Loading...

横浜市青葉区にてセメント瓦から横暖ルーフへ葺き替え工事

2021/10/27

30年以上経過したセメント瓦
ドローン撮影した完成状態~横暖ルーフαSに葺き替え

横浜市青葉区 W様邸にて、30年以上経過したセメント瓦から、横暖ルーフαS(ニチハ株式会社製)へと葺き替える工事を行いました。
メンテナンスをされていなかったとのことで、雨が降るたびに雨漏りが発生する状態でした。
※もしも屋根が似た状態になっている場合、屋根の葺き替え工事をお勧めいたします。

また合わせて、下屋の葺き替え工事も行いました。

BEFORE

30年以上経過したセメント瓦瓦棒葺きの下屋

30年以上経過したセメント瓦(左)と瓦棒葺きの下屋(右)です。ドローンにて撮影しています。

いわゆる一般的な「瓦」は粘土を瓦の形に成型して高温で焼いたものですが、セメント瓦はセメントと砂などを混ぜ合わせたものを瓦型に成型しています。セメント瓦は高度経済成長期に発生した住宅不足に対応するため、当時はまだ高価だった粘土瓦の供給を補う形で普及しました。
しかし平成10年ごろから粘土瓦の価格が下がってくると、定期的に塗装が必要なセメント瓦はシェアを落とし、現在では製造されていません。
粘土瓦は塗装が不要ですが、セメント瓦は材料がセメントのため水を吸収しやすく、仕上げに防水のため塗装がされています。この塗装が劣化すると、経年劣化によってセメント内のカルシウム成分が抜けて、中身がスカスカになってしまいます。
劣化したセメント瓦は衝撃割れやすく、一度内部が脆くなってしまうと塗装では再生できないため、葺き替え工事などリフォームを検討していただく必要があります。

セメント瓦について詳しくはこちらをご覧ください。

セメント瓦を撤去~野地板の状態を確認中 劣化により既存の防水紙がボロボロになっていたため、防水紙の切れ目や瓦を固定している釘などから漏水していましたセメント瓦を撤去した状態~状態からラーチ12㎜(針葉樹合板)の野地板の増し張りに決定

まずはセメント瓦を撤去して、野地板の状態を確認します。
劣化により既存の防水紙がボロボロになっていたため、防水紙の切れ目や瓦を固定している釘などから漏水していました。
セメント瓦を撤去した状態から判断して、ラーチ12㎜(針葉樹合板)の野地板の増し張りに決定。

塗装後数年で割れや剝がれが起きるようになってしまった下屋既存の下地も一部腐っていたため、新しい材木で補修をしてから野地板を増し張りしました

瓦棒葺きの下屋の葺き替え工事も同時に行いました。
過去に2度塗装工事を行ったようですが、塗装後数年で割れや剝がれが起きるようになってしまったため、葺き替え工事を行いました。既存の下地も一部腐っていたため、新しい材木で補修をしてから野地板を増し張りしました。

AFTER

工事中~野地板を張り終えたところ工事中~換気棟の穴をあけてから防水紙を施工 万が一雨水が入ってしまった際にこの防水紙が最後の要となるため、 弊社ではこの防水紙選びをとても重要視しており、環境や施工方法に適した防水紙をご提案しております

野地板を張り終えたところです。換気棟の穴をあけてから防水紙を施工します。
万が一雨水が入ってしまった際にこの防水紙が最後の要となるため、 弊社ではこの防水紙選びをとても重要視しており、環境や施工方法に適した防水紙をご提案しております。

横暖ルーフαSを貼った屋根ドローン撮影した完成状態~横暖ルーフαSに葺き替え

横暖ルーフαSを貼った屋根です。
横暖ルーフαSは、断熱材と遮熱鋼板が組み合わされた断熱性の高い屋根材です。
横暖ルーフについて詳しくはこちらをご覧ください。
ドローンを飛ばせる事案では、右の写真のように、屋根の工事完成状態をドローン撮影による写真で見ていただいています。

工事中~野地板を張り終えたところ工事中~ルーフィング貼り作業

こちらは瓦棒葺きの下屋の野地板を張り終えたところです。そのあとルーフィングを貼る作業を行います。

施工後に屋根を全て水洗いし、足跡や埃などを奇麗にして清掃してから引き渡しとなりますスタンビー455で葺き替えた下屋

施工後に屋根を全て水洗いし、足跡や埃などを奇麗にして清掃してからお客様にお引き渡しします。
下屋は、ガルバリウム鋼鈑の嵌合式屋根材「スタンビー455」を使用。こちらの屋根材は、屋根と屋根を継ぎ合わせる嵌合部が毛細管現象を防ぐ構造となっており、高い防水性能を備えています。
この屋根材を使用して、排水性能が高く雨漏りが起こりにくい「立平葺き」にて葺き替えをしました。

この度は、福田総業にご依頼いただき誠にありがとうございました。
横浜の雨漏り修理・屋根修理・外壁工事は福田総業にお任せください!

現場住所横浜市青葉区
施工内容屋根葺き替え工事
施工箇所詳細母屋の屋根および下屋の屋根
使用屋根材1横暖ルーフαS(母屋)、スタンビー455(下屋)

RELATED POSTS

Before
After
横浜市南区にて屋根棟取り替え工事 施工前
横浜市南区にて屋根棟取り替え工事 施工後

横浜市南区にて屋根棟取り替え工事

2022/01/26

先日、横浜市南区にておこなった屋根の棟取り替え工事の様子をお届けいたします。   Before 強風で屋根の棟板金の一部が飛ばされてしまって…

屋根工事
Before
After
工事前写真1
施工後写真

東京都大田区 K様邸 軒天・雨樋補修工事

2022/09/21

先日、東京都大田区のK様邸にておこなった軒天・雨樋補修工事の様子をご報告します。 K様は、台風前に傷んだ箇所を補修したいと、他社に約10社ほどお見積りをとられてどこの会社にも…

屋根工事
Before
After
横浜市南区にて下屋根カバー工法
横浜市南区にて下屋根カバー工法 施工後

横浜市南区にて下屋根カバー工法

2022/01/20

先日、横浜市南区にておこなった下屋根カバー工法の様子をお届けいたします。   Before 金属屋根の下屋根ですが、広範囲に錆が広がっている様子が見受…

屋根工事
Before
After
施工前写真1
施工後写真1

横浜市港北区高田東にてヒランビー220へのカバー工法

2022/09/20

先日、横浜市港北区高田東のT様邸にておこなった屋根カバー工事の様子をご報告します。 T様は、他社のリフォームセミナーに参加された際に、アンケートで「屋根にヒビが入っているのが…

屋根工事
Before
After
古いかわらUの状態
横浜市中区にてかわらUから横暖ルーフへの葺き替え工事 施工後

横浜市中区にてかわらUから横暖ルーフへの葺き替え工事

2021/11/26

横浜市中区 N様邸にて、かわらUから金属屋根・横暖ルーフαプレミアムS(ニチハ株式会社)へ葺き替える工事を行いました。 「かわらU」とは名前は瓦ですが実は瓦ではなく、積水屋根…

屋根工事
Before
After
横浜市保土ヶ谷区にて屋根天窓撤去・カバー工法
横浜市保土ヶ谷区にて屋根天窓撤去・カバー工法 施工後

横浜市保土ヶ谷区にて屋根天窓撤去・カバー工法

2022/01/20

先日、横浜市保土ヶ谷区にておこなった屋根の天窓撤去・カバー工法の様子をお届けいたします。   Before 今回は、天窓の撤去に伴い屋根全体もメン…

屋根工事

TOP