南区大久保のM様邸にておこなった屋根塗装および外壁塗装工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 M様は屋根材の一部が下に落ちているのを発見されて弊社に調…

屋根修理
Before
After
施工前写真
施工後写真

横浜市港北区日吉本町 S様邸 屋根修理 <ポリカ張替え工事>

2022/09/22

先日、横浜市港北区日吉本町のS様邸にておこなったポリカ張替え工事の様子をご報告します。 工事のきっかけと解決策 S様は波板の劣化が気になっておられたところに、他社の塗装業者から…

その他

TOP