Loading...

屋根修理屋の屋根ブログ

社会問題になったニチハパミールとは?

2022/07/14

こんにちは、横浜港南区の雨漏り修理専門店、福田総業です。
みなさんは、ニチハパミールという屋根材をご存じでしょうか?
ここ横浜でもよく見られる屋根材です。
ニチハパミール

ニチハパミールとは?

ニチハパミールは外壁材メーカー大手のニチハが1996~2008年に販売していた屋根材です。
種類はスレート材になります。
スレートについてのページでご紹介したように、スレートは販売当初は、屋根に耐久性をもたせるためにアスベストを含んでいたものが普及していました。
しかし規制された2004年以降にはアスベストを含まないノンアスベストのスレートが開発されて販売されるようになります。

社会問題に発展

この1990年前半~2000年前半の第二世代スレートは、アスベストの代わりに繊維質を混ぜて成型しているのですが、アスベストを含まない分耐久性に劣り、割れなどの不具合が多い傾向があるため、現在では販売中止になっています。
ニチハパミールも1996年に販売が開始された第二世代スレートです。
当時は画期的だったアスベストを含まない、安価なスレート材ということでシェアを伸ばしていたのですが、やがて社会問題にまで発展していきます。

何が問題だったのかというと、築7~8年たつと表面の膜が剥がれてきて、10年経つころには屋根材がボロボロの状態になってしまうのです。
屋根材が10年でボロボロになってしまうということはまずありえません。
現在普及しているスレート材の耐用年数は約20~25年です。
メーカーは製造責任を否定しています。メーカの保証は2~5年なのでこれ以降の不具合にはメーカーが保証しなくてても法的には問題がないということになります。

劣化の原因

ニチハパミールは従来のアスベスト繊維の代わりにパルプ繊維を代わりに使用していました。パルプは軽量化や踏み割れ防止には強いのですが、水分を吸いやすいという特徴があります。この高い吸水性がパミールが早く劣化を引き起こす原因になっています。
また、通常のカラーベスト・コロニアル「乾式製法」という製法で作られていますが、パミールは「抄造法」で作られています。抄造法とはミルフィーユやバームクーヘンのように、1〜2mmの薄い板を重ねて加圧して成形する方法です。
パミールはこの薄い層に沿って屋根が剥がれてくる、眉間剥離という現象を起こします。
吸水性によって打ち付けている専用釘が腐食して、屋根材がずれる、落ちるなどの不具合も発生しています。

パミールのリフォーム方法は?塗装ができないので注意!

通常のスレートなどの屋根の場合は、塗装をすれば防水性の機能が回復し、塗料の種類にもよりますが後10年は持たせることができます。
しかしパミールの場合は屋根材そのものに不具合が発生して剥離しているため、塗装をしても問題は解決しません。
もしもご自宅がパミールかどうか不安という方は、一度図面や仕上げ表でメーカーと製品名をご確認ください。
パミールの屋根をリフォームする場合は、葺き替え工事やカバー工法になります。
葺き替え工事の場合でも、ノンアスベスト屋根のため解体・処理費はアスベスト含有のスレート材に比べるとそこまで高くはなりません。
葺き替え工事について詳しくはこちらをご覧ください。
カバー工法の場合は費用も安く短期間で行えますが、屋根材の劣化が進んでいてもしも下地にまで不具合が発生している際には施工できません。
カバー工法について詳しくはこちらをご覧ください。

福田総業では、お客様の屋根の状態を精査して、お客様のご予算や費用耐効果を考慮して最適な工法・リフォームをご提案にいたします。
横浜で屋根についてお悩みやご不安のある方は一度お気軽にご相談ください。

TOP